Avalanche

仮想通貨

Avalanche(アバランチ/AVAX)とは?特徴と今後の将来性を徹底解説!

Avalanche(アバランチ/AVAX)とは、DeFi環境やDApps、NFTなどを開発できる非常に高性能で将来性が期待されているブロックチェーンです。

とはいえ、以下のような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

  • Avalancheって何?
  • Avalancheの特徴は?
  • Avalancheの将来性は?

そこでこの記事では、将来的にイーサリアムにとって代わる可能性から「イーサリアムキラー」として期待されているAvalancheについて以下ポイントを徹底解説します。

  • 第二のイーサリアムとして期待されるその特徴
  • これまでに達成してきた多数の実績
  • 投資先として高いポテンシャルを持つ理由

Avalancheを知ったばかりの方でも、その将来性を分かりやすく解説していきますので、新しい有望な投資先の候補としてぜひ参考にしてみてください。

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


Avalanche(アバランチ/AVAX)とは?

Avalanche(アバランチAVAX)とは?

出典:Avalanche

Avalanche(アバランチ/AVAX)とは、イーサリアムが抱える問題を解決するために開発された高性能なブロックチェーンです。

イーサリアムが抱える問題とは以下のとおり。

  • トランザクション処理(送金処理などの)遅延
  • ネットワーク手数料(ガス代)の高騰

イーサリアムはOpenSeaやUniswapなどの人気ブロックチェーンプロジェクトを担っています。

しかし、ネットワーク手数料(ガス代)が数10ドル~数100ドルと高額であり、処理速度が遅いのことが難点です。

一方、Avalancheはイーサリアムが抱えるこれらの課題を解決しており「イーサリアムキラー」と呼ばれています。

以下Avalancheの基本情報です。

通貨名 Avalanche(アバランチ)
ティッカーシンボル AVAX
公式サイト https://www.avax.network/
ローンチ 2020年9月
通貨価格 3,089.75円(2022年6月10日現在)
時価総額ランキング 15位(2022年6月10日現在)
トークン総供給量 720,000,000AVAX
購入可能取引所 ・Bybit
・Binance
・Huobi
・OKEx

Avalanche(アバランチ/AVAX)の特徴は?

Avalanche(アバランチ/AVAX)の特徴は?

出典:Avalanche

Avalanche(アバランチ/AVAX)の特徴は以下のとおりです。

  • Avalancheはスケーラビリティ問題を克服済み
  • AvalancheはNFT(ノンファンジブルトークン)を作成できる
  • イーサリアムと高い互換性がある

それぞれ解説していきます。

Avalancheはスケーラビリティ問題を克服済み

Avalanche(アバランチ/AVAX)は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)が解決できていないスケーラビリティ問題を克服しています。

スケーラビリティ問題

そのブロックチェーンでの取引量が増えることで、送金などの処理が追い付かずに処理遅延とガス代の高騰を招いてしまうこと

BTCやETHでスケーラビリティ問題が起きてしまうのは、その仮想通貨ネットワークに接続しているコンピュータ端末ひとつひとつである「ノード」ですべてのデータを保有していることが原因です。

BTCやETHでトランザクションが行われる際、すべてのノードで承認作業を行うことでデータが改ざんされることを防いでいます。

その際すべてのノードにデータを行き渡らせ、トランザクションに不正が無いかをチェックする必要があるために処理遅延を引き起こします。

Avalancheでは、トランザクションの承認を一部ノードにのみ限定させる「アバランチ・コンセンサス」の仕組みによって、処理を分散させ効率化することで高速処理を実現しているのです。

具体的にどのくらい早いのかを表しているが以下の表です。

仮想通貨 TPS ガス代(ドル)
BTC(ビットコイン) 7 約15〜20
ETH(イーサリアム) 14 約20〜35
AVAX(アバランチ) 4,500 0.03

TPS(Transactions Per Second)

「1秒あたりいくつのトランザクションを実行できるか」を表す単位

たとえば、ETHであれば1秒間に14つのトランザクションを実行します。

一方Avalancheは1秒間に4,500つのトランザクションを実行し、この数字はVISAカードシステムの決済処理速度に匹敵します。

つまり、AvalancheはETHのおおよそ1000分の1の手数料、300倍以上の速さで取引ができるのです。

以上のとおり、AvalancheはBTCやETHが解決できていないスケーラビリティ問題を克服し、高速処理と低価格のガス代を実現しています。

AvalancheはNFT(ノンファンジブルトークン)を作成できる

Avalanche(アバランチ/AVAX)では、プログラミングなどの難しい知識がなくても簡単にNFT(ノンファンジブルトークン)を作成できます。

Avalancheプラットフォーム内にNFT Studioと呼ばれるNFTを作成できる仕組みがあります。

NFT Studioと専用ウォレットであるAvalanche Walletを接続することでNFTが発行可能です。

NFTの発行手数料は0.01AVAXのため気軽に作成でき、Avalanche Walletから別のウォレットやほかのNFTマーケットプレイスへ送ることもできます。

Avalanche Wallet開設後であれば、すぐにNFT StudioでNFT作成にチャレンジできます。

イーサリアムと高い互換性がある

Avalanche(アバランチ/AVAX)は、EVM(イーサリアム仮想マシン)が実装されているためイーサリアムとの高い互換性を備えています。

また、イーサリアムブロックチェーン上で利用されているプログラミング言語「Solidity」に対応しています。

EVM(Ethereum Virtual Machine)

開発者が「Solidity」でコーディング → 「EVM」は機械が理解できる言葉に翻訳 → 機械が動く

Avalancheとイーサリアムの互換性が高いため、イーサリアムユーザーがよく利用するMetaMaskやイーサリアム基盤のNFTゲームなどのDappsがAvalanche上でも使えます。

アルトコインの中で不動の首位であるイーサリアムの座を狙っている仮想通貨は多くあり、それらの仮想通貨と同様スケーラビリティ問題を解決していることは共通しています。

スケーラビリティ問題の解決に加えて、イーサリアムとの互換性も併せ持っていることがAvalancheの大きな特徴のひとつです。

Avalanche(アバランチ/AVAX)の今後の将来性は?

Avalanche(アバランチ/AVAX)の今後の将来性については以下のとおりです。

  • DAO、NFT、DeFi系プロジェクトとの統合が好材料に
  • DeFi市場での普及が進んでいる
  • Avalancheの開発チームが超優秀
  • 定期的にバーン(焼却)を実施するデフレトークン
  • 約250億円の資金調達に成功している

それぞれ解説していきます。

DAO、NFT、DeFi系プロジェクトとの統合が好材料に

Avalanche(アバランチ/AVAX)はDAO(分散型自律組織)やNFT(非代替性トークン)、DeFi(分散型金融)系の多くのプロジェクトが参加しています。

DAO、NFT、DeFi系プロジェクトとの統合が好材料に

出典:AVALANCHE

2022年6月現在、上記のような知名度の高いSushiSwapやAaveなど計203プロジェクトと連携済みです。

今後の連携強化や新規提携も見込まれており、好材料として市場評価が上がりAVAX価格の上昇も期待できます。

Avalanche Rushが発表され、トークン価格が上昇

Avalanche(アバランチ/AVAX)は、2021年8月に「Avalanche Rush」を発表しトークン価格が高騰しました。

Avalanche Rushが発表され、トークン価格が上昇

出典:CoinMarketCap

Avalanche Rush

  • ステーキングのひとつであり、DeFi経由で仮想通貨を預けて流動性を提供することで利息がもらえるインセンティブプログラム
  • 主な目的のひとつは、互換性があるイーサリアム基盤のDeFiプロジェクトの呼び込み

「Avalanche Rush」には、大手レンディングプラットフォーム「Aave」やステーブルコインDEXの「Curve」、さらにSushiSwapやBENQIなどが参加を表明。

AVAXのDeFi運用額は20億ドル(約2,100億円)を突破し、価格は2022年8月からひと月あまりで1,000円台から6,000円台まで急騰しました。

今後もイーサリアム基盤のプロジェクトのAvalancheへの参加によりAVAXの価格の上昇が期待できます。

DeFi市場での普及が進んでいる

Avalanche(アバランチ/AVAX)は、DeFi市場での普及が進んでいるプロジェクトです。

Defi市場

DeFiは分散型金融のことで、取引所や銀行などの中央集権的な管理者が存在しない市場のこと

イーサリアムとの互換性もあるため、Avalancheのエコシステムを利用して、すでにさまざまなDeFiプロジェクトと連携しています。

イーサリアム基盤のDeFiアプリケーションであるAAVEやCurveなどはAvalancheでも展開しています。

このようにAvalanche(avax/アバランチ)はDiFi市場の成長をサポートし、誰もが簡単に金融サービスを利用できる未来へ貢献しているのです。

Avalancheの開発チームが超優秀

Avalanche(アバランチ/AVAX)を開発するチームは誰もが知る世界でも有名な大企業から構成されています。

以下は開発チーム一覧です。

Avalancheの開発チームが超優秀

出典:Abalabs

Avalanche(アバランチ/AVAX)は、Ava Labsと呼ばれるチームによって開発が進められています。

上記の画像にもあるとおり、Ava LabsはGoogleやMicrosoftなど世界的有名IT企業が参加しています。

さらにNASAやアメリカ超大手の金融機関モルガン・スタンレーなど約500人の優秀なメンバーから構成されていることからも、Avalancheの将来性の高さがうかがえるでしょう。

定期的にバーン(焼却)を実施するデフレトークン

Avalanche(アバランチ/AVAX)は、バーン(焼却)の仕組みを取り入れているデフレトークンです。

バーン(焼却)

発行済みトークンの一部を意図的に焼却(消滅)させて市場供給量を減らすこと

Avalancheでは、トランザクション時のネットワーク手数料がAVAXで支払われ、そこで使われたAVAXがバーンされます。

バーンによって市場に出回っているAVAXの総供給量が減少し、必然的に残ったAVAXの希少性が高まることでトークン価格の上昇に繋がります。

こういった特徴を持つ仮想通貨は「デフレトークン」と呼ばれ、トークン保有者はさらなる値上がりを期待できるのです。

約250億円の資金調達に成功している

Avalanche(アバランチ/AVAX)はプライベートトークンセールによって2021年9月に約250億円の資金調達に成功しました。

トークンセール

  • 独自トークンを用いた資金調達のための施策で、参加者にはプロジェクト初期段階の割安なトークン価格で投資できるメリットがある
  • ベンチャーキャピタルを対象としたプライベートセールや、プロジェクト内コミュニティなど一定条件を満たすユーザーが対象のパブリックセールがある

トークンセールへ参加を表明したのは大手ベンチャーキャピタルで、シンガポール大手のThree Arrows CapitalやアメリカのPolychain、Dragonflyなどがあげられます。

ここまで大手のベンチャーキャピタルが表明するのは、イーサリアムと高い互換性を持つ高性能なAvalancheへの期待の表れです。

さらに、Avalanche開発チーム「Abalabs」のCEOは250億円の資金をAvalancheのさらなる成長への開発に充てるとはっきり表明しています。

このような資金調達力や開発力が今後の価格上昇が期待できる要因のひとつとなっています。

Avalanche(アバランチ/AVAX)のまとめ

Avalanche(アバランチ/AVAX)が持つ特徴と高い将来性について解説しました。

Avalancheは、イーサリアムとの互換性があり「イーサリアムキラー」として高い将来性が期待されているブロックチェーンです。

記事要約

  • Avalancheは、非常に高性能な「アバランチ・コンセンサス」の仕組みにより、イーサリアムの約1000分の1の手数料300倍以上の速さで取引ができる
  • 世界的に有名な企業のメンバーから構成されるチーム「Ava Labs」で開発が進められ、多くの大手ベンチャーキャピタルも多額の資金を投入している
  • AVAXはデフレトークンの特徴を持つ独自トークンであり、定期的なバーンによって価格の安定と高騰が期待できる

2022年6月現在、AVAXの価格は仮想通貨市場全体の下落の影響を受けて、最高値の15,000円台から3,000円台にまで下落しています。

現在は横ばいで底とも見える動きを見せているため、Avalancheに高い将来性を感じた方は、新たな投資先として初めてみるにはよいタイミングかもしれません。

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録