The Sandbox(ザ・サンドボックス/SAND)とは?

仮想通貨

The Sandbox(ザ・サンドボックス/SAND)とは?特徴と始め方を徹底解説

The Sandboxは人気タイトル「マインクラフト」に類似した内容で、仮想空間に所有した土地でオリジナルのゲームやアイテム、キャラクター、サービスを提供できるNFTゲームです。

The Sandboxの登録ユーザー数は200万人を突破し、2022年3月からアルファ版サービス「Alpha Season 2 」が公開され大きな話題になっています。

とはいえ、The Sandboxを使ってみたいけれど始め方がわからない方も多いのではないでしょうか。

The SandboxはNFTアイテムを作成できる無料の3Dツールがあり、パソコンさえあれば初心者でも簡単にNFTを作成することができ

本記事の内容

  • The Sandboxが今後期待できる理由
  • The Sandboxで稼ぐ方法
  • The Sandboxのインストール方法

これからThe Sandboxを始める初心者の方にわかりやすく解説していきますのでぜひご覧ください。

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


The Sandbox(ザ・サンドボックス/SAND)とは

The Sandboxは、ブロックチェーン技術を使用したゲームプラットフォームのことで、プレイヤーは仮想空間にLANDと呼ばれる土地を購入し、3Dゲームやボクセルアートを作成することができます。

クエストを移動してモンスターを倒していく従来のRPGゲームと違い、The Sandboxはメタバース空間でアバターが自由に行動を楽しめるといったイメージです。

イーサリアムブロックチェーン技術を使用しているThe Sandboxは、ウォレットを接続することで自作した作品をNFTマーケットプレイスで自由に売買することができます。

ゲームを始める際には仮想通貨が必要ですので、The Sandbox内で使える独自トークンSANDについてこれから解説していきます。

The Sandboxの独自トークンSANDとは

プロジェクト名 The Sandbox
シンボル SAND
通貨名 SAND(サンド)
トークン(価格2022年3月現在) ​​345.24ドル
時価総額(2022年3月現在) 387,388,910,153.27ドル
時価総額ランキング(2022年3月現在) 38位
最高価格(2022年3月現在) 978.65ドル

SANDはThe Sandboxのメイン通貨のことで、ゲーム内の土地やアイテムをSANDで決済することができ、ゲームの方向性を決定するガバナンストークンの役割も持っています。

また、SANDをステーキング(仮想通貨を預けて収益を得ること)して報酬を得ることも可能です。

次に価格チャートの値動きを見ていきましょう

 

Coinmarketcap

出典:CoinMarketCap

こちらは2021年3月から2022年3月現在までのSAND/USDチャートです。

SANDの価格は2021年1月は約4円でしたが2021年11月に約969円まで価格が急騰し、その上昇率は200倍を超えたことで話題になりました。

SANDの価格が高騰した要因はメタバース関連の期待が高まったことが影響していますが、2022年3月現在は320円前後で推移しています。

 

The Sandbox(ザ・サンドボックス/SAND)の特徴

The Sandboxの特徴は以下の通りです。

  • メタバース空間でLAND(土地)を所有して遊べる
  • キャラクターやゲームを自分で作成できるNFTゲーム

これから詳しく解説していきます、

メタバース空間でLAND(土地)を所有して遊べる

LANDはThe Sandbox内の土地がNFT化されたもので、LANDを活用してゲームやサービスを提供することができます。

一例として、自分が所有しているLANDには好きな建物や施設を作ることができ、その中でイベントを開催して世界中の人と交流することも可能です。

また、LAND上ではアイテムの収集や謎解きといった様々なゲームも楽しむことができます。

The Sandboxはゲーム自体が面白いので、ゲームを楽しみながら仮想通貨を稼ぐことがことができるのでさらに人気が出そうですね。

キャラクターやゲームを自分で作成できるNFTゲーム

The Sandboxは、プログラミングの専門知識がなくてもキャラクターやゲームを自分で作成できるNFTゲームになります

本ゲーム内で使用するアバターは無料で作成することができ、自作したアバターでメタバース空間の友人とチャットをしたり、知り合いをつくったりといった楽しみ方も可能です。

また、無料ツールを使ってボクセルアートをつくり、自作したアイテムを3Dゲーム内で使用してオリジナルゲームをつくることもできます。

これからThe Sandboxで使用できる無料ツール2つを紹介します。

  • Game Maker…ボクセルアートと呼ばれる立方体を積み重ねたデザインを制作することができる。The Sandbox上ではアイテム、キャラクター、建築物の創作が可能
  • VoxEdit(ボックスエディット)…オリジナルのアイテム、アバター、キャラクターのNFTを自作できる

2つの無料ツールは、The Sandbox公式サイトの動画で紹介されているので、ぜひ参考にしてください

Game Makerの紹介動画はこちら

VoxEditの紹介動画はこちら

これからThe Sandboxを始める方は、無料ツールを使用すれば初期費用を抑えてNFTを作成することができますよ。

The Sandbox(ザ・サンドボックス/SAND)の将来性

The Sandboxの将来性が期待できる理由は以下の2つになります。

  • 数多くのパートナー・出資企業
  • 稼げる3つの仕組み

1つずつ、詳しく解説していきます。

数多くのパートナー・出資企業

数々の有名企業とパートナー提携や出資を受けているThe Sandboxはプロジェクトの信頼性が高いといえます。

なぜなら、The Sandboxは「Animoca Brands」の子会社であり、2021年に約100億円の資金調達を受けているからです。

Animoca Brandsはブロックチェーンの関連技術に対して投資を行う大企業で、資先はOpenSeaやAxie Infinityなど有名な銘柄を含め150社にのぼります。

また、2021年11月にはソフトバンクを中心とした投資家から約105億円の資金調達が発表されました。

このような高額の出資を行うことはビットコインなどの有名銘柄以外ではめずらしくプロジェクトの期待の高さがわかります。

数々のパートナーや出資企業から期待されているThe Sandboxはプロジェクト開発に必要な資金が集まりやすく今後の価格上昇が期待できますね。

稼げる3つの仕組み

The Sandboxで稼ぐ方法は主に3つあります。

  • LAND(土地)の貸し出し
  • 作成したNFTの販売
  • ゲームやジオラマの提供

わかりやすく解説していきます。

LAND(土地)の貸し出し

The SandboxはLAND(土地)を貸し出すことで不動産収入を得ることができ、現在のLANDの価格は1LANDが0.3~0.5ETHであり、日本円では約12〜19万になっています

LANDは166,464個と数が決まっているため希少性が高く、ほとんどの土地が売却済みで土地の価格が高騰しています。

実際に有名企業が次々にLANDを購入しており、メタバース空間が盛り上がることで将来的にLANDの価格はさらに上昇するとみられています。

作成したNFTの販売

The Sandboxは、本ゲーム内のVoxEditで作成したキャラクターやアイテムをNFTマーケットプレイスで販売し、誰でもSANDを稼ぐことができます。

LANDの価格は約15万円前後と高額ですが、キャラクターやアイテムの作成は無料で行うことができるため、初期費用を抑えて始めることができます。

日本では、小学3年生の男児が夏休みの自由研究に制作したNFTアートが数十万で取引された例があり、本ゲームで作成したNFTも高額で取引される可能性は十分にあります。

そのため、無料ツールを使用してNFTを作成、販売できるThe Sandboxは、初心者でも仮想通貨を稼ぐことができます。

ゲームやジオラマの提供

The Sandboxでは、所有しているLAND内に3Dゲームやジオラマを提供することでSANDを稼ぐことができます

3Dゲームやジオラマはメタバースといわれる仮想空間との相性がよく、メタバースを自分のアバターで自由に探索することが可能です。

例えば、メタバース空間の中で美術館の展示のようにジオラマ鑑賞を楽しめるなんてすごく面白いですよね。

また、3Dゲームやジオラマはアイテムやキャラクターの販売のように売ったら終わりではなく、利用料を継続的に得ることができるため、不労所得のような収入を得ることができます

したがって、The Sandboxでは、所有しているLAND内に3Dゲームやジオラマを作成し、ユーザーに利用してもらうことで継続的にSANDを稼ぐことができます。

 

The Sandbox(ザ・サンドボックス/SAND)の始め方

The Sandboxをこれから始める方は国内取引所のコインチェック(Coincheck)で口座を開設しましょう。

The Sandboxの始め方は2つの手順があります。

  1. コインチェック(Coincheck)で口座開設
  2. メタマスクをインストール

①コインチェックで口座開設

The Sandboxをこれから始める方はCoincheck(コインチェック)で口座開設をしましょう

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


SANDは国内取引所で取り扱いがないため、海外取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

そのため、Coincheckでビットコインを購入、海外取引所へ送金、SANDを購入するといった手続きを行います。

Coincheckは日本最大の仮想通貨取引所で、「Coincheck NFT(β版)」という独自のNFTマーケットプレイスを提供しており、LANDが売り出されることがあるのでこの機会にCoincheckで口座開設をしましょう。

Coincheckの口座開設方法ついてはこちらでわかりやすく解説していますのでぜひ参考にしてください

②メタマスクをインストールしETHを送金

メタマスクをインストールし、コインチェック(Coincheck)からETHを送金しましょう。

メタマスクはパソコンとスマートフォンで利用可能であり、パソコンはWebブラウザの拡張機能として使用し、スマホは専用のアプリ(ios、Android)をインストールします。

メタマスクのインストール方法はこちらで画像付きで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください

MetaMask
【完全初心者向け】Metamask(メタマスク)の始め方を徹底解説

MetaMaskは、ETHやイーサリアム上で動作するトークンをまとめて管理できる仮想通貨のウォレットです。 2020年に9月にスマホアプリのリリースにより、利便性がさらに向上したことでMetaMask ...

続きを見る

The Sandboxでアカウントを作成

まず、こちらからThe Sandboxの公式サイトへアクセスしアカウント作成をしましょう。

The Sandboxのサイトが表示されたらサインインをクリックします。

The Sandbox公式サイト

ログインまたはアカウントの作成の画面に切り替わったら、MetaMaskをクリックします。

The Sandbox公式サイト

次に画面が切り替わったら、赤枠①にMetaMaskで登録したパスワードを入力し、赤枠②ロック解除をクリックします。

仮想通貨ウォレット

MetaMaskを使用して接続の画面が表示されたら、次へをクリックします。

仮想通貨ウォレット

 

The SandboxとMetaMaskのアカウントを接続するために接続をクリックします。

仮想通貨ウォレット

次に「あと少しです!」と画面が表示されたらEメールアドレスとニックネームを入力し、入力後はニックネームの下の部分が青いボタンで「続行」と表示されるので、続行をクリックします。

The Sandbox公式サイト

 

署名の要求が画面に表示されたら接続するアカウントのURL「https://www.sandbox.game」であることを確認し、青いボタンの署名をクリックします。

仮想通貨ウォレット

最後のステップです!の画面が表示されたらGame Makerで使用するパスワードを設定します。

パスワードを入力後、青いボタンの保存をクリックしたらアカウントが完了し、サインインした状態でトップページに戻ります。

The Sandbox公式サイト

 

トップページが表示されたら右上にETHとSANDの保有数が表示されます。

The Sandbox公式サイト

画面右上のアイコン部分をクリックすると、選択バーが表示されます。

The Sandbox公式サイト

プロフィールをクリックすると、自分の情報が表示されます。

The Sandbox公式サイト

The Sandboxのインストールは以上になりますが、ゲームを作成する場合はGame Mekerをボクセルアートを作成する場合はVox EditをダウンロードThe Sandboxページから簡単にダウンロードすることができます。

 

The Sandbox(ザ・サンドボックス/SAND)の始め方まとめ

The Sandboxの始め方をまとめると、国内取引所で口座開設、メタマスクのウォレットをインストール、The Sandboxのアカウントをインストールするといった流れになります。

今回の内容をおさらいしていきます。

本記事の要約

  • SANDはThe Sandbox内で使用できる仮想通貨のこと
  • The Sandboxは無料ツールを使ってNFTを作成し販売することができる
  • The Sandboxを始めるならコインチェック(Coincheck)での口座開設がおすすめ

The Sandboxを始める際はLANDの購入が必要になりますが、無料でゲームを楽しむこともできます。

また、どうしてもLANDが欲しい場合はSANDを使ってレンタルすることもできるので、Coincheckで口座開設をしてぜひ始めてみてくださいね

記事執筆時点(2022年3月)では、アルファ版のみで正式にリリースされていませんが、ゲームユーザーの増加や大企業の出資などすでに大きく注目されているため、価格上昇が見込まれるプロジェクトになります。

企業や組織の動きが活発になってきたからこそ、今後の情報を集めながらSANDの価格推移に注目していきましょう。

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録