DCMCトークン

仮想通貨

仮想通貨DCMCトークン情報まとめ|概要・用途・配当金・将来性について

この記事では、分散型取引所(DEX)を備えた注目の仮想通貨ウォレット「DCMC」の最新情報をまとめています。

近年、DEXの取引高が急増が報じられています。

DEXを使うには「ウォレット」を経由する必要があるので、ウォレットの需要も右肩上がりに増えていんですね。

今回はそんな中、「いいウォレット系のプロジェクトがあれば投資したい」と考えているあなたにピッタリのDCMCについてまとめてみました。

重要情報だけをピックアップしているので、ぜひ最後までお付き合いください。

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


■仮想通貨DCMCの概要

・プロジェクト名称:DCMC
・トークン記号:DCMC
・プロジェクトジャンル:DeFi(ウォレット、保険、DEX)
・総発行枚数:50億DCMC
・トークン規格:ERC20
・上場取引所:Uniswap V2(ETH / DCMC)、Uniswap V3(USDC / DCMC)、SushiSwap
・URL:ツイッター(https://twitter.com/DCMC_team)、公式サイト(https://dcmc.app/
)、フェイスブック(https://www.facebook.com/DCMCteam)、テレグラム(https://t.me/dcmc_official)、ブログ(https://medium.com/@dcmcteam)

DCMCとは、一般的な仮想通貨ウォレットの機能に加え、「①パスワードを紛失しても仮想通貨が取り出せる(保険機能)」「②本人が死亡しても遺族がウォレットにアクセスできる(相続機能)」の2つの機能を実装したウォレットです。

DCMCは、次の「3つの基本ポリシー」のもと、プロジェクトを運営しています。

・DCMCトークンのホルダーが高く評価する分散型取引所(DEX)を開発する
・DCMCトークンのホルダー全員に「ユーザーサポート」を提供する
・DCMCトークンのホルダーと共に、真に分散化された社会を確立する

簡単に言えば、素晴らしいDEXと手厚いサポートを組み合わせて、非中央集権的な仮想通貨業界をもっと便利にしよう、というプロジェクトになります。

■DCMCトークンの将来性は?

DCMCは、将来を非常に期待されている仮想通貨プロジェクトです。

その根拠としては、以下の5つがあります。

・DCMCに投資すると配当がもらえる
・DCMCトークンのユースケース
・DCMCは初心者が安心して使えるウォレット
・仮想通貨投資家の悩みの種「相続問題」に対応
・将来的に「ブリッジ通貨」を目指すDCMC

「DCMCって何だかすごそうなんだけど、いまいちピンとこない」という方は、これら5つのトピックを理解していきましょう。

●DCMCに投資すると配当がもらえる

DCMCトークンに投資すると、「配当金」がもらえます。

配当を出すプロジェクトのトークンは長期的に人気が高まりやすいので、DCMCも長期的に値上がりしやすいと考えています。

ちなみにDCMCは独自の分散型取引所(DEX)を構築し、その収益の100%をホルダーに配当するコンセプトです。

これは画期的な仕組みで、バイナンスのBNBですら、利益の20%をバーンしているに過ぎません。

100%をホルダーに還元するのは、非中央集権的なDCMCだからこそ可能な仕組みだといえるでしょう。

●DCMCトークンのユースケース

DCMCの需要が高まるかを考える上で、トークンの「使い道」があるかどうかは重要なポイントです。

DCMCは始まって間もないプロジェクトですが、すでに「ウォレットの送金手数料の支払い」「DCMCウォレットの保険料の支払い」「分散型取引所の利益配当の受け取り」という、トークンの3つのユースケースを持っています。

今後さらにユースケースが増える可能性もあるので、期待しましょう。

●DCMCは初心者が安心して使えるウォレット

DCMCウォレットは、デジタル金庫とも言える大切な仮想通貨ウォレットに「保険」をかけることができます。

・資産100万ドル以下の人→毎月180ドル相当
・資産50万ドル以下の人→毎月80ドル相当
・資産10万ドル以下の人→毎月30ドル相当

のそれぞれDCMC(保険料)を支払うことで、サブスクリプション感覚で仮想通貨を守れます。

これまで、仮想通貨ウォレットでは「取り出せなくなっても自己責任」が当たり前でした。

上級者は「そんなの承知だよ」と受け入れることができますが、多くのライトユーザーは「少しくらい保険料を払っても、安心を買いたい」という人も多いものです。

だからこそ、現実世界では保険業界がこれだけ巨大な市場として成り立っているんですね。

DCMCは、新たに参入するライトユーザーを仮想通貨業界、ウォレット業界に招き入れることができると期待されています。

●仮想通貨投資家の悩みの種「相続問題」に対応

資産の多くを仮想通貨で保有している投資家は、「自分に万が一のことがあったら、この仮想通貨は正しく相続されるのだろうか」と悩んでいます。

DCMCなら、この問題を解決できます。

DCMCウォレットでは、あらかじめ条件を設定しておくことで(たとえば本人が死亡したら子どもにウォレットのアクセス権を付与する、など)、DCMCのサポートのもと相続が可能です。

ある調査によると、投資家が亡くなることで毎年数百万ドル(数億円)規模の仮想通貨が二度と取り出せなくなっているのだそう。

逆にいえば、解決が急がれる分野ですので、DCMCやホルダーにとってはチャンスの領域とも言えるでしょう。

●将来的に「ブリッジ通貨」を目指すDCMC

DCMCは現在イーサリアム上のERC20でトークンで発行されていますが、将来的には主要なブロックチェーンすべてでトークンを発行し、DCMCウォレットから交換できるようにします。

仮想通貨の特性上、異なるブロックチェーンを飛び越えて仮想通貨を送ることはできません。

たとえば、ビットコインをイーサリアムのアドレスに送金することはできませんよね。

しかし、DCMCがあらゆるプラットフォームで発行されれば、DCMCの経済圏はブロックチェーン間を飛び越えて拡大していくでしょう。

このブリッジ通貨構想はまだ実現していませんが、将来的に非常に楽しみです!

■DCMC情報まとめ

仮想通貨DCMCの重要な情報を厳選し、まとめてみました。

振り返ると、DCMCとは一般的な仮想通貨ウォレットの機能に加え、「保険機能」と「相続機能」の2つの機能を実装したウォレットです。

DCMCトークンの将来性は、

・DCMCに投資すると配当がもらえる
・DCMCトークンのユースケースは豊富
・DCMCウォレットは初心者でも安心して使える
・仮想通貨投資家の悩みの種「相続問題」に対応
・将来的にDCMCは「ブリッジ通貨」を目指す

という5つのポイントから高いと分析できます。

DCMCのビジョンに共感できる方は、ぜひ一緒にDCMCを応援していきましょう。

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨
-, ,

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録