仮想通貨

SafeMoon(セーフムーン)の特徴や投資をするメリット・デメリットについて解説!

世の中には非常に多くの仮想通貨が存在していて、盛り上がりを見せています。

投資対象として、どの仮想通貨を選択すれば良いのか迷う人が多いのも事実です。

そこで今回は、今話題のSafeMoon(セーフムーン)を取り上げてご紹介していきます。

SafeMoon(セーフムーン)に関して、特徴、価格や購入方法、メリット・デメリットについてご紹介していきますので、あなたの投資判断の材料にご活用ください。

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


SafeMoon(セーフムーン)とは?

SafeMoon(セーフムーン)とは、仮想通貨のひとつであり、2021年3月にローンチされた仮想通貨です。

発売されて日が浅い仮想通貨なのですが、その特徴や将来性を期待して、人気が上がってきています。

SafeMoon(セーフムーン)はDefiで活用されるトークンであることから、保有しているだけで資産が増える仕組みを持っています。

仮想通貨としての価格が上昇すれば資産価値が上がりますので、保有するだけで資産が増える特徴と、資産価値の今後の上昇によって資産拡大が狙える仮想通貨だと言えます。

SafeMoon(セーフムーン)の特徴3選

SafeMoon(セーフムーン)の特徴は、Defiで活用されるトークンであるというところがメインになります。

Defiというのは、日本語で「分散型金融」という意味の言葉で、通常の金融のような「銀行」「証券会社」「保険会社」などを介さない金融システムのことを意味します。

これらの機関は金融の仲介者として、手数料などの様々なコストを収入源としていますが、Defiにはその仲介者がいないため、個人が利益として収入を得ることが可能になりました。

各種仮想通貨をDefiに預け入れることで、金融機関のような役割の一部を担うことになり、報酬が得られると考えてください。

このDefiの機能を活用を踏まえて、SafeMoon(セーフムーン)が持っている3つの特徴についてご紹介します。

① 手数料の分配が受けられる

まず1つ目は「手数料の分配が受けられる」という点です。

SafeMoon(セーフムーン)は売買やバーンをするたびに手数料として10%をユーザーから徴収する仕組みになっています。

徴収した10%の手数料については、その内「5%」がSafeMoon(セーフムーン)の保有者へ還元される仕組みになっているので、保有しているだけで分配を受けることができます。

持っているだけで資産が増える仮想通貨として注目を集めているのです。

手数料10%の内訳は以下になります。

  • 5%:ユーザーへ付与
  • 2.5%:BNBに交換
  • 2.5%:流動性(LP)としてPancakeSwapにロック

ここでは、「5%がユーザーに付与される仕組みによって、保有しているだけで資産が増える仮想通貨なのだ」という認識で十分です。

② 自動でLPを生成する

2つ目の特徴は「自動でLPを生成する」という点です。

SafeMoon(セーフムーン)は、自動でLPを生成することができます。

LPとは「Liquidity Provider」の略で、日本語にすると流動性提供者という意味になります。

流動性というのは、Defiの金融の仕組みの一員になっているというイメージです。

あなたが通貨を預けることで誰かがその通貨を活用することができるため、その仕組みの一部を担う代わりに手数料が貰えるようになるのです。

従来はユーザーが手動でLPを作る必要がありましたが、SafeMoonではシステムが自動でLPを生成することができます。

③ 燃焼「バーン」が実施される

バーンとは、運営者が保有している仮想通貨の一部を使えないようにすることを意味します。

バーンを実施すれば、市場に流通する通貨数が減少し、その結果、通貨の希少性が上がるため、価格が上昇することになります。

そもそも仮想通貨は、流通量が増えれば増えるほど、希少性が下がってしまい、価値が減少してしまうリスクを抱えています。

新たにローンチされた仮想通貨などでは、多くのユーザーに活用してもらって認知度を上げることで、その通貨の価値を上げようと働きかけます。

新規ユーザーに通貨を無料で配布したり、SNS等で拡散することで通貨がもらえたり、ゲームをプレイすることで通貨がもらえたりと、様々な手段で通貨を流通させようとするわけです。

SafeMoon(セーフムーン)では取引手数料のうち5%はバーン(焼却)することが決まっているので、一定の価値を保ち続けることができるような仕組みになっているというわけです。

SafeMoon(セーフムーン)の価格推移と時価総額

仮想通貨の価値や魅力を知る上では、その仮想通貨の価格推移と時価総額を確認しておくことも重要です。

ということで、SafeMoon(セーフムーン)の価格推移と時価総額について確認していきましょう。

SafeMoon(セーフムーン)の2021年までの価格推移

SafeMoon(セーフムーン)は2021年3月にローンチされた仮想通貨です。

上場から1ヶ月の短期間で、価格が60倍以上に跳ね上がって話題になった仮想通貨でもあります。

その後は緩やかに価格が低下して、2021年12月時点においては、一定の価格で推移しています。

現時点では目立った値動きはありませんが、今後の運営や人気の取引所への上場などのイベントがあれば、価格が大きく動く可能性もあります。

今後の動きや価格の推移についても、目が離せない仮想通貨なのです。

SafeMoon(セーフムーン)の時価総額 ※12月15日時点

12月15日時点での時価総額は「990億円前後」であり、ランキングは220位となっています。

6000種類以上の通貨が流通していると言われているので、それなりに高い順位に位置していることがわかります。

多くの通貨が「ほぼ無価値」の状態に落ち込んでいく世界なので、全体の上位4%以内に入っていると考えると、十分期待できる仮想通貨だと言えます。

SafeMoon(セーフムーン)の購入場所と購入手順

続いて、SafeMoon(セーフムーン)の購入場所と購入手順について解説します。

また、購入する際には送金や購入時の手数料などが必要になりますが、やり方次第では損をしてしまう可能性もあります。

なので、これからご紹介するSafeMoon(セーフムーン)の購入場所と購入手順に沿って、損無く間違いの無い取引を行いましょう。

SafeMoon(セーフムーン)の購入場所

SafeMoon(セーフムーン)は大手仮想通貨取引所である「BitMart」や、多くのアルトコインを取り扱っている「Pancakeswap」に上場しています。

残念ながら、国内の仮想通貨取引所では購入することができませんので、ご注意ください。

BitMartやPancakeswapでは、日本円で直接SafeMoon(セーフムーン)を購入することができないため、上場している他の仮想通貨を準備する必要があります。

日本の仮想通貨取引所を活用して、日本円で仮想通貨を購入し、その通貨をBitMartやPancakeswapに送金することで、SafeMoon(セーフムーン)を購入することが可能です。

SafeMoon(セーフムーン)の購入手順

SafeMoon(セーフムーン)を購入するためには、以下の手順が必要になります。

  • 1. 国内の仮想通貨取引所でコインを購入する
  • 2. 海外の仮想通貨取引所にコインを送金する
  • 3. 送金したコインでSafeMoon(セーフムーン)を購入する

まずは、国内の仮想通貨取引所である「CoinCheck」や「BitFlyer」、「GMOコイン」などで仮想通貨を購入します。

そして日本円で購入した仮想通貨を、海外の仮想通貨取引所へ送金します。

海外の仮想通貨取引所では、利用者が多くて取り扱われている通貨の数や出来高の高い「Binance」を活用することをおすすめします。

また、送金する仮想通貨の種類によって手数料も大きく変わってきますので、比較的手数料の少ない通貨を選択してBinanceに送金すると良いでしょう。

そしてBinanceから、SafeMoon(セーフムーン)の取り扱いを行っている「BitMart」や「Pancakeswap」に通貨を送金し、その通貨でSafeMoon(セーフムーン)を購入しましょう。

SafeMoon(セーフムーン)の3つのメリット

ここではSafeMoon(セーフムーン)の3つのメリットについて、それぞれ詳しく解説していきます。

メリット① 安価なので値上がり益が期待できる

まず1つ目のメリットは「安価なので値上がり益が期待できる」というところです。

2021年12月15日時点では、1SafeMoonが0.0001665円前後で推移しています。

このように非常に価格が低い仮想通貨なので、今後新しいサービスで知名度を上げたり、Binanceなどの大型取引所で上場したりすると、大きく値上がりする可能性も期待できます。

安値のうちにたくさんのSafeMoon(セーフムーン)を購入していれば、資産を大きく増やせる可能性があるので、メリットと言えるでしょう。

メリット② 自動で資産が増える

2つ目のメリットは「自動で資産が増える」という点です。

先ほどもご説明したように、SafeMoon(セーフムーン)の取引によって徴収される手数料の一部は、ユーザーに自動的に還元される仕組みとなっています。

購入後は値動きに応じた売買を行わなくても、自動的に資産が増えていくので、長期保有に向いている仮想通貨となります。

メリット③ 運営の信頼が厚い

世の中では大量の仮想通貨が取引されていますが、中には目的が曖昧なものや、用途が不確実なものもたくさんあります。

そんな中、SafeMoon(セーフムーン)は、公式ホームページに運営のロードマップが公開されていて、投資家にもわかりやすく情報開示をしています。

どんな時期に、具体的にどんなことをやるのかが明確に示されていて、その内容も将来性を感じる魅力的なものとなっています。

このロードマップに沿って完璧に運営できるとは限りませんが、事業として計画を立て、SafeMoon(セーフムーン)を発展させようとしている部分は、投資家サイドからも信頼が厚いポイントになります。

SafeMoon(セーフムーン)の2つデメリット

メリットに引き続き、SafeMoon(セーフムーン)のデメリットについても確認していきましょう。

デメリット① アルトコインは暴落から戻れないリスクがある

まず1つ目のデメリットは「アルトコインは暴落から戻れないリスクがある」という点です。

仮想通貨の価格は、知名度や取引量、将来への期待値などが要因となって決まっていきます。

大量の仮想通貨が取引される中で、一時的なブームで価格を上げたとしても、人気が無くなり、取引量が激減した仮想通貨は「ほぼ無価値」の状態まで暴落することがよくあります。

その後は、新たな価値を創出することができず、価格が地を這うように推移して、そのまま忘れられてしまうこともよくある世界なのです。

SafeMoon(セーフムーン)も同様で、この先どうなるかわかりませんし、まだまだ不安定な値動きをしています。

場合によっては大きく暴落し、そのまま価格が戻らなくなるリスクもあることは、理解しておきましょう。

デメリット② 詐欺で販売される偽コインに注意が必要

そして2つ目のデメリットは「詐欺で販売される偽コインに注意が必要」という点です。

仮想通貨の世界は、まだまだ法整備などが追いついておらず、詐欺や偽コイン、偽サイトなどが問題になっています。

一定の資金を集めたら姿を消してしまう仮想通貨の運営がいたり、アルファベットをひとつだけ入れ替えて間違えて購入させるような偽コインが公開されたりと、注意すべきポイントがあります。

SafeMoon(セーフムーン)にも偽コインがいくつか見られますので、購入の際は偽コインを掴まないように注意しておきましょう。

まとめ

ということで今回は、仮想通貨のSafeMoon(セーフムーン)について詳しく解説してきました。

様々な仮想通貨の中でも、SafeMoon(セーフムーン)は魅力的な特徴を持っているので、今後の伸びや他のサービスとの連動などが楽しみな仮想通貨だと言えるでしょう。

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録