Everdome(エバードーム/DOME)とは?特徴と今後の将来性を徹底解説

仮想通貨

Everdome(エバードーム/DOME)とは?特徴と今後の将来性を徹底解説

  • Everdomeってどんなプロジェクトなの?
  • Everdomeと他のメタバースとのちがいが知りたい
  • DOMEは注目されているコインだけど、将来性はあるの?

あなたはこのように感じているのではないでしょうか?

Everdomeは、ハイクオリティな技術が搭載されていて、開発チームも豪華なことから将来性の期待できるメタバースプロジェクトです。

この記事では、Everdome(エバードーム/DOME)の特徴と将来性を詳しく解説していきます。

Everdomeに興味をもたれて、購入を考えている方は参考にしてください。

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


Everdome(エバードーム/DOME)とは

Everdomeはメタバースの世界を現実のようにリアルに体験できるプロジェクトです。

Everdomeと他のメタバースとの大きな違いは、仮想空間と現実の見分けがつかないほどのリアルなメタバースを再現しているところです。

Everdomeのメタバース内では主に下記の利用ができます。

  • 大型都市でアバターを通じ、人と交流
  • 商品の購入ができる
  • ビジネスとしても活用できる(打ち合わせなど)
  • 不動産の売買

Everdomeは現実世界のようなメタバースを提供することにより、人と企業、ブランド、商品などを繋げる空間作りを目指しています。

そして、実在する企業がメタバース内で広告を出せるシステムも構築予定です。

※2022年2月の現在では、メタバースは準備中のため利用できません。

DOMEトークンとは

プロジェクト名 Everdome
通貨名 DOME(ドーム)
価格(2022年2月現在) 0.05894ドル
時価総額(2022年2月現在) 320,201,606ドル
主な取引所(2022年2月現在) OKX
公式サイト Everdomeの公式サイト

DOMEトークンは、Everdomeで利用できる決済通貨です。

DOMEトークンは主に下記の使い方ができます。

  • 都市での生活(ライブなどのライフイベントや商品購入など)
  • ビジネスでの決済
  • 不動産の売買

DOMEトークンは、現実世界での生活で法定通貨(日本では円)を利用するように、メタバース内で利用できます。

Everdome(エバードーム/DOME)の特徴

Everdomeにどんな特徴があるのか下記の順に説明していきます。

  • 圧倒的ハイクオリティな映像
  • Everdomeの不動産
  • 世界2位の取引量を誇る仮想通貨取引所OKXへ上場

それぞれ分かりやすく特徴を解説していますので、チェックしていきましょう。

圧倒的ハイクオリティな映像

Everdomeでは、これまでにないリアルな映像を体験できます。

Everdome公式のTwitter上で公開されている映像をご覧ください。

https://twitter.com/Everdome_io/status/1490253238448361474

上記の映像のように、現実か仮想空間なのかを見分けることが難しいほどハイクオリティな仕上がりとなっています。

Everdomeには、PS5やニンテンドーSwitchなどの開発に使用するゲームエンジン「UNREAL ENGINE5」が搭載されています。

UNREAL ENGINE5は映像品質を映画と同じレベルまで作れるゲームエンジンであり、現実と錯覚してしまうほどの映像を見せることが可能です。

また、Everdomeが他のメタバース空間と異なる最大のポイントは、自分にそっくりなアバターの利用ができる点です

Everdomeが、ここまでリアルなアバターを実現できたのは、「MetaHero」の3Dスキャナーを採用したことに関係します。

3Dスキャナーのアバター作成方法は次のとおりです。

  1. カメラが多数ある設備の中に入る
  2. 人物をスキャンをする
  3. アバターデータの作成完了

リアルなアバターを作成することで、Everdomeで現実世界と変わらない活動が行えるようになります。

Everdomeの不動産

Everdomeには「Dome-estate」という不動産システムがあります。

Dome-estateを利用することで、下記の取引ができます。

  • 不動産の購入
  • 賃貸業
  • 不動産の宣伝

Dome-estateを利用することで、デジタル化された現実のような不動産ビジネスができるのです。

現実世界のように、メタバース上の不動産も資産として価値を持っています。

メタバースに代表される「ディセントラランド」の開発型都市のように、Everdomeでも企業や団体による都市開発や商業的なイベントが開催される可能性があります。

都市開発や商業イベントが行われるようになると、土地や不動産の需要が高まり、価値も上がっていくでしょう。

不動産の価格が安いときに購入しておけば、価値が上がったときに売却して利益を得たり、貸し出して利益を得ることができます。

メタバースにおける不動産の価格は上昇傾向にあり、盛り上がりを見せている市場です。

例えば、メタバース×NFTゲームの「The Sandbox」での土地取引額は累計100億円を超えています。

The Sandboxの土地が高騰したのは、女性ブランド「ANAP」、世界最大の音楽会社「ワナー・ミュージック・グループ」などの大手企業が参入したからです。

EverdomeもThe Sandboxのように大手企業が参入を果たせば、不動産の価値も高まるでしょう。

世界2位の取引量を誇る仮想通貨取引所OKXへ上場

Everdomeは2022年2月8日にOKXに上場をしました。(上場後に5倍まで価格が上昇

OKXはスポット取引量が世界2位の大手取引所であり、世界180地域で2000万人以上の人々から信頼を受け、利用されています。

DOMEトークンのチャートを確認すると、上昇傾向にあるのが分かります。

Everdomeの高品質なプロジェクトがユーザーからも信頼された結果といえるでしょう。

スポット取引:仮想通貨を現物で売買できる、最も一般的な取引方法。スポット取引で取得した仮想通貨は外部の取引所やウォレットなどに出金することも可能

Everdome(エバードーム/DOME)の今後の将来性

Everdomeの今後の将来性を判断するには下記の情報をチェックしていきましょう。

  • 大手企業との提携による可能性
  • 代表を筆頭に豪華な開発チーム
  • 今後のメタバース市場への期待

Everdomeの将来性とメタバース市場が今後拡大されていくのか、順を追って説明します。

大手企業との提携による可能性

Everdomeは大手企業との提携によって、プロジェクトが大きく飛躍する可能性があります。

Everdomeは現在、「MetaHero」と業務提携を結んでいますが、EverdomeとMetaHeroの創業者は同一人物です。

MetaHeroは、3Dスキャナーの独占契約をWDW(Wolf Digital Woeld)と結んでいる関係にあります。

そして、WDWの親会社である「WOLF STUDIO」ディズニーやトヨタ、フェラーリなどの有名な大手企業と業務提携をしています。

このような深い関係のある繋がりから、Everdomeの事業にも提携する大手企業が増えていくと予想ができ、今後のプロジェクト展開に期待が高まります。

代表を筆頭に豪華な開発チーム

Everdomeは、創業者のロバート・グリン氏がチームの中心となって、開発が進んでいます。

Everdomeと業務提携を結んでいるロバート・グリン氏はMetaHeroの創業者でもあり、スキャニング技術に精通しています。

そして、ロバート・グリン氏を支えるプロジェクトメンバーは、「ジェミー・ロペス」、「バリーシン」「ヴォイテク」の3人です。

「ブロックチェーン技術」「エンターテインメント」「マーケティング」の各業界に精通したプロフェッショナルによって構成されています。

Everdomeは、MetaHeroの創業者でもあるロバート・グリン氏と豪華なプロジェクトメンバーによって、これからも高い技術やサービスの質を提供していけるでしょう。

今後のメタバース市場への期待

Everdomeが構築しているメタバースの市場は、今後も拡大が見込まれている市場です。

アメリカの経済・金融情報などを配信する大手総合情報サービス会社「米ブルームバーグ」によると、2020年時点のメタバース世界市場は約55兆円だったのに対し、2024年には約90兆円まで拡大すると推計されています。

また、アメリカのMARKETYSERS GLOBAL CONSULTING LLPグループの民間調査会社も2028年には約95兆円へと市場が拡大すると予測しています。

以上の調査結果から、メタバース関連銘柄であるEverdomeのユーザーが増加すると期待して良いでしょう。

Everdome(エバードーム/DOME)の始め方・買い方

Everdome(エバードーム/DOME)を買うには、以下の3つの手順が必要になります。

  1. 国内取引所でビットコインかイーサリアムを購入する
  2. 海外取引所のBybitに送金する
  3. BybitでEverdome(エバードーム/DOME)を購入する

それぞれ、順番に解説します。

①コインチェックなどの国内取引所でビットコインを購入する

まずは、国内取引所でビットコイン(BTC)かイーサリアム(ETH)を購入します。

どの国内取引所にするか迷っているのであれば、定番のコインチェック(Coincheck)でビットコインを買うのがおすすめです。

コインチェックの口座開設方法は以下の記事で詳しく解説しているため、あわせてご覧ください。

【完全初心者向け】コインチェック(Coincheck)の口座開設方法を徹底解説
【初心者向け】コインチェック(Coincheck)の口座開設方法を3ステップ解説

仮想通貨を始めたい! コインチェックって使いやすい? 実際口座開設の手続きってむずかしそう... このような疑問について、わかりやすく徹底解説していきます。 結論、初心者におすすめな仮想通貨取引所は、 ...

続きを見る

②Bybitなどの海外取引所にビットコインを送金する

コインチェックでビットコインを購入したら、Everdome(エバードーム/DOME)が購入できる海外取引所に送金しましょう。

記事執筆時点では、 Everdome(エバードーム/DOME)の取り扱いは海外取引所のみとなります。

ここでは日本人人気No.1でDOMEの取り扱いがあるBybit(バイビット)がおすすめです。

Bybitの口座開設方法は以下の記事で詳しく解説しているため、あわせてご覧ください。

Bybit(バイビット)の口座開設方法とは?お得な特典と特徴も徹底的に解説!
Bybit(バイビット)の口座開設方法とは?お得な特典と特徴も徹底的に解説!

仮想通貨でレバレッジ取引を始めたい! 国内取引所にはない草コインを取引したい! でも海外取引所の口座開設って難しそう。 このような疑問について、わかりやすく徹底解説していきます。 Bybit(バイビッ ...

続きを見る

③BybitでEverdome(エバードーム/DOME)を購入する

Bybit(バイビット)で、送金したビットコインをEverdome(エバードーム/DOME)に交換しましょう。

これで、DOMEトークンへの投資は完了です!

Everdome(エバードーム/EVERDOME)の将来性まとめ

  • Everdomeはハイクオリティで現実世界と間違うほどのリアルなメタバースプロジェクト
  • Dome-estateでの不動産ビジネスによって、利益を得られる
  • スポット取引量が世界2位のOKXに上場を果たした

Everdomeは今後将来性が期待できるメタバースプロジェクトです。

質の高いプロジェクト内容から、今後も参加するユーザー・企業がますます増えていくと予想できます。

Everdomeが盛り上がりを見せれば、DOMEトークン・不動産の価値も上がっていきます。

これからのEverdomeの動向に目が離せません。

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録