デュアルシティゼン(DUAL CITYZEN/CTZN)とは?特徴と将来性をわかりやすく解説

仮想通貨

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)とは?特徴と将来性をわかりやすく解説

以上のような疑問を徹底解説します。

Dual Cityzen(デュアルシティズン/CTZN)は既存のSNSをメタバースに進化させる、インフルエンサーのためのプラットフォームです。

分散型メタバースコミュニティを構築することで、インフルエンサーが活躍できる場所を提供します。

本記事ではCTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の特徴と将来性をわかりやすく解説していきます。

また、本記事はこちらの「CTZNトークン/Dual Cityzen(デュアルシティズン)日本語版サイト」を参考に執筆しています。より詳細な情報も掲載されているのでぜひ合わせてご覧ください

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


Dual Cityzen(デュアルシティズン/CTZN)とは

デュアルシティゼン(DUAL CITYZEN/CTZN)とは

Dual Cityzen(デュアルシティズン/CTZN)は、メタバース内にeスポーツなどのゲームを中心とした分散型コミュニティプラットフォームを構築するプロジェクトです。

メタバース空間にコミュニティを構築するインフルエンサーのための分散型Web3.0として、BSC上に構築されています。

Dual Cityzen(デュアルシティズン/CTZN)は、Instagram、Twitter、Facebook、Telegram、TikTokなどの中央集権型ではなく、分散型コミュニティです。

分散型であるため中央集権型とは異なり、コミュニティに関するすべての権利は構築したインフルエンサーの所有になります。

Dual Cityzen(デュアルシティズン)の独自トークンCTZNとは

デュアルシティゼン(DUAL CITYZEN)の独自トークンCTZNとは

Dual Cityzen(デュアルシティズン/CTZN)の独自トークン「CTZN」はコミュニティ内の通貨であり、プラットフォームやゲームへのアクセス権、ガバナンストークンとしても利用されます。

独自トークンCTZNを稼ぐ方法は、以下のとおり。

  • ステーキング
  • NFT販売
  • Play-To-Earn
  • 売買益

また、Dual Cityzen(デュアルシティズン/CTZN)を利用するインフルエンサーが増えれば、CTZNトークンの需要が高まり価格の上昇が期待できます。

つまり、インフルエンサーが活躍できるプラットフォームにし、利用者が増えれば増えるほどCTZNトークンの価格が上昇するともいえます。

インフルエンサー活用例

  1. インフルエンサーが、ファンをWeb2.0のSNSからメタバースへ誘導する
  2. デュアルシティゼン(DUAL CITYZEN/CTZN)のメタバース空間でイベント(ライブや講義)を開催する
  3. 会費の支払いや投げ銭をCTZNトークンでできる
  4. CTZNトークンは、BSC上のトークンのためガス代が安い
  5. メタバース空間でのイベントが増えると、CTZNトークンの需要が上がる可能性がある

ほかにも、メタバース空間で行うオンラインサロンの支払いをCTZNトークンにする活用方法もあります。

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の特徴

デュアルシティゼン(DUAL CITYZEN/CTZN)の特徴

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の特徴を3つ解説いたします。

  • インフルエンサーによるコミュニティ
  • NFTプラットフォーム
  • eスポーツプラットフォーム

順に解説いたします。

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の特徴①インフルエンサーによるコミュニティ

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)はインフルエンサーによるメタバースコミュニティを構築し、コミュニティの長期的な価値・成長・収益化をサポートします。

インフルエンサーは地球上で最も信頼されている存在の1部であり、マーケティングにおいてインフルエンサーの重要性が飛躍的に高まっています。

そこでインフルエンサー自身のマーケティング力を活用し、既存のWeb2.0の中央集権型SNSからメタバースコミュニティへ誘導することが可能です。

Dual Cityzen(デュアルシティズン/CTZN)が成長するにつれて、CTZNトークンの価値が上昇しさらにインフルエンサーは稼げるようになるでしょう。

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の特徴②NFTプラットフォーム

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)はメタバースコミュニティを管理するツールとして、NFTプラットフォームを開発しています。

インフルエンサーは簡単にNFTを作成でき、ファンに直接NFTを販売できるため、自身が作成したグッズやアバター、コミュニティのアクセス権をNFT化すれば収益化が可能です。

ほかにもコレクターズアイテムであるNFTトレカは大人気であり、プロスポーツ選手のトレーディングカードを販売すれば大きな反響があるでしょう。

最大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」の2021年の取引高は130億ドル越え(約1.5兆円)、2022年1月には月売上が過去最高取引高38億5,000万ドル(約4,700億円)を超えています。

質の高いNFTを販売するNFTマーケットプレイス「SuperRare」では、1日の取引高が10万ドル(1,200万円)を何度も達しています。

NFT市場は2年で300億円から2兆円に伸びており、2022年もNFT市場は成長することを考えると、CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)のNFTマーケットプレイスも波に乗り成長していくでしょう。

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の特徴③eスポーツプラットフォーム

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)はeスポーツプラットフォームとして需要があり、以下のクライアントがすでに存在しています。

  • Mavs Gaming Hub
  • Knockout Golf NFT Game
  • Premiere HBCU Platform

Dual Cityzen(デュアルシティズン/CTZN)を利用するクライアントが増えれば、独自トークンCTZNの価値の上昇が期待できます。

 

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)日本語版サイトはこちら≫https://dualcityzen-ctzn.com/

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の将来性

デュアルシティゼン(DUAL CITYZEN/CTZN)の将来性

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の将来性を3つ解説いたします。

  1. 期待のメタバース銘柄
  2. 親会社XRSportsの存在
  3. 大手取引所への上場予定

順に解説いたします。

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の将来性①期待のメタバース銘柄

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)は、現在のSNSをメタバースに進化させる可能性を秘めている期待のメタバース銘柄です。

コロナ禍でバーチャルなコミュニケーションが増加し、国内企業においてもバーチャルイベントは多く開催されています。

国内シェアNo.1のニュースリリース配信サービス「LIDDELL」が行った調査によると、約8割のインフルエンサーがSNSからメタバースへと活動拠点を移したいと回答しています。

デュアルシティゼン(DUAL CITYZEN/CTZN)の将来性

参照:LIDDELL調査

世界ではジャスティン・ビーバーがメタバース内でライブを行い、大きな話題となりました。

ビジネスにおいても「バーチャル会議」が浸透し始めているため、今後はメタバース内にオフィスを設置し勤務場所とする未来を予想できます。

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の将来性②親会社XRSportsの存在

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)は、親会社XRSportsの存在により将来性の期待が高まっています。

XRSportsはeスポーツやゲームを中心としたメタバースコミュニティであり、eスポーツのイベントや大会の主催者として活躍しています。

VCの1つがGoogleで、黒人企業を焦点にあてたGoogleスタートアップから100,000ドル(約13,000,000円)の資金援助を受けている注目度の高い会です。

XRSportsの代表はCTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の代表と同じで、XRSportsが実際に存在している会社のため、将来性に加えて信頼性もあります。

また、XRSportsはNBAチームや現在及び以前のNBAプレイヤー、26の大学と契約済みです。

このほかにも、NIKEやadidas、Vans、Apple、Spotifyなどと提携しています。

Dual Cityzen(デュアルシティズン/CTZN)はXRSportsで交わしている契約をそのまま引き継ぐことが可能なため、XRSportsで契約しているスポーツ選手や多くの企業を巻き込み大々的にNFT市場へ参入できます。

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の将来性③大手取引所への上場予定

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)は、世界の仮想通貨取引所トップ5に入る大手取引所に上場予定です。

  • 1位:Binance
  • 2位:OKX
  • 5位:Gate.io

デュアルシティゼン(DUAL CITYZEN/CTZN)の将来性

参照:CoinGecko

世界の仮想通貨取引所トップ5の内、3つの取引所で上場するということは期待値の高さの表れであり、注目度が上がることで上場後通貨価格が高騰する可能性があります。

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の将来性まとめ

デュアルシティゼン(DUAL CITYZEN/CTZN)の将来性まとめ

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)は、インフルエンサーがインフルエンサーとして活躍できる場所を提供します。

本記事のまとめ

  • CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)を利用するインフルエンサーが増えれば、CTZNトークンの価格の上昇が期待できる。
  • 期待のメタバース銘柄であり、約8割のインフルエンサーがメタバースへ活動拠点を移したいと思っている。
  • CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の親会社XRSportsは、Googleスタートアップから資金援助を受けている注目の会社である。

CTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)は既にeスポーツで需要があるプロジェクトであり、2022年に成長が期待されるメタバース銘柄です。

さらにインフルエンサーはメタバースでの活動を求めており、拠点がメタバースになればCTZNトークン(Dual Cityzen/デュアルシティズン)の活発化につながり、CTZNトークンの価値の上昇に期待できます。

今後のインフルエンサーの動きにも注目が集まりますが、新たなWeb3.0のSNSやコミュニティが楽しみなプロジェクトです。

また、本記事はこちらの「CTZNトークン/Dual Cityzen(デュアルシティゼン)日本語版サイト」を参考に執筆しています。より詳細な情報も掲載されているのでぜひ合わせてご覧ください

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録