PENTA(ペンタ)とは?聴いて稼げるアプリの特徴と将来性を徹底解説!

仮想通貨

PENTA(ペンタ)とは?聴いて稼げるアプリの特徴と将来性を徹底解説!

PENTA(ペンタ)とは、音楽を聴いて仮想通貨が稼げるListen to Earnの仕組みを採用したアプリです。

NFTを活用したWeb3時代のミュージックプレイヤーだと注目されています。

とはいえ、以下のような疑問を持つ方もいるでしょう。

  • Listen to Earnってどんな仕組み?
  • PENTA(ペンタ)にはどんな特徴があるの?
  • PENTA(ペンタ)は今後伸びそう?

そこでこの記事では、音楽を聴いて稼げるPENTA(ペンタ)について以下の点をまとめました。

  • PENTA(ペンタ)の具体的な仕様と特徴
  • PENTA(ペンタ)の将来性に大きな期待ができる3つの理由
  • 将来性を感じるPENTA(ペンタ)の強力なビジョン

仮想通貨に詳しくない方にもわかるようわかりやすくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


PENTA(ペンタ)とは

PENTA(ペンタ)とは、音楽を聴くだけで仮想通貨が稼げるListen to Earnの仕組みを採用したアプリです。

アプリをインストールしてヘッドホンNFTを入手すれば、音楽の再生時間に応じて仮想通貨がもらえます

PENTA(ペンタ)の概要について、以下の表にまとめました。

サービス名 PENTA
開発・運営 株式会社ウォール・オブ・デス
ブロックチェーン AstarNetwork
仮想通貨 独自トークン(予定)

PENTA(ペンタ)は、2022年5月7日から2週間の期間限定でプロトタイプ版をリリースし、テスター100人の募集に対して2万人の応募がありました。

ベータ版は7月にローンチ予定です。

AstarNetworkと呼ばれるブロックチェーン上で動作し、ベータ版では独自トークンが配布される予定です。

PENTA(ペンタ)は、日本のベンチャー企業である株式会社ウォール・オブ・デスによって運営され、音楽業界の活性化を掲げて開発を進めています。

PENTA(ペンタ)の特徴

PENTA(ペンタ)の特徴について、以下の点をまとめました。

  • 音楽を聴いて稼げるListen to Earnアプリ
  • NFTヘッドホン
  • AstarNetwork上で稼働

ひとつひとつ解説していきます。

音楽を聴いて稼げるListen to Earnアプリ

PENTA(ペンタ)は、音楽を聴いて仮想通貨が稼げるListen to Earnアプリです。

独自トークンは、2022年7月にリリース予定のベータ版で配布される予定ですが、名称や利用用途など詳細は発表されていません。

PENTA(ペンタ)で仮想通貨を稼ぐには以下2点が必要です。

  1. Spotifyのプレミアムアカウント
  2. NFTヘッドホン

PENTA(ペンタ)を利用するにはSpotify(大手音楽ストリーミングサービス)と連携する必要があります。

SpotifyのAPI(異なるアプリ間でやりとりをする技術)経由で音楽を聴くと、再生時間に応じてトークンが得られます。

またSpotifyのAPIを利用するにはプレミアム会員(月額980円/税込)である必要があります。

NFTヘッドホン

PENTA(ペンタ)で仮想通貨を稼ぐには、NFTヘッドホンが必要です。

NFTヘッドホンを入手するには購入かMint(生成)します。

NFTヘッドホンの特徴は以下のとおりです。

  • 5段階のレアリティに応じてトークン獲得料が変わる
  • レベルが上がるとトークン獲得料も上がる
  • 使い続けると壊れる
  • 壊れたヘッドホンはトークンを消費して修理できる
  • 売却して2次流通で稼げる

ヘッドホンをMintした際のレアリティはランダムで決まります。

売却して二次流通させるときの価格は、レアリティやレベルによって決まるので、自分では決められません。

AstarNetwork上で稼働

PENTA(ペンタ)は、AstarNetwork上での稼働を予定しているアプリです。

AsterNetworkは、日本人の渡辺創太氏が代表を務めるStake Technologies社が開発中のパブリックブロックチェーン(誰もが自由に参加できるブロックチェーン)です。

ポルカドット(異なるブロックチェーンを接続できるプロトコル)に対応しており、本来ポルカドットには備わっていないスマートコントラクト(契約の自動化)を実装できる点が大きな特徴です。

AsterNetworkは「Web3.0財団」「Alameda Research」といった数々の企業から出資を受けており、非常に将来性の高いブロックチェーンです。

PENTA(ペンタ)は「AstarNetwork Hackathon」というハッカソン(ソフトウェア開発に関するイベント)に参加し「AstarNetwork賞」を受賞しています。

その報酬として手厚い支援が受けられるため、PENTA(ペンタ)はブロックチェーンにAstarNetworkを選択しました。

なおロードマップには「マルチチェーン対応」と記載があり、SolanaやPolygonにも対応する可能性があると運営が公言しています。

PENTA(ペンタ)の今後の将来性

PENTA(ペンタ)の将来性について、以下の観点から解説していきます。

  • Spotifyのユーザーが流入する可能性
  • STEPNに類似したNFTヘッドホンを採用
  • 今後のロードマップ

ひとつひとつ詳しく解説していきます。

Spotifyのユーザーが流入する可能性

将来的には、PENTA(ペンタ)にSpotifyのユーザーが流入してくる可能性が高いです。

なぜなら、Spotify側からアナウンスがされれば、1億を超えるユーザーがPENTA(ペンタ)に興味を持つからです。

しかし、PENTA(ペンタ)による発信だけでは、既存のSpotifyユーザーにはなかなか認知されません。

PENTA(ペンタ)はまだベータ版をローンチする段階なので、正式版のリリースが決まらない限り、Spotify側がアナウンスする可能性は低いでしょう。

とはいえ、SpotifyはNFT導入に積極的な姿勢を見せており、PENTA(ペンタ)にも強い関心を持っていると考えられます。

2022年5月にはSpotifyの一部のアーティストのページでNFTを紹介するテストを実施しました。

出典:Spotify、アーティストがNFTを宣伝できる機能をテスト - CNET Japan

PENTA(ペンタ)の正式版リリースが決まり、Spotify側からも発表がされれば、PENTA(ペンタ)のユーザーが急増してブームが起こる可能性があります。

STEPNに類似したNFTヘッドホンを採用

PENTA(ペンタ)のNFTヘッドホンは、STEPNのNFTスニーカーのシステムを採用しています

両者の共通点は以下のとおりです。

  • レアリティがある
  • レベルがある
  • 修理が必要になる
  • Mintや売却ができる

PENTA(ペンタ)は正にSTEPNの音楽版といえます。

PENTA(ペンタ)は多くのSpotifyユーザーを獲得する可能性が高く、STEPNとはユーザー層が重ならない音楽業界で展開されるので二番煎じにはならないでしょう。

今後のロードマップ

PENTA(ペンタ)のロードマップも確認しておきましょう。

主な項目は以下のとおりです。

  • 2022年7月にベータ版ローンチ予定
  • オリジナルトークンの配布
  • マルチチェーンに対応
  • ミュージシャンが曲をアップロードする機能を実装
  • 各ユーザーに3Dアバターが付与される機能を実装
  • メタバース上にDAOを設立

将来的にはPENTA(ペンタ)の各ユーザーに3Dアバターが付与され、それがメタバース上に構築されたDAO(中央管理者のいない自律した労働者だけの組織)への入場券になります。

PENTA(ペンタ)を運営する株式会社ウォール・オブ・デス代表の堤氏は、今後のロードマップについて以下のとおり発言しています。

PENTAのゴールは音楽で人々が繋がるソーシャルな仮想空間と経済圏をつくることです

PENTAは中長期的には音楽に関わるNFTやDAOをPENTA上で行うことによる税収で成り立ちます

Listen and Earnによって人々がPENTAを通して音のデータをためるという流れを確立し、そのデータを活用した上で新たな音楽産業が無限に生まれるサステイナブルなループを作り出します

引用元:PENTA | Listen and Earn Music Player - Speaker Deck

要約すると、PENTA(ペンタ)は音楽業界の非中央集権化を掲げており、一部の既得権益者だけが得をするシステムではなく、アーティストもファンも音楽業界にかかわるすべての人がwin winになる場所を目指しています。

実現すれば、PENTA(ペンタ)が音楽業界初のDAOとして注目を浴び、多くのアーティストやファンの流入が予想できます。

PENTA(ペンタ)の特徴と将来性まとめ

PENTA(ペンタ)の特徴と将来性について書いてきました。

本記事の要約は以下のとおりです。

  • PENTA(ペンタ)は音楽を聴くだけで仮想通貨が稼げるListen to Earnアプリ
  • PENTA(ペンタ)で仮想通貨を稼ぐにはNFTヘッドホンとSpotifyプレミアムアカウントが必要
  • PENTA(ペンタ)は多くのSpotifyユーザーを獲得する可能性が高いため将来性に大きな期待が持てる

PENTA(ペンタ)の運営は、以前から音楽業界の活性化を目的にアプリを開発してきました。

アーティストや音楽に対して強い愛があり、音楽業界の非中央集権化という目的を掲げ並ならぬ決意が伝わってきます

2022年6月にはSAFT(仮想通貨トークンを利用した資金調達方法の一種)による5億円の資金調達を行うと公言しており、今後の動向に要注目です。

執筆時点(2022年5月)では、PENTA(ペンタ)の独自トークンに関する詳細は発表されていませんが、入手するためには国内・海外の仮想通貨取引所の口座が必要です。

国内の取引所なら、アプリダウンロード数No.1のCoincheck(コインチェック)、海外の取引所ならBinance(バイナンス)がおすすめなので、PENTA(ペンタ)のベータ版ローンチに先駆けて口座を準備しておくと安心です。

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録