Shiba Inu Classic(柴犬クラシックSHIBIC)とは?今後の将来性を徹底調査

仮想通貨

Shiba Inu Classic(柴犬クラシック/SHIBIC)とは?今後の将来性を徹底調査

Shiba Inu Classic(柴犬クラシック/SHIBIC)を知っていますか?

今人気のSHIBA INUコインのネーミングをまねたミームコインです。

用語解説:「ミームコインとは?」とは

仮想通貨のなかでのネタコインといわれるものです。ジョーク的に作られたコインですが、昨今ではその価値を上昇させているものも登場していることから見過ごすことができないコインとなっています。

今回解説するShiba Inu Classicは、

  • TENSETのゴールドスポンサーとして抜擢され契約を締結した
  • IEOでは日本円で約1.1億円分のSHIBICトークンが4秒で売り切れとなった

このような理由で今話題になっています。

 

そこで今回の記事では、Shiba Inu Classic(柴犬クラシック/SHIBIC)の特徴や将来性について

徹底的に調査していきます。

 

この記事を読むことで

  • Shiba Inu Classic(柴犬クラシック/SHIBIC)とは何?
  • 今後の将来性ってどうなの?詐欺コインではない?

という疑問が解決します。

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


Shiba Inu Classic(柴犬 クラシック/SHIBIC)とは

 

Shiba Inu Classicは

通貨名 Shiba Inu Classic
通貨単位 SHIBIC

 

今人気のSHIBA INUコインやDOGEコインをまねて作られたコインです。

これらはいわゆるミームコイン(ネタコイン)と呼ばれており、、犬のキャラクターなどを利用して人気を集めています。

Shiba Inu Classicも親近感のある犬のキャラクターをモチーフにしつつ、キャラクターの人気にあやかってコミュニティを拡大させていこうと狙っています。

ミームコインはSHIBAコインをはじめ、1コインの価格がとても低く、購入する人にとっては少ない金額でたくさんの枚数のコインを保有できるので人気化しやすい傾向もあります。

また、Shiba Inu Classicは、DeFi(Decentralized Finance 分散型金融)エコシステム上でトークンを使ってもらえるようなシステムを構築・提供することを目的としています。

具体的には、

  • DeFiエコシステムの中でDEX(分散型取引所)のように仮想通貨のスワップ取引を行う
  • ウォレットの機能を持たせ、いわゆるWechat / Paytmのようなアプリ上ですべてが完結するようなアプリ(Super DAPP)開発

などを進めています。

また、Shiba Inu Classicはコミュニティ(トークンホルダー)主導のコミュニティです。

ユーザーの意見を運営方針に反映して、ユーザによる意思決定でプロジェクトを行うことを優先しているのです。

 

SHIBICトークンとは

SHIBICトークンとはShiba Inu Classicが発行するトークンです。

バーン(焼却)の仕組みを採用しておりトークンのを焼却を行うことで供給量を減らしトークンの価値を高める狙いがあります。

Shiba Inu Classicはトランザクション手数料6%のうち2%がバーンに当てられることになっており、継続的に供給量が減っていきます。

またこれまでに発行されたすべてのSHIBICトークンのうち90%はバーンされる予定ですので将来的にトークンの価値が上昇することが期待できます。

 

Shiba Inu Classic(柴犬クラシック/SHIBIC)の特徴

 

Shiba Inu Classic(柴犬クラシック/SHIBIC)の特徴は一体なんでしょうか。

端的に言えばコミュニティによる意思決定を最優先しているということ、コミュニティへの利益還元を重視しているという点です。

Shiba Inu Classicがスローガンとして掲げているように「コミュニティのために、コミュニティとともに、そしてコミュニティに還元するために構築」されたコインといえます。

その具体的な仕組みを解説します。

 

SHIBICはホルダーに有利な設計

Shiba Inu Classicでは取引ごとにトランザクション手数料が6%かかります。

そのうち、トランザクションの3%のトークンは、トークンホルダー間で再配布されます。

トランザクション手数料が6%かかると聞くと高い印象がありますが、他のコインのトランザクション手数料では20%以上という場合もある中で、比較的低い水準です。

トークンを保有するホルダーは持っているだけでトークンの希少性が高まるということです。

 

慈善団体への寄付を実施

すべてのトランザクションの1%は、コミュニティが投票で決定する慈善団体に送られます

これもミームコインでは珍しく社会貢献活動への取り組みです。

毎⽉行われるコミュニティでの投票結果により意思決定が⾏われることから、運営側の「すべてのアクションはコミュニティ主導であるべきだ」という考えがここにも現れています。

 

Shiba Inu Classicはトランザクション手数料(ガス代)が安い

Shiba Inu Classicは、DeFiエコシステム上でトークンを使ってもらえるような

「Super Dapp(ブロックチェーン上のアプリケーション)」を構築する予定です。

DeFiエコシステムを使用するメリットは以下の通りです。

  • 取引にかかる時間が少ない
  • インターネットがあれば、口座開設に審査がないので世界中どこからでも参入しやすい
  • 誰でも取引の閲覧・検証が可能で透明性が高い

Super Dappという独自の仕組みにより、トランザクション手数料(ガス代)を可能な限り安くすることができます。

 

SHIBICはBSC(バイナンススマートチェーン)を採用

Shiba Inu ClassicはBSC(バイナンススマートチェーン)を採用しています。

バイナンススマートチェーンとは世界最大の仮想通貨取引所バイナンスが開発したブロックチェーンで、ガス代がも低く抑えられることが特徴です。多くのDeFiプロジェクトがこのBSC上で構築されており、Shiba Inu Classicも同様です。

 

 

Shiba Inu Classic(柴犬クラシック/SHIBIC)の今後の将来性

Shiba Inu Classicの今後の将来性については、着実にプロジェクトが進行している様子が見られることから希望が持てます

 

2021年11月22日にKanga ExchangeでIEOを実施

Shiba Inu Classic(柴犬クラシック/SHIBIC)は2021年11月22日にKangaExchangeのIEOを果たしました。

IEOでは日本円で約1.1億円分のSHIBICトークンが4秒で売り切れとなったことで話題になっています。

また、最大投資額が5000USDT(約55万円)と少額で、個人投資家によるコミュニティを作りやすい条件となっています。

そのため大口投資家による売り逃げによるコイン価格の暴落などは起こりにくいシステムであり、将来的に価格が安定する設計だと言えます。

 

TENSETのゴールドスポンサー契約を締結

Shiba Inu ClassicはTENSETのInfinityプラットフォームのゴールドスポンサーとして抜擢され、1兆のSHIBICトークンをTENSETのプールに提供しました。


TENSETによりプロジェクトの内容に価値を見出されてゴールドスポンサーに抜擢されているということから、Shiba Inu Classicがただのミームコインではなく信頼できるコインであると認められたことになります。

TENSETでもトークンが取引されると流通量も増えるため、コインとしての価値も将来的に上昇する可能性があります。

 

ブロックチェーン監査企業CertiKと提携済み

世界最先端のブロックチェーンのサイバセキュリティであるCertiKとの提携がされているShiba Inu Classic(柴犬クラシック/SHIBIC)。セキュリティ面で高い安全性ステータスを掲げています。

このように最先端のセキュリティで資産は安全に守られていると言え、Shiba Inu Classic(柴犬クラシック/SHIBIC)の将来性において安全面も期待できます。

 

2022年3月に世界的な取引所に上場予定

Shiba Inu ClassicはCEX(中央集権金融取引所)であるカンガエクスチェンジでのIEOが実施されました。

今後2022年3月には、世界的に上位にあるCEXへの上場を果たし、いわゆる国際通貨(ドルやユーロ)として引き出せるようにするという目標を掲げています。

堅実にロードマップに沿ってこれまでのプロジェクトを進行させているShiba Inu Classicですので、実現させれば取引量も増え、ホルダーへの報酬も増えることが見込めます。

 

Shiba Inu Classic(柴犬クラシック/SHIBIC)まとめ

 

結論から言えば、Shiba Inu Classicが発行するSHIBICトークンの将来は明るいといえます。

その4つの理由をまとめました。

①SHIBA系のミームコインは価格も上昇しやすい

認知度・人気ともにあるミームトークンの恩恵を受けて、SHIBICトークンも可能性はあると考えられます。

 

②Shiba Inu Classicによるコミュニティ活動とマーケティング活動

現在、Shiba Inu Classicの公式アカウントの状況です。

  • テレグラム公式  メンバー24 995メンバー、1871オンライン
  • 公式twitterのフォロワー51046人(2022年12月現在)

情報発信頻度、公式サイトの情報更新頻度も高く運営側の活動も活発な様子がうかがえるのは明るい材料です。

 

③Super Dapp

Shiba Inu Classicのプロジェクトの最終的な目的は「Super Dapp」と言われる、コミュニティが必要とするすべてのサービスを1つのアプリに統合することに成功したWechat / Paytmようなアプリ開発です。

このプロジェクトが堅実に実行されていくかについても見守っていく必要がありますが成功すればトークンの流動性・価値が高まります。

 

④運営者の顔が見える

Shiba Inu Classicのプロジェクトメンバーが、顔写真やLinkedInを掲載しそれぞれの経験やスキルを公開しています。

また、Youtube上ではAMA(Ask Me Anything)というコンテンツでShiba Inu Classicに関する質問に回答して情報をコンスタントに発信しています。

顔を出さない運営会社もある中で、安心材料の一つだと言えます。

 

⑤運営側の保有するトークンが10%程度と低い割合

信頼性の低いコインの運営会社であれば50%も保有している場合がありますが、Shiba Inu Classicは10%程度です。

運営側が売り逃げてしまう可能性が極めて低い点も安心材料の一つです

 

今後のShiba Inu Classicのプロジェクトの進行も注視する必要がありますが、楽しみなコインです。

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録