究極の心理戦。SquidKingdoms(スクイッドキングダムズSQW)の将来性を考察

仮想通貨

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ/SQW)の今後の将来性を考察!【究極の心理戦】

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ/SQW)は、韓国ドラマに影響を受けた究極の心理戦ゲームです。

ルールもシンプルなので、スリリングな展開が楽しめます。

あなたはSquidKingdomsについて、

  • SquidKingdomsって何?ルールは?
  • SquidKingdomsの将来性はどうなの?
  • SquidKingdomsでどうやって稼ぐの?

と悩んでいませんか?

当記事では、究極の心理戦ゲームであるSquidKingdomsについて、

この記事でわかること

  • SquidKingdomsの概要
  • SquidKingdomsの将来性
  • SquidKingdomsの稼ぎ方

上記の3点を徹底解説いたします。

できる限りわかりやすく解説するので、ぜひ一度読んでみて下さい。

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ/SQW)とは?

SquidKingdomsは、韓国ドラマのイカゲームに影響を受けた心理戦ゲームです。

いつリリースされるのか?運営元は誰なのかも不明で、ゲーム内容のみ判明しています。

ゲームの内容は、「ゲーム開始から24時間以内にチケットを買い、チケットを買った順番で勝敗が決まる」というものです。

他のNFTゲームと違う点は、ゲームに参加せずNFTを保有するだけでも稼げる点です。

2022年6月時点でリリースされていませんが、Twitterで17万人のフォロワーを獲得しているため期待度の高いゲームといえます。

SQWトークンの概要

SQWトークンの概要

SquidKingdomsでは、独自トークンのSQWを発行予定です。

現時点で、判明しているSQWの詳細を下記にまとめました。

ティッカーシンボル SQW
採用ブロックチェーン BSC(バイナンススマートチェーン)
総発行枚数 45,600,000,000 SQW
購入可能取引所 なし

2022年6月時点で、上場していないのでSQWトークンの購入はできません。

用途も不明ですが、ゲームの賞金として授与されるので上場後の値段によっては期待できるといえます。

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ/SQW)の特徴は?

SquidKingdomsの特徴を解説いたします。

  • 韓国ドラマに影響をうけたゲーム
  • 先行者にも後発組にも平等なゲーム
  • NFTを保有するだけでも稼げる

それぞれ、解説いたします。

韓国ドラマのイカゲームに影響をうけたゲーム

韓国ドラマに影響をうけたゲーム

出典:Netflix 公式サイト

SquidKingdomsは、韓国ドラマに影響を受けたゲームです。

2021年9月にNetflixで放映された「イカゲーム」をモチーフとしており、公式サイトのキャラクターはまさにイカゲームのキャラクターそのものです。

公式サイトで見られるスクリーンショットは、ドラマの中の印象的なシーンを再現していて(綱引きのシーン)ゲームの緊迫感を演出しています。

配信開始から、わずか4週間で全世界1億4,200万世帯が視聴し、視聴回数はNetflixで歴代1位を記録しています。

なお、イカゲームは2ndシーズンの制作も決定しているので、原作の人気とともにSquidKingdomsも人気がでるかもしれません。

先行者にも後発組にも平等なゲーム

SquidKingdomsは、先行者にも後発組にも平等なゲームです。

どちらにもチャンスがある一方で、リスクもあるからです。

たとえば、先行者には、以下のリスクがあります。

  • ゲームの開始時期が不明
  • 先行者としてカウントされる人数が参加者の数によって決められる
  • 参加人数によっては、早期購入による賞金がチケット代よりも下がる可能性がある

対して、後発組には以下のリスクがあります。

  • チケット代が、先行者よりも高い
  • チケットが買われるごとにゲーム時間が伸びるので、ギリギリでも油断できない
  • 2~5位だと、チケット代よりも低い賞金の可能性がある

したがって、どちらにもリスクがあるという意味では平等なゲームといえます。

NFTを保有するだけでも稼げる

SquidKingdomsは、NFTを保有するだけでも稼げます。

保有しているNFTのランクや枚数に応じて、SQWトークンをマイニングできるのが理由です。

また、LEGENDARYランクのNFTを保有するだけで、チケット売上の20%が分配されます。

ゲームの参加者が多いと予測できたら、NFTを保有して稼ぐという選択肢がとれます。

しかし、マイニングで稼いだSQWトークンは1週間毎に開放されるので、すぐに全額売れるわけではない点に注意しましょう。

なお、NFTマイニングは2022年6月20日に開始予定です。

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ/SQW)のゲームの詳細(ルール)は?

SquidKingdomsのルールを以下の視点から解説します。

  • ルールは24時間以内にチケットを買うだけ
  • ゲームの勝者は早期購入者と最後の5人
  • チケット売上の分配
  • NFTの出現確率

それぞれ解説いたします。

ルールは24時間以内にチケットを買うだけ

SquidKingdomsのルールは、ゲーム開始から24時間以内にチケットを買うだけです。

チケットの値段は45,6BUSD(2022年6月時点で約6,000円)です。

1枚売れるたびに値段が0.1%ずつ上がり、ゲーム時間が30秒延長します。

もしチケットが100枚売れたら、値段が10%高くなり開始時間も50分延長されます。

24時間以内にチケットを買うだけなので、ルールは比較的シンプルです。

ゲームの勝者は早期購入者と最後の5人

SquidKingdomsの勝者は、早期購入者と最後の5人です。

勝者への分配内容を、以下にまとめました。

  • 早期購入者:チケット売上の30%
  • 最後の5人:チケット売上の35%(Jackpot pool)のうち70%(Winner Bonus)

さらに、最後の5人で以下のように分配されます。

  • 最後の1人:Winner Bonusの60%
  • 残り4人:Winner Bonusを10%ずつ

分配をみる限り、早期購入者にも後発組にもチャンスがあります。

チケット売上の分配

チケット売上の分配

SquidKingdomsのチケット売上の分配は、

  • 35%:Jackpot pool(ゲーム参加者への賞金)
  • 30%:Player Reward(早期購入者への賞金)
  • 20%:NFT Holder(LegendaryNFT所有者への分配)
  • 15%:Buy Back Tokens(SQWトークンの買い戻し)

となっています。

Buy Back Tokensは、SQWトークンを買い戻すことで価値が上がり続ける(デフレ)を促すためのものです。

NFTの出現確率

SquidKingdomsでは、公式サイトでNFTを購入できます。

購入できるNFTは、1枚0.05BNB(2022年6月時点で約1,750円)のStandardPackageと、1回5BNB(約17万円)のPremiumPackageの2種類です。

StandardPackageは、10~100枚の間で購入可能で購入枚数に応じて割引があります。

PremiumPackageは、100枚固定ですがEpicランクのNFTが必ず入っています。

NFTの出現確率は、

  • COMMON:44.8%
  • UNCOMMON:28.6%
  • RARE:16.0%
  • SUPERRARE:9.6%
  • EPIC:1%
  • LEGENDARY:0%

です。

LEGENDARYは、購入できず特定のNFTを組み合わせて制作できます。

NFTの出現確率

たとえば、上記画像のLEGENDARY NFTを作成するためには、以下のNFTが必要です。

  • UNCOMMON:1枚
  • RARE:2枚
  • EPIC:1枚

NFTの出現確率2

また、上記LEGENDARY NFTであれば、以下のNFTが必要です。

  • COMMON:2枚
  • UNCOMMON:2枚
  • RARE:1枚
  • EPIC:1枚

LEGENDARYランクのNFTは、保有するだけでSQWトークンが稼げるので、NFTを購入してLEGENDARYを作るのがおすすめです。

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ/SQW)の今後の将来性は?

SquidKingdomsの将来性について

  • 提携企業とのパートナーシップ
  • 理想的なトークノミクス
  • 詳細なロードマップ

の上記3点を詳しく解説いたします。

提携企業とのパートナーシップ

提携企業とのパートナーシップ

SquidKingdomsには、すでに多くの提携企業があります。

有名なのは、下記の3社です。

  • PancakeSwap
  • CoinMarketCap
  • Metamask

また、DeFiを使っているウォレットを一括管理できる「Debank」や、NFTマーケットプレイスの「genie」とも提携しています。

そして、SquidKingdomsのキャラクターは、ブロックでおなじみの「LEGO」がモチーフです。

SquidKingdomsの運営陣は謎に包まれていますが、上記のような提携企業は、信頼性を担保する材料といえます。

理想的なトークノミクス

SquidKingdomsのトークノミクスは理想的です。

SQWトークンの配分は、以下の通りです。

  • Play To Earn:34%
  • Ecosystem Fund:30%
  • Marketing:15%
  • Advisors:6%
  • Core Team:5%
  • Public Sale:5%
  • Private Sale:4%
  • Airdrop:1%

プレイヤーへの分配(Play To Earn)が34%で、運営側(AdvisorsとCore team)の配分は11%となっています。

運営側の配分が多いと、プレイヤーが投資した資金を持ち逃げ(ラグプル)したり、トークン上場後に運営側に全て投げ売りされ価格が下がったりするリスクがあります。

たとえば、アメリカでは「Frosties」とよばれるNFTプロジェクトで、NFTの売上金を持ち逃げし逮捕された事例がありました。

しかし、SquidKingdomsでは運営側の持ち分が少ないため、仮に上場後に投げ売りされても被害は少ないとされています。

運営側の持ち分の少ないトークノミクスを公開している点から見て、将来性は期待できるといえます。

明確なロードマップ

明確なロードマップ

SquidKingdomsの全貌はまだ解明されていませんが、ロードマップは明確です。

ゲームの性質上、開催時期が推測されると困るので具体的な日程や時期は公開されていません。

Twitterでは、2022年6月20日にNFTマイニングが始まると告知しているので、PHASE2の「NFT MINING LAUNCH」は実行されます。

今後、PHASE3ではゲームのシーズン2が予定されており、PHASE4ではギルド機能も実装予定なので、今後の展開にも注目です。

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ/SQW)のゲームでの稼ぎ方

SquidKingdomsの稼ぎ方について解説いたします。

  • チケットを購入しゲームに参加する
  • NFTステーキングでマイニングする
  • NFTをマーケットプレイスで売る
  • 友達にゲームを紹介する

それぞれ解説いたします。

チケットを購入しゲームに参加する

SquidKingdomsでは、チケット購入によるゲーム参加が最も一般的な稼ぎ方です。

ゲーム内での早期購入者には、チケット売上の30%が振り分けられます。

そして、チケットを買った最後の5人でチケット売上の35%を振り分けます。

ルール上、先行者にも後発組にもチャンスのある仕組みです。

NFTでマイニングする

SquidKingdomsでは、購入したNFTでマイニングして稼げます。

NFTのレアリティごとに、マイニングするパワーが決まっています。

  • COMMON:1
  • UNCOMMON:3
  • RARE:10
  • SUPERRARE:32
  • EPIC:586
  • LEGENDARY:602~

LEGENDARYが602〜となっているのは、LEGENDARYごとに必要なNFTの数とレアリティが違うのが理由です。

マイニングしたSQWトークンは、すぐに全額売れるわけではなく、1週目は3%分が売却でき、2週目以降は2%ずつ売却できます。

つまり、1年後に全て売却できる仕組みとなっています。

NFTをマーケットプレイスで売る

SquidKingdomsのNFTはマーケットプレイスで売却できます。

売却方法は、以下の通りです。

  1. 公式サイトから「MY NFT」→「OPENED」の順にクリック
  2. 出品したいNFTをクリック
  3. 「Sell」をクリック
  4. 価格設定をし、「Sell」をクリック
  5. Metamaskが開くので、確認をクリック

参加人数が少ないと予想できたら、あえてEPICやLEGENDARYを売却するのも1つの手かもしれません。

ゲームに友達を招待する

ゲームに友達を招待する

SquidKingdomsには、招待制度もあります。

招待制度を使うには、最低10体のNFTを保有するのが条件です。

発行した招待リンクから、NFTが購入されると成果報酬として購入金額の10%分のSQWトークンが稼げます。

成果報酬は、ゲームへの参加やNFTマイニングの報酬とは別で稼げるので、招待制度も積極的に活用したい稼ぎ方です。

SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ/SQW)のまとめ

以上、SquidKingdomsの将来性について解説しました。

記事要約

  • SquidKingdoms(スクイッドキングダムズ/SQW)は、韓国ドラマに影響を受けた究極の心理戦ゲーム
  • 先行者にも後発組にもチャンスがあり、平等性を保っている
  • ゲームに参加せずに、NFTホルダーとして静観したりマイニングで稼ぐこともできる

原作の「イカゲーム」は、2ndシーズンの制作も決まっているので、2ndシーズンの開始にあわせてゲームがはじまるかもしれません。

ぜひ、SquidKingdomのTwitterやDiscordをフォローしてゲームの開始を待ってみてください。

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録