仮想通貨

【2022年版】Bloktopia(ブロックトピア/BLOK)とは?今後や将来性を徹底調査

メタバース(仮想空間)市場に関する関心は、Facebookが社名をMeta(メタ)に変更したこともあり一気に高まっています。

そんなメタバースのプロジェクトの中でも、世界中で話題になっているメタバース銘柄が「Bloktopia(ブロックトピア)です。

Bloktopiaはどのようなプロジェクトなのか、そのプロジェクトの内容から今後の将来性を考察していきましょう。

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


Bloktopia(ブロックトピア/BLOK)とは?

Bloktopia(ブロックトピア)とは、メタバース(仮想空間)市場における有望な仮想通貨プロジェクトです。

Polygonブロックチェーン上に構築されています。

メタバース(Metaverse)とは、

  • メタ(meta)=超越した
  • ユニバース(universe)=宇宙

この2つを掛けあわせた造語です。

具体的には、利用者が活動できるネット上の仮想空間のことで、

  • 臨場感のあるリモート会議、商業活動
  • エンターテイメントとして、友人間でのおしゃべりやゲーム、バーチャルライブ

などが可能です。

Bloktopiaでは、メタバース上で経済活動が可能で、そのためにBloktopia内で使用する独自トークン「BLOK(ブロック)」を発行しています。

BLOKトークンは、既に380億枚ほど発行されており、Bloktopia内ではNFT(ノンファンブル・トークン)化された土地の売買やカジノゲームの賞金の支払いにもBLOKトークンを使用します。

参考:NFT(ノンファンジブルトークン)とは?稼ぎ方・関連銘柄・将来性を解説

Bloktopia(ブロックトピア/BLOK)の特徴

Bloktopiaは、全21階建ての超高層ビル型メタバースです。

取引所やカジノ、広告、不動産などが設置され、現実さながらの世界でたくさんの人と交流できます。

各フロアのテナントはすべてがNFT(ノンファンジブルトークン)化されており、ユーザーは仮想不動産の売買やレンタル、広告の出稿などが可能です。

限られた場所で限られたテナント数のため土地(NFT)の高騰が見込めることでしょう。

Bloktopia(ブロックトピア/BLOK)のコンセプトと4つの柱

Bloktopiaは、「Edutainment(教育と娯楽)」という全体コンセプトを持ち、以下4つの柱を軸に開発されています。

  1. LEARN(学ぶ)
  2. EARN(稼ぐ)
  3. PLAY(遊ぶ)
  4. CREATE(創る)

この4つすべてをBloktopia内でおこなえることを目指しています。

それぞれ、順番に解説します。

①LEARN(学習)

Bloktopiaは、YouTubeやTwitter、Telegramなど現実世界のメディアなどをバーチャル空間にリンクさせることで、仮想通貨についてくわしく学べます。

仮想通貨の世界は最新の技術や専門的な知識が必要で、難解です。

さらにスピードもはやく、多くの人にとって参入するハードルが高いですよね。

Bloktopiaはこれを解決します。

②EARN(稼ぐ)

Bloktopiaのテナント(土地)は、「REBLOK(リブロック)」と呼ばれ、すべてNFT化されているため、単独または共同で所有することが可能です。

既に「CoinMarketCap」や「Binance NFT」、「Kucoin」などの大手の取引所もオフィスや店舗を構えています。

このREBLOKは、Bloktopia内の限りある資源であり、売買したり貸し出したりすることでBLOKトークンを稼ぐことができます。

さらに「ADBLOK(アドブロック)」という広告スペースのオーナーになり、電光掲示板のような広告を打つことで、収益を得る方法もあります。

③PLAY(遊ぶ)

ユーザーは、Bloktopiaのメタバース空間で没入型のゲームに参加したり、友達と交流したりすることができます。

Bloktopia内では、ユーザーは「Bloktopian(ブロックトピアン)」と呼ばれ、NFTアイテムを購入すれば、自分のアバターの服装や見た目などを自由にカスタマイズ可能です。

他のBloktopianと一緒にゲームをしたり、仲良くなったりすることで、不動産の共同所有、Bloktopia内でビジネスを始め、BLOKトークンを稼ぐ、なんてこともできます。

④CREATE(創る)

ユーザーは、Bloktopia専用のツールを使用することで写真やアートなどを簡単にNFT化することができます。

NFT化したものを販売することで、クリエイターとしてBLOKトークンを稼ぐことが可能です。

さらに専用の開発キットが用意されるため、Bloktopia内でゲームやイベントを作成し、参加料やプレイ料金でBLOKトークンを稼げる仕組みになっています。

BLOKPADで上場前のトークンが買える

BLOKPAD(ブロックパッド)とは、BloktopiaのIDOパートナーのTRUSTPAD(トラストパッド)によって運営されている、BLOKPADにBLOKトークンをステーキング(預ける)ことで、上場前の仮想通貨を購入できる機能です。

すでに、初のプロジェクトである、NFTゲーム「SIDUS HEROES」がBLOKPADを利用しています。

BLOKPADで購入できる上場前のトークンの枚数は、ティア(階層)ごとに分かれています。

つまりBLOKトークンを預ける(ステーキング)の枚数に応じて、上場前のトークンが買える枚数が異なるのです。

ティアごとに抽選枠と保証枠は以下のとおり。

【抽選枠】

ティア ステーキング枚数 割当量
ティア1 25,000枚 10%の人 基本枚数の1倍
ティア2 50,000枚 25%の人 基本枚数の2倍
ティア3 100,000枚 50%の人 基本枚数の2倍

【保証枠】

ティア ステーキング枚数 割当量
ティア4 125,000枚 基本枚数の2倍
ティア5 200,000枚 基本枚数の3倍
ティア6 375,000枚 基本枚数の6倍
ティア7 750,000枚 基本枚数の14倍
ティア8 1,250,000枚 基本枚数の22倍
ティア9 1,550,000枚 基本枚数の28倍

BLOKLOKでIDOの優遇が受けられる

BLOKLOK(ブロックロック)は、2021年にBloktopiaが導入した新しい形式のNFTです。

BLOKLOK NFTを保有することで、IDO銘柄の割当をより多く、より安く購入できるイメージです。

Bloktopia(ブロックトピア/BLOK)の将来性が高いとされる理由

先進的なビデオゲームエンジンである「3D reation Engine」を搭載しており、ユーザーが得られる体験が豊富にあります。

さらに数あるメタバースプロジェクトと比べてもグラフィックのレベルがたかく、今後も発展する可能性をおおいに感じます。

Bloktopia(ブロックトピア/BLOK)のパートナー・出資社が凄い

上記画像はパートナーになります。

  • venry・・・NFTマーケットのサービスをおこなう会社
  • anzu・・・ゲーム内の広告プラットフォームを構築する会社
  • polygon・・・イーサリアムと快適な相互運用を行うプロジェクト
  • ZOKYO・・・ハッカーなどから守るネットセキュリティ会社

になります。

また、上記画像は資本金出資社になります。

注目は、今勢いのあるAnimoca Brands(アニモカブランズ)が出資していることです。

香港に拠点を置くゲーム開発会社で、「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」を傘下に持ち、NFTやNFTゲーム、NFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」にも投資しています。

NFT関連会社では評価額22億ドル(約2,500億円)に達した超大手企業です。

このAnimoca Brandsに出資されているのはかなり期待が持てるのではないでしょうか。

またBLOKトークンよりも時価総額が上位のpolygonやAVALANCHEからも出資を受けていることを考えるとより期待が持てます。

BLOKは成長市場「メタバース」関連銘柄

メタバースは、NFTやゲームと同じく仮想通貨のトレンドのひとつです。

Facebookが今年10月下旬に、メタバースに約100億ドル(約1兆1400億円)投資すると発表し、社名を「Meta(メタ)」に変更すると発表したことで、メタバースが一気に注目の的となり関連銘柄の高騰が続いています。

Facebookの社名変更の影響もあり、2020年はメタバースの市場規模が4787億ドル(日本円54兆円越)でしたが、2024年には7833億ドル(日本円89兆円超)にまで拡大する(年平均成長率13.1%)ことが予想されています。

この成長率から2022年は間違いなくメタバースの年といっても過言ではないでしょう。

そして2023年にもメタバースの年は続くと思われます。

BLOKは運営陣が優秀

Bloktopiaの創業メンバー、運営陣や開発者はとても優秀です。

CTOであるCIMON氏は、過去にPlayStationVRのディレクターを勤めた人物であり、他にも仮想イベントの経験者、VRのような3D空間サービスの開発者が含まれています。

仮想通貨プロジェクトは、運営人の優秀さが重要です。

Bloktopiaに大手企業が参入

Bloktopia内にテナントを出店している大手企業は以下の通りです。

  • BINANCE(BINANCE NFT)(バイナンス)
  • KuCoin(クーコイン)
  • Solana(ソラナ)
  • CoinMarketCa(コインマーケットキャップ)
  • COIN TELEGRAPH (コインテレグラフ)

ここで注目すべきはBINANCEとSolanaです。

BINANCEが出店している=BINANCEがBloktopiaに興味を持っているということではないでしょうか。

Bloktopiaに興味を持っていると考えると、BINANCEに上場する可能性は十分に考えられます。

もしBINANCEに上場するとなると、BLOKトークンの価値がまた高騰する可能性があります。

またイーサリアムキラーと呼び声高いSolanaがBloktopia内にバーチャル本社を設立したことで、なにが起きるのかワクワクしてきます。

Bloktopia(ブロックトピア/BLOK)の価格・購入方法

Bloktopia(ブロックトピア/BLOK)の現在の価格と購入方法についてご説明していきましょう。

Bloktopia(ブロックトピア/BLOK)の価格

2021年12月20日現在、Bloktopia(BLOK)の時価総額は232位です。

2021年10月7日の公開当初は1円を切る価格だったのが、10月末には20円に近づくほど成長しています。

現在はすこし価格は下げていますが、1BLOK=約7円と公開当初の約7倍の価格で推移しています。

Bloktopia(ブロックトピア/BLOK)の購入方法/上場している取引所

BLOKトークンは以下の取引所に上場しています。

  • KuCoin
  • Gate.io
  • OKEx

Bloktopia(ブロックトピア/BLOK)のまとめ

Bloktopiaが、メタバース関連銘柄の中でとても期待が持てる銘柄ということをおわかりいただけたのではないでしょうか。

今後、Bloktopia経済圏に人が集まれば仮想通貨業界以外からも大手企業の参入が期待できるでしょう。

2022年はメタバースの年となることは間違いありません。

これを機会に「最強のメタバース銘柄」であるBloktopia(ブロックトピア/BLOK)への投資を検討してみてはいかがでしょうか。

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録