SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)

仮想通貨

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL)はWeb3.0時代のブログ革命!SACトークンの見通しは?

  • SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)っていったいどんなプロジェクト?
  • 今までのブログ作成と何がちがうの?
  • SACトークンは期待できる銘柄なの?

以上のような疑問にお応えします。

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)は、WebサイトやNFTプラットフォームを制作できるWEB3.0特化型プラットフォームです。

WEB2.0のような中央集権的な仕組みではなく、制作者やクリエイター個人が稼げる仕組みが実装されています。

本記事でわかること

  • サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)はウェブサイトを制作して稼げる
  • サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)は完全に分散化されたプラットフォーム
  • SACトークンはWEB3.0関連銘柄であり今後の将来性が期待できる

本記事を読むことで、トレンドワードになっているWEB3.0への理解も得ながらSEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル/SACトークン)の仕組みがわかります。

難しい言葉が飛び交いますが、WEB3.0に詳しくない方にもわかりやすく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

また、本記事はこちらの「SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)完全解説サイト」を参考に執筆しています。より詳細な情報も掲載されているのでぜひ合わせてご覧ください。

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)とは

 

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)は、WEB3.0特化型のWebサイトを制作できる全く新しいマルチプラットフォームです。

WEB3.0とは、ブロックチェーンによってユーザー主体を目指した非中央集権型ネットワークをいいます。

高いスケーリング性能をもつAvalanche上に構築されており、数多くの企業から注目を集めています。

またサーチプロトコルは、WordPressなど従来のプラットフォームのような難しいコードを使用せずWebサイトやブログを作成できます。

そのほか、サーチプロトコルで制作できるメディア・コンテンツはこちら
・トークン配布
・IDOプラットフォーム
・NFTマーケットプレイス
・独自コントラクトでのNFT発行

また、サーチプロトコルは作って稼げる「Creative to Earn」の仕組みを採用していることも大きなポイントです。

Webサイトを簡単に作りながら仮想通貨を稼げるサーチプロトコルは、今後の新しいサイト制作の常識となる可能性を十分に秘めています。

SACトークンとは

SACトークンとは、サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL)内で流通する重要な役割を担う仮想通貨です。

SACトークンの利用シーンは以下のとおり。

  • サーチプロトコルの月額代金の支払い
  • NFTプラットフォームでの決済手段
  • 広告プラットフォームでの決済手段
  • Webサイト売買時の決済手段
  • 運営会社の株式へ転換

サーチプロトコルの月額課金の支払いは、クレジットカードやpaypalでも可能ですが、SACトークンでおこなえば5%割引が適応されます。

また2022年3月22日からSACトークンのプレセール販売がおこなわれるため多くの投資家から注目を集めています。

 

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)の特徴

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)の特徴について解説していきます。

内容は以下のとおり。

  • ノーコードでwebサイトをつくれる
  • 分散化されたストレージ
  • 本人認証システム
  • デリゲーター運営

1つずつわかりやすく解説していきます。

 

サーチプロトコルの特徴①ノーコードでwebサイトをつくれる

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)は、ノーコードでWebサイトをつくれるプラットフォームです。

プログラミング用語のような難しい知識を必要とせず、直観的な操作でWebサイトを制作できます。

また、Webサイトをつくることで稼げる仕組み「Creative to Earn」を採用しています。

分散型取引所やPlay to Earnゲームのように、制作したWebサイトにウォレットが繋がれることで、SACトークンによる報酬が発生します。

さらに、制作したWebサイトはNFTとして扱われるため、NFTマーケットで販売したり投資することができます。

株式投資のようにWebサイトへ投資することで、収益の一部を獲得することができるため、制作者・投資家双方にとってメリットがある仕組みです。

ノーコードで簡単につくれるからこそ、幅広いユーザー流入が見込まれSACトークンの需要も高まってくるでしょう。

 

サーチプロトコルの特徴②分散化されたストレージ

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)で作成されたWebサイトやブログデータは、分散型ストレージで保管されます。

分散型ストレージとは、ブロックチェーンによって非中央集権的に管理された保存方法です。

中央集権的に保存されたデータではないため、サーバーの不測自体によるデータ削除や不正アクセスの心配がありません。

既存の分散型ストレージプロジェクト「Filecoin」は、時価総額は4120億円と需要の高さを明確なものとしてくれています。

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)は、ブログ制作からデータ保存までを1つのプラットフォームで完遂するため、より高くユーザーの要望を満たしてくれるでしょう。

 

サーチプロトコルの特徴③本人認証システム

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)は、安全かつ簡単に本人認証ができる「KYC(Know Your Customer)」認証を採用しています。

ログイン作業には、仮想通貨ウォレットを使用し、接続するだけでサービスを利用できる仕組み「シングルサインオン」を採用しています。

これにより、ユーザーが余計な個人情報を提供することなく、少ないステップでサーチプロトコルのサービスを利用できます。

また、ウォレットを接続することでサイトオーナーの資産を証明できたり、NFTがブログ閲覧条件、つまり入場券の役割を持たせることも可能です。

シングルサインオンの仕組みによって、Webサイトの運営により多くの選択肢をもたらしてくれることでしょう。

 

サーチプロトコルの特徴④デリゲーター運営

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)で作られたブログやWebサイトは、デリゲーターと呼ばれる警備員によって守られています。

つまり、公開されているブログに不正が存在しないか管理してくれるため、読者にとって安心かつ信頼性あるメディアを提供できます。

このデリゲーターには、SACトークンによって報酬が支払われるため、世界各地からデリゲーター申請が集まっています。

申請にはSACトークンの保有が必須条件となっているため、需要が高まりSACトークンの値上がりも期待できるのは言うまでもありません。

デリゲーターによってサイトを管理しながらSACトークンの価値も高めているサーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL)の将来性が非常に楽しみです。

 

SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)完全解説サイトはこちら

https://sac-protocol.com/

 

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)の今後の将来性が高い理由

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL)の今後の将来性について解説していきます。

内容は以下のとおり。

  • 話題のWEB3.0銘柄
  • Avalancheで稼働するプラットフォーム

さっそく解説していきます。

サーチプロトコルの将来性①話題のWEB3.0銘柄

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL)で流通するSACトークンは、いま話題のWEB3.0関連銘柄です。

WEB3.0とは、ブロックチェーンによって実現できる分散型のネットワークを指します。

今後、必要不可欠な概念であり、市場規模にも大きな期待ができます。

現在、提供されている有名な分散型サービスと時価総額は以下のとおり。

  • Filecoin:時価総額4120億円
  • Storj:時価総額170億円
  • Civic:210億円

注目してほしいのは、時価総額と提供されているサービスです。

FilecoinとStorjは分散型ストレージプロジェクト、Civicは本人認証系プロジェクトです。

何が言いたいかというと、サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL)は、分散型サービスと本人認証サービスの両方を提供するプラットフォームです。

くわえてWeb制作サービスも提供するため、WEB3.0の概念のもと全てを完結するサービス提供をおこなうのがサーチプロトコルです。

これほど莫大な時価総額を誇る市場でSACトークンが流通すれば、価格高騰も非現実的な話ではありません。

ここまでWEB3.0に特化したプラットフォームは世界を見渡しても存在しておらず、今後の成長への期待度が非常に高いといえます。

 

サーチプロトコルの将来性②Avalancheで稼働するプラットフォーム

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL)は、イーサリアムキラーと呼ばれるAvalanche上で稼働するプラットフォームです。

高いスケーリング性能を特徴としており、デリバティブ取引所の創業者サム・バンクマン・フリード氏が推したチェーンとしても注目されています。

現在、Avalancheで稼働しているプロジェクトは比較的少ないのですが、出資している企業は数多く存在します。

出資企業の一例は以下のとおりです。

  • Andreessen Horowitz(a16z)
  • BITMAIN
  • GALAXY DIGITAL

Andreessen Horowitz(a16z)は、これまでAxie Infinityなど数々の企業に出資してきており、その先見性が評価されています。

Avalancheへの出資にも注目が集まっており、今後も新たな企業が出資へ参入してくる可能性があります。

また、Avalanche上で稼働しているプロジェクトは少数であるため、サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL)へ出資してくる企業が現れることも十分考えられます。

 

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)まとめ

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)と呼ばれるWEB3.0特化型プラットフォームについて本記事では解説しました。

本記事の要約

  • サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)は、Creative to Earnの仕組みを実装した分散型のWebサイト制作プラットフォーム
  • SACトークンは2022年3月22日よりプレセールがおこなわれるWEB3.0関連銘柄
  • WEB3.0の市場は未開拓であり、サーチプロトコルは特化型プラットフォームとして位置する

現在サービス提供されているOpenSeaやshopifyは、一見WEB3.0に特化したプラットフォームのように見えますが、実は該当しません。

安全かつ信頼性が担保できる正真正銘のWEB3.0プラットフォームサーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL/SACトークン)が完成すれば、私たちの暮らしはさらに充実したものになってくるでしょう。

サーチプロトコル(SEARCH PROTOCOL)の今後の展開と新たな情報公開を待ちながら、SACトークンへの投資判断を進めてみることをおすすめします。

また、本記事はこちらの「SACトークン/SEARCH PROTOCOL(サーチプロトコル)完全解説サイト」を参考に執筆しています。より詳細な情報も掲載されているのでぜひ合わせてご覧ください。

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録