FXビヨンドとは

FX

FXビヨンド(Beyond)のPAMM・MAMとは?メリットとデメリットを徹底解説!

  • PAMMとMAMってそもそもなに?
  • FXビヨンド(Beyond)でPAMM口座とMAM口座は開設できるの?
  • PAMMとMAMには、メリットやデメリットってあるの?

当記事では、上記のような質問にお答えします。

PAMM・MAMとは、プロトレーダーに資産運用を任せられるマネージドアカウントと呼ばれる手法を用いた取引方法です。

基本的に、FXビヨンド(Beyond)でPAMM・MAMを利用できませんが、IB契約を結んだトレーダーに口座開設を依頼すれば利用できるようになります。

そこで、当記事では

  • PAMM・MAMの明確な違い
  • FXビヨンド(Beyond)でPAMM・MAMの口座を開設する方法
  • コピートレードとよく似たPAMM・MAMのメリットと注意点

以上の点について解説していきます。

FXトレードについて勉強中の方にもわかりやすく解説するので、最後までご覧ください。

FXビヨンド(Beyond):PAMMとは

PAMM(Percent Allocation Management Module)は、プロトレーダーに資産運用を任せられるマネージドアカウントと呼ばれる手法を採用している自動売買システムです。

PAMMの仕組みは下記の通りです。

  1. 顧客から集めた資金をマスター口座に入れる
  2. 集めた資金を元に、プロトレーダーが運用する
  3. 運用時に出た利益は、資金に応じて分配される

なお、マスター口座はプロトレーダーしかログインできないので、顧客はトレードの結果のみ確認できます。

もちろん、顧客の資金は持ち逃げされないようになっているので、安心してプロトレーダーに運用を任せられます。

FXビヨンド(Beyond):MAMとは

MAM(Multi Account Manager)とは、PAMM同様にプロトレーダーに資産運用を任せられるマネージドアカウントと呼ばれる手法を採用している自動売買システムです。

MAMの仕組みは下記の通りです。

  1. 顧客の口座にログインし、プロトレーダーが運用する
  2. トレード内容を顧客の口座にも反映させる
  3. 運用時の利益は、取引量と資金に応じて分配される

MAMでは、顧客の口座にログインしてトレードするので、結果だけでなくトレード手法も確認できます。

また、プロトレーダーには取引の権限のみ与えられているため、顧客の資金が持ち逃げされることもありません。

したがって、PAMM同様に安心してプロトレーダーに資産運用を任せられます。

FXビヨンド(Beyond):PAMM・MAMの違い

PAMMとMAMはどちらもマネージドアカウントになりますが、決定的な違いが3つあります。

  • PAMMはトレード内容が把握できるが、MAMは把握できない
  • 運用方法が異なる
  • 利益の分配方法

まとめると、PAMMでは、マスター口座で顧客の資金を運用するためトレード内容は把握できません。

利益は資金に応じて分配されます。

PAMMに対し、MAMではマスター口座の取引内容が顧客の口座にも反映されるため、トレード内容を把握できます。

利益は取引量と資金に応じて分配されます。

マネージドアカウントという点では同じですが、PAMMとMAMには違いがあるのです。

FXビヨンド(Beyond)のPAMM・MAM

通常、FXビヨンド(Beyond)では、PAMM・MAM口座ともに直接的な提供をおこなっておりません。

FXビヨンド(Beyond)で、PAMM・MAMを利用するには、IB(Introducing Broker)契約を結んだトレーダーに口座開設を依頼する必要があります。

IB契約とは、FX業者の口座開設を促すことで、インセンティブをもらう契約です。

ただし、IB契約を結んでいるトレーダーがどこにいるのかは、FXビヨンド(Beyond)でも把握していません。

したがって、FXビヨンド(Beyond)でPAMM・MAMを利用したい場合、SNS等でIB契約を結んだトレーダーを探してみましょう。

FXビヨンド(Beyond):PAMM・MAMのメリット

では、PAMM・MAMを利用するメリットについて解説します。

メリットは下記の4点です。

  • プロトレーダーに運用を任せられる
  • 支払手数料は少ない
  • トレードに集中する必要がない
  • 受け取り金額の割合が高い

上記4点について、それぞれ解説します。

PAMM・MAMのメリット①プロトレーダーに運用を任せられる

PAMM・MAMでは、プロトレーダーに運用を任せられます。

仕組み上、資金さえ預けておけば24時間365日プロトレーダーが運用してくれます。

また、MAMではトレード手法も公開されているので、

  • 取引の時間帯はいつなのか
  • どのタイミングでポジションをとったのか
  • どの時点で損切りするのか

など、プロトレーダーのトレード手法も勉強できます。

したがって、学習面でも資産運用面でもプロトレーダーに運用を任せられるのは、大きなメリットといえます。

PAMM・MAMのメリット②支払い手数料が少ない

PAMM・MAMの支払い手数料は、他の手法に比べて少額です。

というのも、PAMM・MAMでは利益が出た時のみ手数料が発するからです。

例えば、システムトレードでは手数料に加えて、システム購入費などの初期費用やレンタルサーバー代などの維持費がかかります。

また、ファンドに資産運用を依頼すると、仲介人が多い分、手数料も多く取られます。

以上の点から、PAMMやMAMでは支払手数料が少ないといえるのです。

PAMM・MAMのメリット③トレードに集中する必要がない

PAMM・MAMを利用するとプロトレーダーが資金を運用してくれるので、トレードに集中する必要がありません。

PAMM・MAMでは、資金さえ預けておけばプロトレーダーが運用します。

運用している間は、家族と過ごしたり遊んだりしていても問題はありません。

したがって、自分がトレードに集中する必要がないので、少ない労力での資産運用が可能です。

PAMM・MAMのメリット④受け取り金額の割合が高い

PAMM・MAMでは、受け取り金額の割合が高いので、資産運用がより効率できます。

手数料は、利益が出た場合に支払うプロトレーダーへの報酬のみとなっているからです。

一般的には、投資家とプロトレーダーで7:3あるいは8:2の割合で利益が分配されます。

プロトレーダー以外に支払う手数料はないので、受け取り金額の割合が高く資産運用が効率化できるのです。

FXビヨンド(Beyond):PAMM・MAMの抑えておくべきポイント

次に、PAMM・MAMを利用する上で抑えておくべきポイントについて、以下4点で解説します。

  • 必ず利益が出るわけではない
  • 出金の制限がある
  • 詐欺のリスクもある
  • トレードに関与できない

ポイントを抑えたうえで、FXビヨンド(Beyond)で安全に取引をおこないましょう。

PAMM・MAMの抑えておくべきポイント①必ず利益が出るわけではない

PAMM・MAM両方とも、必ず利益が出るわけではありません。

プロトレーダーが運用しているとはいえ、誰にも相場の予測はできないからです。

とはいえ、投資である以上、仕方がありません。

どんな凄腕トレーダーでも、常に勝ち続けることはできません。

したがって、PAMM・MAMを始めるなら、余裕資金で始めるのが得策といえます。

PAMM・MAMの抑えておくべきポイント②出金の制限がある

PAMM・MAMには、出金の制限があります。

出金の制限が適応されている期間をロックアップ期間といいます。

通常、ロックアップ期間は運用開始から約1ヶ月間となっています。

もちろん、ポジションをとっている間も出金できませんが、ロックアップ期間は必要です。

もし、自由に出金ができてしまったら証拠金が減るため、損切りのタイミングが早まる可能性があるからです。

つまり、本来であれば勝率の高いトレードだったのに、早めに損切りさせてしまうことで利益が出なくなってしまいます。

したがって、顧客の資金や利益を守るという意味で、ロックアップ期間は必要だといえるのです。

PAMM・MAMの抑えておくべきポイント③詐欺のリスクに注意

PAMM・MAMを利用して顧客を集めているトレーダーの中には、悪質な企業やユーザーも隠れているため注意が必要です。

IB契約によるインセンティブ目的で、口座開設を勧めている企業などが存在するからです。

インセンティブは取引量に応じて支払われるので、紹介された人がトレードに勝とうが負けようが関係ありません。

とはいえ、PAMM・MAMを開設するには、各FX業者の厳しい審があります。

また、PAMM・MAMを利用する前には、必ずLPOA(Limited Power Of Attorney)とよばれる契約内容を記載した委任状が提示されます。

逆を言えば、LPOAが提示されなかったら詐欺のリスクが濃厚なため、LPOAはしっかりと確認しましょう。

ちなみにFXビヨンド(Beyond)のPAMM・MAM口座開設を提供しているトレーダーは審査を通過しているプロトレーダーのみであるため、詐欺のリスクは極めて低いです。

PAMM・MAMのデメリット④トレードに関与できない

PAMM・MAMを利用した取引では、顧客が不満に感じてもトレードに関与できません。

つまり、FXビヨンド(Beyond)を通じたプロトレーダーに運用を委任している以上、トレードへの口出しは一切できないようになっています。

特に、PAMMは結果のみ報告されるので、トレード内容すら把握できません。

とはいえ、PAMMを選ぶ際は、事前にどのような運用方法なのかを確認できます。

例えば、

  • どんなトレードスタイルをとっているのか(スキャルピング、デイトレード)?
  • 取引通貨は何なのか(USD/JPY、EUR/USD)?
  • ドローダウンは何%なのか?

など、あわせて確認しましょう。

トレードに関与できない以上、事前に運用方法を確認しておくことが重要ではありますが、自身が運用する以上の利益を得られるプロトレーダーに任せておく方が得策といえます。

FXビヨンド(Beyond)のPAMM・MAMとは?まとめ

本記事では、「FXビヨンド(Beyond)のPAMM・MAM」というテーマで解説しました。

PAMM・MAMを使うと、プロトレーダーに資産運用を完全に任せられます。

PAMM・MAM両方ともに、支払い手数料が少なかったり受け取り金額の割合が多かったりするなどのメリットがあります。

逆に、利益が出なかったり出金制限があったりと抑えておくべきポイントもありますが、それぞれ対策を押さえておけば、さほど問題にはなりません。

以上のメリットや注意点をおさえたうえでPAMM・MAMを利用して効率的な資産運用をおこなってみてください。

FXビヨンド(Beyond)についてより詳しく知りたい方はこちらをあわせてご覧ください。

FXビヨンド(Beyond)の入金方法!
FXビヨンド(Beyond)とは?気になるメリット・デメリットと特徴を徹底解説!

FXビヨンド(Beyond)ってどんなFX業者なの? FXビヨンド(Beyond)は新しいけど信頼しても大丈夫? FXビヨンド(Beyond)のメリットやデメリットが知りたい こんな疑問にお応えします ...

続きを見る

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-FX

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録