BESトークン

仮想通貨

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsの上場日程詳細や買い方を解説

BES(ベス)トークン/Battle Esports Coinは、eスポーツ+仮想通貨を使ったベッティングが可能な世界的大型プラットフォームです。

BES(ベス)トークンが普及していくことによって、今後のe-sports業界を大きく変える可能性が高いでしょう。

仮想通貨のトレンドは、DEXからDeFi、そしてNFTへと変化してきました。

では次のトレンドは?それは、「eスポーツ×ベッティング(賭け)」の分野です。Libes(リベス)は、最先端のブロックチェーン技術をeスポーツとベッティング界にいち早く持ち込むことで、「先手必勝」の体制を築き上げようとしています。

今回は、非常に優れたプロダクトであるLibes(リベス)および、その唯一のガバナンストークンBES(ベス)トークンをわかりやすく解説します。

※買い方(操作方法)を知りたい方は、BES(ベス)トークンの購入方法をクリックしてください

 

新規トークンを購入する、または日本円に戻すなどの際は、起点となる国内取引所の開設が必須。

口座開設をするなら国内ナンバー1の取引所であるコインチェックがおすすめです。

下記のバナーから本人確認と入金を完了をすると、今なら1500円分のビットコインがもらえます!

コインチェック

引用:Coincheck公式

ブログで言えないおトクな最新情報をLINEにて配信中‼サポートも受け付けてます。

Contents

BES(ベス)トークンとはLibes主催「eスポーツ×ベッティング(賭け)×NFT」系トークン

BES(ベス)トークンはLibes(リベス)プラットフォームの独自トークンであり、eスポーツ×ベッティング(賭け)を対象とした仮想通貨です。

Libes(リベス)という名称の由来は「リベラルeスポーツ」です。

Libes(リベス)では、eスポーツ関連の価値を持つNFT(ノンファンジブルトークン)を発行することも可能となっています。

今後、eスポーツ分野は、仮想通貨と組み合わせることで市場規模が急拡大します。

しかし特に日本は、(初期のNFTがそうであったように)eスポーツの伸びしろを過小評価していると言わざるを得ません。

BES(ベス)トークンは、eスポーツ×ベッティング(賭け)の本来の魅力をブロックチェーンの力で引き出し、仮想通貨業界でメインストリームに上り詰めることを目指しています。

BES(ベス)のトークンアロケーション

BES(ベス)のトークンの正式名称は、Battle Esports Coin (BES)です。

そのトークンアロケーションは以下のようになっています。

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsのプレセールや上場日程詳細 トークンアロケーション

  • DAOエコシステム 40 billion
  • マーケットメイク 17 billion
  • プレセール IEO 15 billion
  • 運営陣 15 billion
  • 初期流動性提供 6 billion
  • スポンサー 5 billion
  • 戦略アドバイザー報酬 2 billion

BES(ベス)トークンはイーサリアム系のERC-20トークン企画で発行されており、100,000,000,000の発行上限枚数となっています。

BES(ベス)トークンはLibesプラットフォームにてゲーム内通貨として機能するほか、非中央集権的なプロジェクトであるLibesの意思決定のための投票権として機能します。つまり、BES(ベス)トークンはガバナンストークンでもあります。

BES(ベス)トークンが存在することで、Libes(リベス)は、eスポーツ業界の成長とともに拡大する非中央集権的な自立分散型組織(DAO)として機能することができます。

BESトークンを発行するLibes(リベス)とはeスポーツ×ベッティング(賭け)を対象としたプラットフォーム

Libes(リベス)は、eスポーツ×ベッティング(賭け)を対象としたプラットフォームです。

現在のeスポーツ業界には、非常に大きな課題があります。

それは、魅力度の高いプレイヤーやゲームタイトルが多く存在するにもかかわらず、マネタイズ(収益化)がしにくいことです。

そこでLibes(リベス)は、BES(ベス)トークンをeスポーツ業界に持ち込むことで、収益構造を根本からひっくり返すことを目指しています。

現状のeスポーツプレイヤーは、収入を企業スポンサーからの報酬に頼っている現状があり、マネタイズに多様性がありません。

実に、eスポーツ市場全体を支えている資本の70%近くが、企業の広告スポンサー費なのです。

その結果、SNSのフォロワー20万人の人気eスポーツプレイヤーでも、なんと月収が5万円しかないといったケースもあります。

そこでLibes(リベス)は、新しい技術であるブロックチェーンとDeFiの仕組みをeスポーツ界に持ち込み、100%の透明性を保ちながら、

  • 「ベッティング(賭け)」
  • 「ギフティング(投げ銭)」
  • 「NFTの販売」

という3つのマネタイズをeスポーツ界に開放します。

これはLibes(リベス)の中心的な3つの機能となるため、それぞれどのようなものなのかをご紹介します。

ベッティング(賭け)

ベッティングとは、ユーザーがどのeスポーツのプレイヤー(もしくはチーム)が勝つかをLibes(リベス)上で賭けることができる機能です。

このとき、ベッティングの総額は以下のように分配されます。

  • ユーザーへの払い戻し:80%
  • プレイヤーの賞金:15%
  • Libes運営費:5%

たとえば、あるeスポーツの試合に、多数のユーザーが計1000万円を賭けたとします。試合が終了したとき、この比率に基づき、賭けたユーザーに計800万円が払い戻され、勝利したeスポーツ選手に150万円が支払われ、残り5%がLibes(つまりBESトークンの保有者)の利益となります。

端的に言えば、Libes(リベス)は、還元率80%の「eスポーツギャンブル」をユーザーに提供するプラットフォームだと言えるでしょう。

また、Libes(リベス)のベッティングには独自のキャッシュバック機能があります。

これにより、Libes(リベス)の利用や、ベッティング(賭け)をすることにより、BES(ベス)トークンが追加で付与されます。

ベッティング(賭け)によりお金を失っても、一定の%がBES(ベス)トークンによって受け取れる仕様とすることで、ユーザーへのベッティングの参加のインセンティブとして機能します。

ギフティング(投げ銭)

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsのプレセールや上場日程詳細 ギフティング(賭け)

ユーザーが好きなeスポーツ選手やチームに投げ銭ができる機能です。

Libes(リベス)のギフティング(投げ銭)の最大の特徴は、手数料がゼロだということです。

つまり、Libes(リベス)はファンからeスポーツ選手への投げ銭を仲介するものの、まったく「ピンハネ」しません。

これは、YouTubeの「Super Chat」やTikTokの「LIVE Gifting」が30%程度の「ピンハネ」をしているのに対し、大きな強みだと言えるでしょう。

NFTの発行

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsのプレセールや上場日程詳細 NFTの発行

Libes(リベス)プラットフォーム上で、eスポーツプレイヤーは自身のNFT(ノンファンジブルトークン)を販売してマネタイズ(収益化)できます。

このNFTの販売総額の70%はeスポーツ選手へ、残りの30%がLibes(リベス)へと報酬配分されます。

どのような商品をNFTで販売するかはeスポーツプレイヤーに委ねられており、プレイヤー自身のトレーディングカードや、一緒にゲームをする権利、ゲームを教えてもらう権利など、様々なNFTの発行が考えられるでしょう。

またLibes(リベス)は、Libesで動画配信されたeスポーツ大会の希少なワンシーンをNFT化してファンに販売することができます。

スター選手の記録樹立の瞬間、引退試合、世界大会の決勝、勝敗が決する瞬間などファンにとってたまらない興奮の一瞬をNFTとして収めることで、有名作家の絵画のように永遠の価値を持つことになります。

Libes(リベス)のBESトークンが記録的急騰をみせる6つの理由

Libes(リベス)のBES(ベス)トークンは2022年、仮想通貨市場のメインストリームに上り詰め、指数関数的な上昇を記録することでしょう。

その根拠は以下の7つ。

  1. Libes(リベス)は世界初のeスポーツDAOプラットフォームであること
  2. 「eスポーツベッティング市場」は指数関数的に成長中
  3. 米国・ヨーロッパへの世界展開を予定
  4. BES(ベス)トークンは追加発行不可で年々希少性が高まる
  5. eスポーツ選手を巻き込んだリアルな活動なマーケティング活動を実施
  6. BES(ベス)ホルダーは「配当」を得られる
  7. BES(ベス)トークンは複数の複数取引所へ上場予定

それぞれ詳しく解説します。

Libes(リベス)は世界初のeスポーツDAOプラットフォーム

Libes(リベス)は世界初のDAO(自立分散型組織)を採用したeスポーツベッティングのプラットフォームであるため、トークン価値が上昇しやすい設計となっています。

たとえば、DAOではない(中央集権の)団体がトークンを発行した場合、「プラットフォームは成功しても、トークンの価値が上がらない」ということがよくあります。

一方、Libes(リベス)は非中央集権的なDAO(自立分散型組織)であり、BES(ベス)トークンの保有者=プラットフォームの所有者でもあります。そのため、BES(ベス)トークンの保有者は必ず、Libes(リベス)の成功の利益を享受します。

具体的には、Libes(リベス)プラットフォームが得た収益全体の50%はトークンの買い戻し(Burn)やステーキング報酬として、BES(ベス)トークンのホルダーに還元されます。

このようなeスポーツ×ベッティング(賭け)プラットフォームは、ニーズが非常に高いことが容易に想像できます。

にもかかわらず、この仕組みを取り入れたのはLibes(リベス)が世界初なのです。

Libes(リベス)はかつてない「賭け」の透明性を実現性

ベッティング(賭け)プラットフォームは不正ができないよう、最大限の透明性を求められています。

Libes(リベス)はこの透明性をブロックチェーンで実現しました。

ベッティングプラットフォームの透明性が低いと、「報酬の支払額を不正に操作する」「オッズを不正に操作する」「報酬が長らく支払われない」といったことが発生する可能性もあります。

Libes(リベス)はブロックチェーンを採用しているので(ビットコインがそうであるように)、すべての取引履歴が匿名性を保ちながら外部から確認できます。

そのためリギング(不正操作)は100%発生せず、ベッティング(賭け)の約束は必ず実行されるのです。

「eスポーツベッティング市場」は指数関数的に成長中

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsのプレセールや上場日程詳細 eスポーツベッティング市場

先端のビジネス動向に詳しい投資家なら、eスポーツが非常に大きなマーケットになりつつあることをご存じのはずです。

しかし、eスポーツに賭けを組み合わせた「eスポーツベッティング市場」は、それ以上の成長をみせていることを知っていますか?

MarketInsight Reportsによると、世界のeスポーツベッティングの市場規模は2020年から2025年にかけて年率13.1%で成長します。

具体的には2022年までに、1兆ドル(約113兆円)規模に達するとされています。

その結果、eスポーツベッティング市場に対応する唯一のトークンであるBES(ベス)トークンの価格も急騰することが明白です。

新型コロナ拡大がBES(ベス)トークンの追い風に

eスポーツは新型コロナが拡大する前から魅力的なマーケットでしたが、感染症の拡大がその成長をさらに後押ししています。

たとえば、新型コロナ感染症の第1波のまっただ中、2020年3月末には130万人がNASCARのドライバーによるバーチャルレースを観戦しました。

また、インターネット利用時間が増え、高性能PCの売上が増し、5Gの必要性が叫ばれるようになりました。

これらはすべて、eスポーツベッティング市場への追い風でもあります。

今やeスポーツは、日本の国民的スポーツイベント「国体」の種目となり、2024年にはオリンピックの種目への採用の見通しが立ちつつあります。

ギャンブル規制は各国で好転に向かっている

ベッティング(ギャンブル)は規制の影響を受けやすい分野として知られているので、大衆投資家から投資を敬遠される傾向があります。

しかし豊富な知識を持つ投資家は、ギャンブル規制をまったく心配していません。

日本ではカジノ誘致がそうであったように、新たな税収確保の手段として、ギャンブルは各国で好意的に議論されるようになっているからです。

2020年、eスポーツのブックメーカー(賭け屋)サイトのLuckboxは新規プレイヤーを54%増加させ、ほぼ同時期に米国ネバダ州の公営賭博規制局はeスポーツの賭博行為を承認しました。

eスポーツベッティングの分野は今後、各国が「経済成長」と「ユーザー保護」を天秤にかけながら、禁止ではなく「規制」の枠組みを整えようとしています。

米国・ヨーロッパへの世界展開を予定

Libes(リベス)とBES(ベス)トークンは、世界展開を前提としています。

それは、「世界中の誰でも使える」という当然の理由ではなく、「eスポーツプラットフォームといえばLibes」「eスポーツトークンといえばBES」を世界各国で強烈に印象づけ、定着させることを意味します。

その第一歩としてLibes(リベス)は、まず、中国、韓国、日本などアジアにおいてファン基盤を構築します。

日本も、eスポーツの市場規模が拡大している国であり、ゲーム文化が根付いていることから魅力的なマーケットの1つです。

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsのプレセールや上場日程詳細 米国・ヨーロッパへの世界展開

国内eスポーツの市場規模は2024年には180億円超に拡大と予測

その後、アメリカ、ヨーロッパへと精力的に進出します。

アジア・パシフィック地域のインフルエンサーと協業

Libes(リベス)をeスポーツベッティングのプラットフォームとして認知してもらうため、eスポーツ界のインフルエンサーとの協業が計画されています。

10~30代の潜在的なLibes(リベス)の顧客となるユーザーを視聴者に持つYouTuberなどと協力し、インフルエンサーマーケティングにより強力な集客を実施します。

BES(ベス)トークンは追加発行不可!年々希少性が高まる

BES(ベス)トークンは発行上限枚数があらかじめ決められており、ビットコイン(発行上限2100万枚)同様、デフレトークンです。

この「追加発行できない」という点は、投資家が非常に重要視すべきポイントです。

なぜなら、プレセール参加後にプロジェクト運営陣がトークンを追加発行すると、トークンが簡単にインフレしてしまい、価値が大幅に希釈されるからです。

もちろん、BES(ベス)も初期の段階からまったく追加発行をおこなわないわけではありません。

まず、初期の初期では、Libes(リベス)はBES(ベス)トークンの15%を市場に流通させます。

そして、BES(ベス)トークンのステーキングをホルダーに開放し、投資家にインカムゲイン(安定収入)を得る機会を提供します。また、Libes(リベス)の成長に貢献する行動をプラットフォーム内で取ったユーザーに対し、より高いステーキング報酬を得られる仕組みとします。

しかし、これはLibes(リベス)がより魅力的なeスポーツベッティングプラットフォームになるために欠かせないものです。

正当な理由なく、Libes(リベス)は追加のトークン発行をおこないません。

eスポーツ選手を巻き込んだリアルな活動なマーケティング活動を実施

Libes(リベス)はBES(ベス)トークンを価値あるものにするため、eスポーツプレイヤーを巻き込んだ潤沢なマーケティングをおこないます。

eスポーツプレイヤーを巻き込めば、ユーザーは後から付いてきます。それは、お気に入りのユーチューバーを見るために、ファンがYouTubeにアクセスするようなものです。

Libes(リベス)の公式YouTubeチャンネル「Libes - liberal e-sports」では、Libesと著名人・プロゲーマーとの対談を配信します。

すでに、第1回目のゲスト【αD】代表「超無課金/石田拳智さん」との対談が公開されています。

【超無課金】e-Sports界を変えるLibesとはなにか? vol.1 【特別対談】

【超無課金】「Libes」で出来ることとは? vol.2【特別対談】

【超無課金】「Libes」が見据える先は? vol.3【特別対談】

動画内でプレイヤーの石田拳智さんは、

「僕がやりたいことが(Libesに)まとまっている」

「(eスポーツ界の課題を克服することは)1つやるのも大変だと思う。これをまとまって(Libesで)できるなんて」

「(自身のeスポーツチームの)αDでも(Libesを)取り入れたい」

「(自身にもメリットが大きいLibesを)ぜひ宣伝していきたい」

と非常に好意的に述べています。

BES(ベス)ホルダーは「配当」を得られる

BES(ベス)トークンのホルダーは、Libes(リベス)のプラットフォームが得た収益の「50%」を配当として得ることができます。

具体的なホルダーのメリットは次のとおりです。

  1. 2ヶ月に1度、Libesの収益を使ってBESトークンの買い戻し(Burn)を実施するため、トークン価格が上昇する
  2. BESトークンはステーキングが可能であり、Libesの収益がステーキング報酬としてホルダーに還元される
  3. 最初の2年間はBESトークンによるステーキング配当を行い、その後はUSDTなどのメジャー通貨での配当を継続的に実施

こうしたホルダーのメリットが非常に大きいため、価格が上昇する可能性は高いと私は確信しているのです。

また、これはLibes(リベス)プラットフォーム単体での収益化構造とは異なりますが、外部のSusi swapのようなDEXでBES(ベス)トークンをファーミングすることも可能です。

Libes(リベス)はDAOなので投資家ファーストが徹底される

Libes(リベス)は非中央集権的なDAOであるため、報酬体系を含む運営方針はホルダーの投票により決定されます。

そのため、長期的には、上記のホルダー特典が変更される可能性も否定できません。

ただし、Libes(リベス)のような非中央集権的な仮想通貨プロジェクトでは、投資家そのものがLibesプロジェクトのオーナーであるため、ホルダーに不利な条件に変更される可能性はほとんどないと言えるでしょう。

BES(ベス)トークンは複数の複数取引所へ上場予定

BES(ベス)トークンはすでに、複数の複数取引所への上場が決定しています。

  • Uniswap:2022年1月10日上場予定(上場価格0.3円)
  • cryptoany(モンゴル大手取引所):2022年1月10日上場予定
  • ヨーロッパの人気取引所:2022年1月10日上場予定
  • IDCM:IEO上場決定

コンプライアンス上、詳細が公表できない情報もあります。

現時点で公表可能な範囲としては、現時点でヨーロッパ系大手取引所、モンゴルで12月中旬設立のcryptoany取引所、Uniswap(ユニスワップ)、IDCMで上場することになっています。

正式な公表まで、もうしばらくお待ちください。

BES(ベス)トークンのプレセール日程や上場する取引所の詳細

BES(ベス)トークンは、2021年12月6日午後6:00(日本時間)~2021年12月20日午後11:59の日程にて、プレセールがおこなわれます。

  • ハードキャップ(販売上限):10億円相当
  • プレセール価格:1BES=0.0018ドル(0.2円相当)
  • 最低購入金額:500ドル

なお、プレセール購入者には、仮のトークンであるxBESが配布されます(2021年1月10日以前に配布の方)。

xBES保有者は1月10日に、追加で正式な「BESトークン」が配布される形式となっています。

なお、昨今のゲーム系トークンやNFT系トークンはプレセール後に即売り切れとなるケースが大半ですので今回のBESトークンについても、確実に購入したい方はお急ぎください。

特にハードキャップが10億円と少額であるため、即売り切れとなる可能性は高いです。

よくある質問:「xBES→BES」は等価交換(チェンジ)ですか?

いいえ、チェンジではなく、xBESホルダーには追加でBESが配布されます。

たとえば、100xBESがウォレットに入っている方は、2022年1月10日から毎月10%の10BESが配布されます。

xBESはBurnされずにウォレットに残り続けます。

只今、上記お申し込みページからプレセールに参加した方を対象に、BES購入額を問わずもれなく5万BES(1枚0.3円換算で1万5千円)を無料配布するキャンペーンを実施中!この機会にぜひプレセールにご参加ください😀

BESトークン/Libes(リベス)のロードマップ

Libes(リベス)とBES(ベス)トークンのロードマップは次のようになっています。

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsのプレセールや上場日程詳細 ロードマップ 2021

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsのプレセールや上場日程詳細 ロードマップ 2022

注目すべきは、プラットフォームのリリース時期でしょう。

2021年1月10日にLibesプラットフォーム(ベータ版)がローンチ予定で、3月にグランドオープンします。

すでにLibesの開発は進められており、プラットフォームTOPページの優れたデザインも公表されています(以下ツイートの動画参照)。

まずベータ版でサーバー負荷の確認などのテストを実施しながら、3月のグランドオープンで本格的に国内最大のeスポーツイベントを企画します。

グランドオープン時には、Libesのアンバサダーを含め、著名人を巻き込んで大々的にプロダクトをオープンにしていきます。

Libes(リベス)のグランドオープン後のビジョンは?

Libes(リベス)はグランドオープン後、eスポーツ業界の収益構造を根本からひっくり返し、「稼げるeスポーツ選手」を生み出します。

現状、Libes(リベス)は有名イベント「ブロックチェーンエコノミーEXPO」などオフラインイベントを通じ、eスポーツ関係者とのパイプ作りにも注力しています。

その結果、Libes(リベス)はブロックチェーン業界の大手、eスポーツ選手、関係者から、かなりの好感触と手応えを得ている状況です。

今後、eスポーツ業界が成長するにしたがって、eスポーツプレイヤーは「アーティスト」のような絶大な影響力を持つようになるでしょう。そのため、彼らを引きつけるeスポーツプラットフォームを作ることが大切です。

Libes(リベス)はそうしたeスポーツプレイヤーとファンのベッティング(賭け)の中心的場所になることで、プラットフォームの価値を最大化します。

その結果、Libes(リベス)プラットフォームの株主に近い存在のBES(ベス)トークン保有者は、トークン価格急騰というメリット享受が濃厚となるのです。

BES(ベス)トークンを発行するLibes運営者情報

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsのプレセールや上場日程詳細 運営者情報

Libes(リベス)とBES(ベス)トークンを運営・発行しているのは、株式会社Liberal Mindです。

  • 名称:株式会社Liberal Mind
  • 商号:リベラルマインド
  • 登記所:東京法務局
  • 所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目8番地2号鉄鋼ビル4階

Liberal Mindは、ブロックチェーン投資はもちろん、複数の業界のプライベート・エクイティ・ファンディングで成功した実績を持ちます。

さまざまな仮想通貨に投資してリターンを得てきた実績があるため、Liberal Mindは「伸びる仮想通貨プロジェクト」を見極める目を持ちます。

そんなLiberal Mindが手がける仮想通貨であることも、BES(ベス)トークンの将来性が非常に高いと断言できる理由なのです。

Liberal Mindは、システム管理、リスク分析、カスタマーサービ
ス、KYCなど、仮想通貨プロジェクトを運営するために欠かせない業務を処理する専門スタッフと外部アドバイザリーを有しています。

Libes(リベス)運営企業の活動実績

株式会社Liberal Mindは、すでにLibes(リベス)事業で次のような活動を始めています。

第2回 ブロックチェーンEXPO秋 in 幕張メッセ出展

2021年10月27日〜10月29日に開催された第2回 ブロックチェーンEXPO秋 in 幕張メッセに出展しています。

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsのプレセールや上場日程詳細 ブロックチェーンEXPO秋

2021年10月27日〜10月29日に開催された第2回 ブロックチェーンEXPO秋 in 幕張メッセに出展しています。

ドバイ ブロックチェーンエコノミーEXPO出展

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsのプレセールや上場日程詳細 ドバイ ブロックチェーンエコノミーEXPO

2021年11月14日〜11月15日に開催されたドバイ ブロックチェーンエコノミーEXPOに出展しています。

Libes(リベス)のパートナーシップ

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsのプレセールや上場日程詳細 パートナーシップ

Libes(リベス)を推し進める株式会社Liberal Mindは、今後日本で成長が期待される「eスポーツ×ベッティング(賭け)」分野に良質なプロダクトを持ち込んでいることなどが評価されています。

その結果、荒野行動公式プロチームXeNo(ゼノ)とのスポンサー契約の締結に成功。

  1. Libes(リベス)に人気eスポーツのトッププレイヤーを集める
  2. ベッティング(賭け)を通じて大会を盛り上げる
  3. 多額の報酬が選手に還元される
  4. より人気のプレイヤー、ゲームタイトルがLibes(リベス)に集結する

このような好循環により、BES(ベス)トークンの価値を高めます。

そのほかにもLibes(リベス)は、多数の業界一流企業とのパートナーシップにも成功しています。

BES(ベス)は、IEO実施に向けてモンゴルの仮想通貨取引所Capexと提携

LibesはIEO実施に向けて、モンゴルの仮想通貨取引所CapexとMOU、NDAのオンライン締結を実施しました!

実はモンゴルは、直近で仮想通貨およびeスポーツが急速に注目されてきている国のひとつ。

今後のLibesおよびBESトークンの盛り上がりにご期待ください。

なお、日本ユーザーにとってCapexは聞き慣れない取引所かもしれませんが、同取引所は銀行とも提携済みであり、モンゴル銀行への出金にも対応しています。

また直近で32億円のIEOを実施した実績があります。

CapexでのIEO実施は、ハードキャップ10億円と比較的小さいBESにとって、上場後の買い圧力および価格上昇が見込める非常にポジティブなニュースです!

BES(ベス)はモンゴルeスポーツ協会と国際大会を開催

Libes(リベス)はモンゴルeスポーツ協会と共同主催で、eスポーツ(PUBG国際大会)を開催します。

大会スケジュールはPUBG mobile部門で2021年12/27〜12/30、PUBG PC部門で2022年1/1〜1/4の日程で開催されます。

試合はモンゴルのテレビ局でも放送されるなど、Libesの知名度向上が期待されます。

Libes(リベス)は収益の1%を寄付します

Libes(リベス)は、eスポーツプラットフォームの収益の1%を寄付します。

学校教育でeスポーツに触れられるようにするための支援金や、eスポーツ機材の寄付を検討中です。

なぜなら、そうすることでeスポーツ業界が発展し、長期的にeスポーツプレイヤーが集まるプラットフォームであるLibes(リベス)も発展することになるからです。

回り回って、BES(ベス)トークンのホルダーの利益につながる、と考えているのです。

Libes(リベス)が投げ銭には手数料ゼロとしているのも、同じ理由。

業界に貢献し「使えるプラットフォーム」になることこそ、Libes(リベス)をeスポーツ業界の決定的なプラットフォームであると認めてもらうための効果的な戦略なのです。

またLibes(リベス)では、ベッティング(賭け)プラットフォームでありながら、ユーザーがギャンブル依存症に陥ってしまわないよう、対象ユーザーに警告(アラート)が鳴る仕組みも組み込まれます。

Libes(リベス)は、収益の1%の寄付、投げ銭手数料ゼロ、ギャンブル依存症対策などの仕組みを取り入れることで、eスポーツ業界の健全化に注力しています。

BES(ベス)トークン購入方法・買い方

BES(ベス)トークンを買う際は、以下のお申し込み手順をご確認ください。

  1. BES(ベス)お申し込みアドレスに送金(ETH or USTDの2種類に対応)
  2. お申し込みフォームへ記入
  3. トランザクションから着金を確認次第、48時間以内には配布

それぞれのステップを以下で図解で解説します。

※ウォレットはメタマスク推奨です。最低購入金額は、500ドル~となっています。

購入手順①BES(ベス)お申し込みアドレスに送金

BESトークンのお申し込みページを開くと、以下の画面が表示されます(リンク先は、プレセール開始時刻「2021年12月6日の日本時間午後6時」にお申し込みページに自動で切り替わります。ブックマーク推奨です)。

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsのプレセール 購入手順①BES(ベス)お申し込みアドレスに送金

画面をスクロールすると、送金先アドレスが記載が確認できます。

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsのプレセール 購入手順①BES(ベス)お申し込みアドレスに送金

 

このBES(ベス)トークンお申し込み送金先アドレスに対し、「ETH」もしくは「USTD」のいずれかをご送金ください。

トークンはいずれも「ERC20」規格のETHもしくはUSDTのみ対応しています。

購入手順②BES(ベス)お申し込みフォームへ記入

送金後、お申し込みフォームへ記入してください。

記入項目は以下の6項目です。

BES(ベス)トークン / Libes Liberal esportsのプレセール 購入手順②BES(ベス)お申し込みフォームへ記入

  • 氏名
  • LINEのお名前
  • メールアドレス
  • トランザクションID(送金後ウォレットから確認可能)
  • 購入希望金額(送金いただいたETHおよびUSDTの枚数を記入)
  • 受け取りアドレス(あなたのウォレットのアドレスをコピーアンドペースト)

ミスがないことをご確認の上、最後に「送信」をクリックしてください。

購入手順③トランザクションから着金を確認次第、48時間以内には配布予定

お申し込みのトランザクションを確認次第、48時間以内にトークンを配布します。

ETH建てでBES(ベス)トークンを購入された方は、ETHの「着金時」のレートを採用し、それをドル換算した枚数が配布されます。(1BES=0.0018ドル)。

なお、アドレスの記載ミスにご注意ください。

①必ずウォレットから正しい文字列をコピーアンドペーストするようにすること、②取引所のアドレスは記載しないこと(Binance、コインチェックのアドレスなどは不可)の2点を確認しましょう。

只今、上記お申し込みページからプレセールに参加した方を対象に、BES購入額を問わずもれなく5万BES(1枚0.3円換算で1万5千円)を無料配布するキャンペーンを実施中!この機会にぜひプレセールにご参加ください😀

BES(ベス)トークンのよくある質問

Libes(リベス)のBES(ベス)トークンに関するよくある質問をまとめました。

【プレセールで売り切れた後に送金してしまった場合、どのような対応になりますか?】

売り切れが判明した場合、迅速にアナウンスします。 万が一、行き違いとなって送金が完了してしまった場合には、 2営業日以内にお送りいただいたETHもしくはUSDTを全額返金します。

【メディア掲載実績はありますか?】

国内唯一の仮想通貨専門誌『月刊暗号資産』でも取り上げられています。

https://twitter.com/libesjapan/status/1467411265228537863

【Libesプラットフォームの開発状況は?】

開発途中のLibes(リベス)の一部を公開していますので、ご参照ください。

【Libesのホワイトペーパーはどこから確認できますか?】

ホワイトペーパーは日本語版も用意しています。

以下からご確認ください。

BES(ベス)トークンホワイトペーパー日本語版:https://libes.io/wp.pdf

【BESトークンにはロック期間がありますか?】

はい、ございます。

プレセール参加者にはxBES(仮トークン)を100%配布します。その後、2022年1月10日より、1ヶ月毎に購入額の10%のBES(本トークン)を配布していきます。

つまり10ヶ月で100%のロックが解除される仕組みです。

【Libesは各国のギャンブル規制に対応していますか?】

Libesでは、ベッティング(賭け)に際して「ポイント」に変換します。

これは資金決済法上の自家型前払式支払手段、つまりゲームセンターのメダルのような扱いになります。

これは一例ですが、一貫してBESトークンは各国法令を遵守します。

【トークンのコントラクトアドレスは?】

xBESのコントラクトアドレスは「0x393A9693142268898A90DC5a77e3c72Fecf12fAD」です。また、BESのコントラクトアドレスは「0x805856f176625843d14097017618E224F4607D2D」です。

プレセールでは、本トークン「BES」と1月10日に引き換えられる仮トークン「xBES」が配布されます。

※コントラクトアドレスは「送金先アドレス」とは異なります。セルフゴックスのリスクがあるため、コントラクトアドレスには絶対に送金しないでください。

【プレセール申し込みフォームの氏名は本名でなくても大丈夫ですか?】

問題ありません。

トランザクションと購入額の記入が正しければ、トークンは配布されます。

各種サポート&お得な情報を配信中!

口座開設必須の仮想通貨取引所ランキング

1位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

2位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

3位 Binance|世界取引量No.1の取引所

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨
-, ,

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録