仮想通貨

NFT(ノンファンジブルトークン)とは?稼ぎ方・関連銘柄・将来性を解説

  • NFTって仮想通貨となにが違うの?
  • NFTって稼げるの?
  • NFTの今後の将来性は期待できるの?

本記事では以上のような疑問について解説していきます。

一言で表すなら、NFT(ノンファンジブルトークン)とは「それぞれが取り替えることのできない固有の価値を持つ仮想通貨(トークン)」です。

NFTは不正にコピーできないデジタルデータであるため、唯一無二の価値を持たせられます。

2021年よりアートを中心にNFT分野に注目が集まり、企業や著名人の参入が相次いでいます。

 

本記事でわかること

  • 仮想通貨とNFTの違い
  • NFTの特徴や取引方法
  • NFTを活用して稼ぐ方法
  • NFTに関連する仮想通貨銘柄について

本記事を読めばNFTの仕組みや特徴はもちろん、NFT関連銘柄についての知識も得られます。

NFTという現代を代表する成長産業の知識を身につければ、大きな利益を得るチャンスも増えてきます。

初心者でもわかりやすく解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


仮想通貨のNFT(ノンファンジブルトークン)とは

仮想通貨のNFT(ノンファンジブルトークン)とは

NFT(ノンファンジブルトークン)とは「Non-Fungible-Token」の略で、代替不可能な固有の価値を持つデジタルトークンのことです。

NFTの代替できない・複製できない仕組みを活用することで、デジタルアートや音楽に価値が生まれています。

なお、ビットコインやイーサリアムなどの一般的な仮想通貨は、反対に「代替可能なトークン(Fungible-Token)」となっています。

 

NFT(ノンファンジブルトークン)の特徴

NFT(ノンファンジブルトークン)の特徴

NFTの特徴についてもう少し深堀りして解説します。

本記事で解説するNFTの特徴は次の3つです。

  • 代替不可能
  • 簡単に取引できる
  • 誰でも作れる

それではさっそく解説していきます。

 

特徴①代替不可能

NFTは唯一無二の価値を証明する識別子をもっているため、取り替えが不可能なトークンです。

「代替不可能なトークン」を説明するために、まず「代替可能なトークン」について解説します。

代替可能とは「価値が同じものであれば取り替えられる」ということです。

たとえば、自分が1万円分のビットコインを持っていると仮定しましょう。

仮想通貨は誰が所有していても、価値は変わりません。

つまり自分が所有している1万円分のビットコインは、他の人が所有している1万円分のビットコインと取り替えられます。

対してNFTは唯一無二の存在を証明する識別子を持っている代替不可能なトークンです。

そのためビットコインのように、NFT作品同士を取り替えることはできません。

たとえば「Axie Infinity」や「The Sandbox」など、NFTゲームのプレイキャラやアイテムが該当します。

キャラによってレベルや名前など特性を持っているNFTコンテンツなので、たとえ同じ価格でも取り替えることはできません。

つまりNFTは、世界に1つしかないデジタルトークンとして価値を持っています。

 

特徴②簡単に取引できる

「NFTの取引は難しそうで手が出しづらい」との声も聞こえてきそうですが、実は初心者でも簡単に取引ができます。

なぜかというと、NFTコンテンツの売買は個人端末同士が直接取引できるP2P(Peer to Peer)によって実行されているからです。

P2Pとは中心的な機関や装置を介さず、個人の端末(Peer)同士が直接データのやり取りをする仕組みをいいます。

たとえば、日本に住むAさんは、ブラジルに住むBさんに対して直接NFTをウォレットからウォレットへと送付できます。

なぜこのようなことが可能なのかと言えば、NFTはビットコインと同じように、非中央集権的なブロックチェーン上に記録された資産だからです。

従来の中央集権的な仕組みとは異なり、国家や地域の枠組みにとらわれず、NFTや、NFTに紐付いた「所有権」をブロックチェーン上で取引することが可能となったのです。

つまりNFTによって、「国家権力によって操作できない世界共通のデジタル所有権を、地球上のどこへでも瞬時に送付できるようになった」わけです。

そう考えれば、NFTは、今世紀最大級のイノベーションだといっても過言ではないでしょう。

もちろんNFTは、OpenSeaやCoincheck  NFT(β版)などの中央集権的なNFTマーケットプレイスを通じることで取引できます。

しかしNFTが画期的である本質的な理由は、仲介企業を介することなく、誰にも改ざんできないブロックチェーンを通じてNFTを所有・送信(移転)できることにあるのです。

 

特徴③誰でも作れる

NFTはトークンなので誰にでも作成することができ、マーケットプレイスで簡単に販売できます。

身近なコンテンツでいえば、デジタルアートや音楽がNFT化され市場に流通しています。

 

作成ステップは次の5つです。

  1. 国内取引所の口座開設(イーサリアム取り扱い)
  2. ウォレット(Metamask)作成
  3. コンテンツの作成
  4. コンテンツデータの作成
  5. NFTマーケットプレイスへアップロード

 

コンテンツはiPadと専用アプリがあれば、小学生でもNFTアートを作成できます。

NFT化するだけであれば費用も発生しないので手軽に始められます。

とはいえ、デジタルアートや音楽などのオリジナルコンテンツを作成する自信がない方もいるはず。

そんな方はクラウドソーシングサイト等を使い、外注すれば自分でコンテンツ作成をおこなう必要がありません。

国内のNFTマーケットプレイスで簡単に、誰でもNFT作品を販売できるので興味がある方はチャレンジしてみてください。

 

NFT(ノンファンジブルトークン)の稼ぎ方

NFT(ノンファンジブルトークン)の稼ぎ方

著しい成長をみせたNFT市場ですが、気になる「稼ぎ方」について次の3つの方法にわけて解説します。

  • NFTを売買して利益を得る
  • 関連銘柄に投資する
  • NFTを作成して売却する

さっそく解説していきます。

 

NFTを売買をして利益を得る

1つ目の方法はNFTを売買して利益を得る方法、つまり「転売」です。

NFTは複製ができないため、世界に1つしか存在しないトークン。

1つのNFT作品に対して需要が高まるほど価格が高騰するため、そうしたNFTを保有できれば保有者に売却益が生まれやすくなります。

2021年4月、AIヒューマン事業を行っている株式会社1SECがNFTマーケットプレイスでバーチャルスニーカーを販売しました。

オークション形式で販売されたバーチャルスニーカーは、開始9分後に約140万円(5ETH)で落札されました。

NFT作品が徐々に認知され始めた2021年4月で約140万円の取引です。

今後NFT市場がさらに成長することで、バーチャルスニーカーの需要が高まる可能性は十分あります。

価格上昇が見込めそうなNFTを早期に購入し、上昇したタイミングで売却すれば利益を得られます。

気になるNFTがあれば、需要が高まる前に購入しておき長期保有しておくことをおすすめします。

 

NFT関連銘柄(関連トークン)に投資する

2つ目の方法は、NFT関連銘柄に投資する方法です。

関連銘柄への投資は少ない労力で投資ができるため、NFTに初めて触れるユーザーへおすすめです。

NFT市場は2021年に著しい成長をみせましたが、それに伴って数々のNFT関連銘柄が価格上昇をみせました。

たとえば、国内取引所で取り扱っているNFT関連銘柄にはテゾス(XTZ)とエンジンコイン(ENJ)の2種類があります。

2021年1月1日テゾスの価格は約$2.1でしたが、10月には約$9.1と4倍以上の価格上昇をしています。

そしてエンジンコインの価格は約$0.1から約$4.8と48倍もの価格高騰をみせました。

上記のように今後成長するであろうNFT関連銘柄を現段階から保有しておくことで、価格上昇したタイミングで利益を得ることができます。

本記事においてもNFT関連銘柄について解説していますので、ぜひご確認ください。

 

NFTを自分で作成して売却する

さいごに、NFTを自分で作成し売却することで利益を得られます。

たとえば「Photoshop」や「lllustrator」を使ってNFTアートを作成します。

コンテンツが作成できたらNFTマーケットプレイスで販売手続きを進めます。

海外最大手のマーケットプレイスであれば「OpenSea」、国内取引所であれば「Coincheck NFT(β版)」で販売できます。

 

他の主要NFTマーケットプレイスはこちら

 

2021年9月には小学3年生の男の子が作成したNFTアートに380万円の価値がつき話題になりました。

著名人の購入による後押しもあり価格が高騰しましたが、誰にでもチャンスがあるということですね。

2021年5月にはNFT Studioの登録クリエイター数が1,000人を超えており、多くの方がNFTを作成して売却しています。

未だ市場は成長段階ですので、稼ぎたい方はクリエイターとして先行利益を獲得してください。

 

仮想通貨のNFT(ノンファンジブルトークン)の今後の将来性

仮想通貨のNFT(ノンファンジブルトークン)の今後の将来性

2021年に急速な成長をみせたNFT市場ですが、今後の将来性におおきな期待ができます。

これまで取引されてきたNFTには、高額で取引された作品もありましたが、今後も著名人や大手企業が参入する可能性が十分あります。

これまでの取引実例として、Twitter創業者であるジャック・ドーシーの最初のツイートが約3億円で落札され大きな話題となりました。

また、2021年2月25日にはアメリカのデジタルアーティストBeeple氏の「Everydays-The First 5000 DAys」というNFTが約75億円で落札されました。

2022年1月には「TwitterのアイコンがNFTに対応した」と発表がありユーザーから大きな反響がありました。

Twitterと同様にSNSやメディアを通して、NFTの認知度は時間の経過と共に広がってくるでしょう。

また、現在トレンドワードとなっている「メタバース」業界の発展もNFT市場の成長に欠かせない存在です。

NFTと好相性なメタバースが普及すれば、伴ってNFT市場も成長します。

結果、高額取引されるNFT作品が多く登場する可能性があり、NFT市場の成長はさらに加速するでしょう。

 

NFT関連銘柄5選

NFT関連銘柄5選

NFT市場の成長に伴って、NFT関連銘柄の価格上昇が見込まれます。

本記事では、今後の将来性が期待できるNFT関連銘柄を5つご紹介します。

Enjin Coin(エンジンコイン/ENJ) NFT発行ができるエンジンプラットフォームで使われている仮想通貨
Tezos(テゾス/XTZ) スマートコントラクトや分散型アプリケーションでの利用に適したプラットフォームで使われている仮想通貨
Chiliz(チリーズ/CHZ) スポーツの分野で利用が検討されている仮想通貨
SandBox(サンドボックス/SAND) The SandboxというNFTゲーム上で利用できる仮想通貨
Flow(フロウ/FLOW) ETHのスケーラビリティ問題を解決するために開発された仮想通貨

現在、デジタルアートの分野だけでなく、ゲーム分野においてもNFTコンテンツが作成されています。

上記5つの仮想通貨は、すべて時価総額ランキング80位以内の銘柄であるため、客観的評価も高い銘柄といえます。

今後はさまざまなコンテンツがNFT化される可能性があるため、新たな銘柄誕生に注目しながら投資してみてください。

 

仮想通貨のNFT(ノンファンジブルトークン)まとめ

仮想通貨のNFT(ノンファンジブルトークン)まとめ

本記事ではNFTの特徴や今後の将来性などについて解説してきました。

本記事の要約

  • NFTは代替不可能なトークン
  • NFTを活用した稼ぎ方は、売買・関連銘柄への投資・NFT作成の3つがある
  • あらゆる企業や著名人もNFT業界へ参入してきており、NFT市場は今後も成長が期待できる

NFTは「代替不可能な固有価値を持つデジタルトークン」です。

未だ発展途上である市場にも関わらず、高額取引が次々と成立しており多くの企業が注目しています。

ユーザー増加も期待できるため、今後もさまざまなNFT関連銘柄が大きく台頭してくることでしょう。

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録