【2021年版】sUKHトークンの将来性を徹底調査

仮想通貨

【2021年版】sUKH(sうけい)トークンの将来性を徹底調査

sUKHトークンとは、ShinobiWallet(シノビウォレット)上で配当収入を得ることができる権利トークンです。

ShinobiWalletには、sUKHとbUKHの2つのトークンがあり、少しややこしく感じる方もいるでしょう。

「ShinobiWalletって何なの?」「sUKHとbUKHって何が違うの?」このように疑問を感じてしまいますよね。

ポイント

そこで今回は、sUKHトークンの基本からわかりやすく解説します。ShinobiWalletで最重要とも言えるトークンですので、ぜひこの機会にsUKHを理解しておきましょう。

この記事を最後までご覧いただくことで、ShinobiWalletと密接に結びついたsUKHについて完全に理解できることをお約束します。

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


ShinobiWalletのsUKHトークンとは?

sUKHトークンとは、手数料収入を投資家に還元するDeFi型ウォレット「ShinobiWallet(シノビウォレット)」上で最重要と位置づけられるトークンです。

ShinobiWalletの運営会社「FGRAPH OU」が発行し、KGRトークンで知られる「合同会社safed」が開発をサポートしています。

sUKHを理解するには、以下の3つのプロジェクトおよびトークンを理解しておきましょう。

UKH(うけい)3つのプロダクト

  • ShinobiWallet(シノビウォレット):最先端技術を駆使する日本発のDeFi型ウォレット
  • sUKH:ShinobiWalletの手数料利益の70%を保有枚数に応じて配当として受け取れるトークン
  • bUKH:トークン保有量に対して月利3%のKGRが配当として受け取れるトークン

まだそれぞれの詳細が分からない方も、今はとりあえずこの3つのプロダクトがあることを頭に入れておきましょう。

その詳細は、追って解説していきます。

sUKHの「s」はstock(株式)の意味

sUKHの「s」はstock(株式)、bUKHの「b」はbond(債券)のことを意味しています。

その言葉のとおり、株式や債券のように利回りを得られるトークンとなっています。

この2つのトークンは常に対になっており、両方のトークンをあわせて発行上限枚数5億枚に設定されています。

sUKHトークンは「潤沢な配当金」と「Burn」が特徴

sUKHトークンの最大の特徴は、ShinobiWallet事業の利益の70%をETHの配当として受け取る権利が得られることです。

メモ

ShinobiWalletはトークンホルダーが権利を持つDeFi型のウォレットですので、sUKHを持っていると株主のようなイメージで配当収入を得られるのです。

それ以外にもBurnによるキャピタルゲインも期待できます。

それぞれ、どのようなことか詳しくみていきましょう。

sUKHトークンは月利15%(予想)の潤沢な配当金が得られる

sUKHを保有していると、ShinobiWalletの利益の70%が配当として還元されます。

一例としてsUKHを1000万円保有していた場合、配当は毎月150万円(月利15%)程度になることが予想できます。

ポイント

なぜなら、2021年12月時点でShinobiWalletは合計1.5億円の配当支払いを見込んでおり、これはsUKH全供給枚数が10億円相当であると仮定した場合、月利15%の利回りに相当するからです。

sUKHトークンはBurnによるキャピタルゲインが期待できる

sUKHトークンにはBurnの仕組みがあり、トークンの供給枚数が徐々に減少するため、希少価値が高まっていきます。

その秘密が、運営陣が仕組んだ「sUKHを取引所に上場させない」というスキームです。

もちろん、これはネガティブなニュースではなく、意図的な設計となっています。

 

sUKHが取引所に上場しない意図的な理由

それは、sUKHトークンをbUKH→sUKHへのスワップのみ入手できるようにし、Burnを促すためです。

プレセールが終了すると、(sUKHは取引所に上場しないため)bUKH→sUKHに交換することでしかsUKHを入手できなくなります。

ポイント

このbUKH→sUKHに交換には2倍のトークン量が必要な設計になっているため、例としては、50枚のbUKHを用意して、はじめて25枚のsUKHと交換可能になります。残りの余った25枚をBurnすることでトークンの長期的な価値を高めていくのです。

これは意図的にsUKHを上場させず、bUKHのみを上場させることにより実現します。

投資家は長期ホールドし続けるだけで、全供給枚数に対する保有シェアが高まっていくので、より魅力的な配当が得られることにも繋がるでしょう。

技術支援会社は、「数年間のガチホで、FIREできるほどの配当を分配したい」と意気込んでいます。

bUKHトークンとは

ShinobiWalletには、sUKHとbUKHの2つのトークンがありますが、後者のbUKHについてみていきましょう。

bUKHとは、保有することで枚数に応じて月利3%の配当を「神楽(KGR)トークン」にて受け取る権利が付与されるトークンです。

KGRは円に対応するステーブルコイン(1KGR=1円)ですが、実際にはプレセール価格から6倍以上に値上がりしています。

bUKHトークンそのものは、sUKHとは違い取引所への上場予定があるので、換金も可能です。

現時点ではUniswap(ユニスワップ)に上場しているほか、

bUKH上場予定

  • 2021年11月:海外大手取引所上場予定
  • 2021年12月:国内取引所上場予定

への上場を控えています。

sUKHトークンの今後の将来性が高い理由

sUKHの将来性は非常に高いです。

なぜなら、目玉となるShinobiWallet(シノビウォレット)が世界的な普及が期待できるほど優れたプロダクトだからです。

そんなShinobiWalletは膨大な手数料収入を生み出すため、その70%が還元される権利トークンであるsUKHの将来性も約束されています。

ShinobiWallet(シノビウォレット)とは?

ShinobiWallet(シノビウォレット)とは、あらゆる取引所やDEXを使うユーザーに必要な機能を集約した、世界最高峰のオールインワン型多機能ウォレットです。

ポイント

ShinobiWalletを使えば、多数の取引所を使い分けているユーザーは各取引所にログインすることなく、ShinobiWalletから全ての取引所にアクセスできるようになります。結果、トレーダーの手間や時間は大幅にカットされます。

ShinobiWalletはその優れた技術を武器に、2021年中にウォレットの送金手数料収入20億円を見込んでいます。

sUKHトークンのShinobiWalletの注目機能

ShinobiWalletは世界中のスタンダードなウォレットとして普及しようとしていますが、具体的にはどのような機能があるのでしょうか?

細かい機能すべては紹介しきれませんが、注目の機能は通り。

ShinobiWalletの機能

  • マルチチェーン(BTCも含めた多岐にわたるチェーンに対応)
  • 無数の取引所の中から「最安レート」で自動的にトークンを取引
  • ステーキング(ファーミング)で最高の利回りを提供するDeFiを自動で選定
  • UKHトークンでウォレット内に広告掲載が可能
  • プライバシーや匿名性を守るためのミキシングサービス
  • 取引所だけではなく、レンディングプラットフォームへのアクセスも可能
  • 新たなチェーンの追加をワンクリックで可能
  • 仮想通貨ポートフォリオの自動リバランスに対応
  • 独自のNFT(ノンファンジブルトークン)マーケットプレイスを立ち上げ予定

ここからは、上記の特徴の中から特筆すべき機能を何点かご紹介します。

マルチチェーン(BTCも含めた多岐にわたるチェーンに対応)

マルチチェーンに対応するウォレットは増加傾向にありますが、ShinobiWalletはただ対応するだけではなく、「どんなウォレットよりも簡単にチェーンを追加」できます。

注意

たとえば普及しているメタマスクなどはチェーンの追加が面倒で、初心者に適しているとはいえません。

「マルチチェーン」を名乗るウォレットのほぼ全てが、チェーンの追加が難しく、対応チェーンも限られています。

ShinobiWalletほど、多数のチェーンに対応しつつ簡単に操作できるウォレットは今のところ存在しません。

無数の取引所の中から「最安レート」で自動的にトークンを取引

ShinobiWalletは多数のトークンをウォレット内でスワップできますが、これは、常にもっとも有利なレートでおこなわれます。

取引所によってスワップ手数料やレートが違いますが、ShinobiWalletは世界中の取引所にアクセスできるため、その中から最良の条件で自動的にスワップできるのです。

ステーキング(ファーミング)で最高の利回りを提供するDeFiを自動で選定

ShinobiWalletでは、ステーキングやファーミングの際、最高の利回りのDeFiを自動で選定してくれます。

今や、DEXにトークンを預けて利回りを得ることは一般的になってきましたが、利回りはリアルタイムで変動するため、常に最高の条件でステーキングするのは手動では不可能です。

しかしShinobiWallet内の運用機能を使うと、無数のプールから最高の利回りをワンクリックで選び、ステーキングし続けることができます。

UKHトークンでウォレット内に広告掲載が可能

ShinobiWallet内には、UKHトークンを支払うことで「広告」を出稿できます。

ポイント

ShinobiWalletは今後、非常に多数のユーザーが使うプラットフォームになるため、「ウォレット内に広告を出稿したい」というニーズも増加してくるでしょう。

この広告枠の購入はUKHで可能となり、しかも広告掲載に使われたトークンはBurnされます。

ウォレットが広告プラットフォームとしても機能することで、UKHの価格上昇につながります。

sUKHトークンはDeFi市場を席巻する

結論、sUKHトークンは大成功を収め、DeFi市場を席巻することになるでしょう。

ShinobiWalletが革新的な機能を提供し、ユーザーが増加し続けることはほぼ間違いありません。

だとすれば、ウォレットが得る手数料収入は増え、手数料収入の70%が配当(ETH)として受け取れるsUKHトークンの価値も高まっていきます。

はてな

もちろん、あなたは「本当にShinobiWalletは普及するのか」「なぜそのようなウォレットを、Binanceのような大手が開発しないのか?」と疑問に感じるでしょう。実は、開発しないのではなく「できない」のです。

sUKHトークンの開発チームは少数精鋭で動いており、大企業では不可能な自由なイノベーションや、非常にスピーディな経営判断をモットーとしています。

その結果、ShinobiWalletやsUKHは他社よりも素早くプロダクトを市場にリリースし、シェアを独占することができるのです。

 

sUKHトークンは大規模プレセールを実施

sUKHトークンは2021年7月28日〜8月30日まで、プレセールを実施しました。

メモ

販売価格は1枚7円で、bUKHが上場する際には1枚10円となる予定です。

bUKHは今後、海外大手取引所への上場を経て、国内取引所にも上場する予定となっています。

プレセールを大成功させたことも、sUKHの将来性を裏付けるものだと言えるでしょう。

今後、sUKHトークンはプレスリリースや広告などにより仮想通貨市場での露出を増やしていく予定です。

海外インフルエンサーも巻き込んだPRの予定もあります。

これによりsUKHとbUKHは、一気に仮想通貨業界のメインストリームに上り詰めるでしょう。

sUKHトークンまとめ

sUKHトークンとは、ShinobiWallet(シノビウォレット)上で配当収入を得ることができる権利トークンです。

具体的には、ShinobiWallet事業の利益の70%をETHで受け取れます。

特筆すべきは、ShinobiWalletが優秀なプロダクトだという点です。

ShinobiWalletの機能

  • マルチチェーン(BTCも含めた多岐にわたるチェーンに対応)
  • 無数の取引所の中から「最安レート」で自動的にトークンを取引
  • ステーキング(ファーミング)で最高の利回りを提供するDeFiを自動で選定

ShinobiWalletは、上記のような革新的な機能を持っています。

ShinobiWalletの最重要トークンと位置付けられるsUKHトークンも、その将来性を約束されていると言えるでしょう。

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録