【完全初心者向け】OpenSea(オープンシー)の始め方をわかりやすく解説

仮想通貨

【完全初心者向け】OpenSea(オープンシー)の特徴や始め方、買い方をわかりやすく解説


  • OpenSeaについて詳しく知りたい!
  • OpenSeaの特徴は?
  • OpenSeaの始め方を初心者でもわかりやすく教えてほしい!

近年話題となっているNFTを購入したい!と考えているあなたは、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

OpenSeaとは、NFTの作成、出品、購入できる世界最大手のNFTマーケットプレイスです。

NFTの売買をおこなう際は、まずチェックしておきたいプラットフォームですので、あなたの疑問が解消するように本記事では徹底解説していきます。

NFT、OpenSeaに興味がある方は、本記事を読みながら実際にOpenSeaの登録手続きを進めていきましょう。

 

新規トークンを購入する、または日本円に戻すなどの際は、起点となる国内取引所の開設が必須。

口座開設をするなら国内ナンバー1の取引所であるコインチェックがおすすめです。

下記のバナーから本人確認と入金を完了をすると、今なら1500円分のビットコインがもらえます!

コインチェック

引用:Coincheck公式

ブログで言えないおトクな最新情報をLINEにて配信中‼サポートも受け付けてます。

OpenSea(オープンシー)とは

OpenSea(オープンシー)とは

出典:OpenSea公式サイト

OpenSeaとは、デジタルアートやゲームのアイテムなどのデジタルデータをNFT化・出品・売買をおこなっている世界最大級のNFTマーケットプレイスです。

NFTはNon-Fungible Tokenの略称であり、「唯一性があるもの」「代わりのないもの」「1点もの」として日本語では非代替性トークンと呼ばれます。

イーサリアムのブロックチェーン技術を活用することで、複製や改ざんが容易だったデジタルデータに唯一無二の希少価値を付加し、「世界でひとつだけのデジタル資産」と証明できるようになりました。

NFTはブロックチェーン上にデータがあるため、各ブロックチェーンに対応した仮想通貨で取引されます。

なお、OpenSeaの主要な取引通貨は「ETH(イーサ)」です。

現在、ユーザー数は世界60万人以上、2022年1月には過去最高取引量38億5,000万ドルを超えたOpenSeaの特徴とは何なのでしょうか。

OpenSeaの特徴

OpenSeaの特徴

出典:OpenSea公式サイト

それではOpenSeaの特徴を解説していきます。

  • 対応しているブロックチェーンが多い
  • 2種類の購入方法
  • 日本語に順次対応、日本著名人の出品

以下順番に解説します。

対応しているブロックチェーンが多い

主に利用されているブロックチェーンはイーサリアムですが、そのほかにも多くのブロックチェーンに対応しています。

イーサリアムのブロックチェーンは圧倒的にユーザーが多いものの、手数料(ガス代)が高いのがデメリットです。

初心者のうちはコストを抑えて取引をする場合、イーサリアム以外のブロックチェーンでの購入を検討しましょう。

対応しているブロックチェーン

  • Polygon(ポリゴン)
  • Klaytn(クレイトン)
  • Tezos(テゾス)

また、対応しているブロックチェーンが多いため、他のNFTマーケットプレイスに比べて、NFT作品の種類や数量が豊富です。

希望のNFT作品を見つけやすいためNFT作品の取引数増加につながり、よりユーザーのニーズを満たすプラットフォームへと成長してくれます。

対応しているブロックチェーンが多いため、NFT購入者へ幅広い選択肢と利便性に富んだサービスをもたらしてくれます。

2種類の購入方法

OpenSeaでは、NFT作品によって次の2種類の購入方法があります。

①購入価格が決まっている場合

一般的な購入方法です。

NFT作品の購入価格があらかじめ決まっているため、購入者は決められた価格でNFT作品を購入します。

楽天市場やAmazonで買い物するイメージと同じで、出品時に購入価格が決められています。

②オークション形式で購入する場合

最高価格を提示したユーザーが購入できる販売方法です。

NFT作品の出品時には購入価格が決められておらず、購入を希望するユーザーの入札によって価格が決まります。

販売されるNFT作品の需要が高いほど、ユーザー同士でかけひきがおこなわれ購入価格が上がる傾向にあります。

ヤフーオークションでの取引と同じイメージです。

OpenSeaで出品されているNFTは、「購入価格が決まっている」か「オークション形式で購入する」か簡単に見分けられるため、自分に合った購入方法を選択できます。

日本語に順次対応、日本著名人の出品

OpenSeaは海外サイトのため英語で表記されていますが、日本語の対応を始めており、英語が読めない日本人でも安心して利用できます。

日本人のユーザーも多く日本語での解説記事が数多くあるため、わからない箇所はネットで検索するだけで解決できます。

また、OpenSeaでは日本の著名人が販売するNFTを購入できます。

NFTを出品している日本の著名人

  • せきぐちあいみ 「Alternate dimension 幻想絢爛」
  • 西野亮廣 「みにくいマルコ」
  • 村上隆 「Murakami.Flowers」※販売終了
  • TAKUYA∞(UVERworld) 「Another World」※販売終了

有名人の作品でも、OpenSeaに登録さえしておけば誰でも購入が可能です。

OpenSea(オープンシー)の始め方

OpenSea(オープンシー)の始め方

OpenSeaを始めるには以下5ステップ。

OpenSeaの始め方

  1. 国内取引所コインチェック(Coincheck)の口座開設
  2. 取引所でETHを購入
  3. MetamaskへETHを送金する
  4. OpenSeaに登録する
  5. NFTの購入方法

実際の登録画面を使いわかりやすく説明するので、一緒に手続きしながら読み進めていきましょう。

国内取引所コインチェック(Coincheck)の口座開設

OpenSeaでNFTを売買するには、ETHなどの仮想通貨を準備する必要があります。

国内大手のコインチェック(Coincheck)では、初心者でも簡単にETHを購入できるので、まずはコインチェックの開設手続きをしておきましょう。

ンチェックの開設方法をこちらでわかりやすく解説しています。

コインチェックの口座開設方法
【初心者向け】コインチェック(Coincheck)の口座開設方法を3ステップ解説

仮想通貨を始めたい! コインチェックって使いやすい? 実際口座開設の手続きってむずかしそう... このような疑問について、わかりやすく徹底解説していきます。 結論、初心者におすすめな仮想通貨取引所は、 ...

続きを見る

たった3ステップ、完全無料で開設できます。

取引所でETHを購入

コインチェック(Coincheck)の口座の開設が完了したら、NFTの売買に必要なETHを購入します。

取引所でETHを購入

 

  1. 画面左側「販売所(購入)」をクリック
  2. ETHを選択
  3. 購入したい「数量」を入力
  4. 画面右下「購入する」をクリック

以上でETHの購入は完了です。

MetamaskへETHを送金する

OpenSeaでETHを使用するには、ウォレットと呼ばれる仮想通貨用のお財布にETHを入れておく必要があります。

仮想通貨用のお財布「MetaMask」を準備し、コインチェック(Coincheck)からMetaMaskにETHを送金しておきましょう。

MetaMaskの開設方法をこちらでわかりやすく解説しています。

MetaMask
【完全初心者向け】Metamask(メタマスク)の始め方を徹底解説

MetaMaskは、ETHやイーサリアム上で動作するトークンをまとめて管理できる仮想通貨のウォレットです。 2020年に9月にスマホアプリのリリースにより、利便性がさらに向上したことでMetaMask ...

続きを見る

Metamaskは完全無料で始められ、初期費用を抑えて仮想通貨を取引できます。

OpenSeaに登録する

次にOpenSeaの登録方法を解説していきます。

OpenSea公式サイトにアクセスします。

次に画面右上の「作成」をクリックします。

OpenSeaに登録する

 

「MetaMask」をクリックします。

OpenSeaに登録する

 

MetaMaskの「パスワード」を入力し、「ロック解除」をクリックします。

OpenSeaに登録する

「次へ」をクリックします。

OpenSeaに登録する

画面右下の「接続」をクリックします。

OpenSeaに登録する

以上でMetaMaskとOpenSeaの接続が完了しました。

OpenSeaで利用するブロックチェーンは、「イーサリアム メインネット」選択します。

OpenSeaに登録する

次にOpenSeaのプロフィールの登録をおこなうため、右上の「作成」をクリックします。

 

OpenSeaに登録する

 

「設定」をクリックします。

OpenSeaに登録する

 

 

「署名」をクリックします。

OpenSeaに登録する

 

プロフィールを設定します。

  • ユーザーネーム(任意)
  • 電子メールアドレス

入力後、ページ下部の「保存する」をクリックします。

OpenSeaに登録する

 

OpenSeaから設定したアドレスにメールが届きます。

「VERIFY MY EMAIL」をクリックします。

OpenSeaに登録する

以下の画面が表示されたら、「Back to OpenSea」をクリックします。

 

OpenSeaに登録する

 

以上でOpenSeaの登録は完了です。

NFTの購入方法

OpenSeaの登録が完了したら、実際にNFT作品を購入してみましょう。

OpenSea公式サイトにアクセスします。

次に画面右上の「検索」「すべてのNFT」をクリックします。

NFTの購入方法

 

作品を検索します。

作品の探し方

  • 検索(画面上):「探す」に「作品名」などのキーワードを入力して検索する方法
  • 絞り込み(画面左):「フィルター」を利用し、販売方法や価格、カテゴリーで検索する方法

NFTの購入方法

作品の購入(即時購入)

一覧から気になる作品をクリックします。

詳細が表示されるので、確認して購入する場合は、「今買う」をクリックすれば提示価格で即時購入できます。

NFTの購入方法

即時購入の場合、現在の価格で作品を購入できます。

作品の購入(オークション形式)

即時購入ではなくオークション形式で購入する場合、「申し出をする」をクリックします。

NFTの購入方法

オークション形式で「購入したい金額」を入力、「ETHを変換する」をクリックします。

オークション形式で購入する場合、WETHトークンが必要になります。
※手数料やガス代はETHで支払う

ウォレット内に必要なWETHを保有していれば、オファー完了です。

 

NFTの購入方法

 

WETHを保有していない方は、「ETHを変換する」をクリックして、ETHをWETHに変換します。

Uniswapの画面が開くので、

  • 中央のスワップの通貨を「ETH→WETH」に設定
  • ETHをWETHに変換する金額の確認
  • 「ウォレットに接続」をクリック

NFTの購入方法

引用:invest Navi

「MetaMask」をクリックします。

NFTの購入方法

引用:invest Navi

再びUniswapの画面が開くので、交換するETHの量を確認し「ラップ」をクリックします。

NFTの購入方法

引用:invest Navi

商品に移動したら、NFT購入のオファーは完了です。

OpenSea(オープンシー)の始め方まとめ

OpenSea(オープンシー)の始め方まとめ

OpenSeaは日本人のユーザーも多く、日本語での解説記事が多くあるため、NFT初心者の方も安心して利用できます。

本記事のまとめ

  • NFTの作成、出品、購入できる世界最大手のNFTマーケットプレイス
  • 日本語に対応しているので英語が読めなくても利用できる
  • OpenSeaは、5ステップで始められる

OpenSeaは、NFTの売買をおこなう際に必ずチェックしておきたいプラットフォームです。

購入したい作品を見つけたときに、購入のタイミングを逃さないよう事前にOpenSeaの登録だけは済ませておきましょう。

各種サポート&お得な情報を配信中!

口座開設必須の仮想通貨取引所ランキング

1位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

2位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

3位 Binance|世界取引量No.1の取引所

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨
-, , ,

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録