仮想通貨

BESトークンはいつから買える?プレセールの日程と詳細についてご紹介!

BESトークンは、2021年12月6日からプレセールがスタートした仮想通貨です。
既に購入することができるのですが、BESトークンがどのような仮想通貨なのか、プレセールの日程と詳細はどうなっているのか知りたいと思っている人も多いでしょう。
詳細を知ることによって、購入するか否かの決め手にもなるので迷っている人はチェックしてみてください。
BESトークンに興味がある、購入を検討しているといった人は、ぜひ最後まで目を通してみてください。

※この記事は「BES(ベストークン/Libes)日本語版サイト」を参考に解説しています。

\国内No.1/

コインチェックを今すぐ口座開設する

※口座開設は無料です


BESトークンとはどのような仮想通貨なのか?

はじめに、BESトークンがどのような仮想通貨なのか解説していきます。

 BESトークンとは?

BESトークン(ベストークン Battle eSports Coin)は、Libes(リベス Liberal eSports)で使うことが出来る仮想通貨です。
Libesは、eスポーツやNFT(ノンファンジブルトークン)、オンラインギャンブルを組み合わせた世界初のプラットフォームとして世界中から注目されています。
そんなLibesでは、スポーツベッティング、選手へのギフティング、NFTストアなどのサービスを展開する予定となっており、それらを利用する際の通貨がBESトークンになります。
開催されるイベントはまだ解禁されていませんが、プレセールもスタートしているので公になる情報も増えていくことが考えられます。

BESトークンの特徴とは?

BESトークンを持っていると、ギフティングというシステムを使って応援している選手に投げ銭ができます。
また、BESトークンを保有しているだけでLibesが得た運用益の50 %を配当金として受け取ることもできます。
これは、ステーキングと呼ばれているもので、簡単に不労所得を得たいと考えている人におすすめです。
BESトークンがIEOされているのはIDCMという香港にある仮想通貨取引所で、取引量は世界22位となっています。
IEOというのは、仮想通貨の取引所で行われるプレセールで、審査にクリアした通貨で泣ければスタートできません。
つまり、IDCMの審査をクリアしているBESトークンは、プロジェクトとしてしっかりしたものだと認められている証なのです。

なぜ話題性が高いのか?

数ある仮想通貨の中でBESトークンは、億万長者になれると考えられています。
投資によって億万長者になりたいと思っている人も多いため、興味を持つ人も増えているのです。
では、どうしてBESトークンの話題性が高まっているのか、理由を解説します。

BESトークンの保有者はスポーツベッティングの報酬を配当して受け取れる

先ほども簡単に説明しましたが、BESトークンの保有者はスポーツベッティングの報酬を配当して受け取ることができます。
スポーツベッティングでは、ユーザーが投資したうちの5%が運営の収益になるのですが、その半分がユーザーに配当金として配られます。
BESトークンを持っている人は、それだけで不労所得を手に入れられるのです。
プレセールが始まったばかりのBESトークンは、将来的に価値が高まる可能性も高いです。
そうなった場合、ハウ頭金だけでもかなり大きな金額になると予想できます。
BESトークンが使えるのはeスポーツプラットフォーム・Libesです。
近年、eスポーツの市場規模は拡大傾向にあります。
2020年には世界的な売上がおよそ1,165憶円となっていて、2023年には1,758億円を突破すると考えられています。
フィリピンや韓国は国を挙げてeスポーツを応援しているため、さらなる成長が期待できる可能性はかなり大きいです。
そのような状況下で、これまでとは違ったプロジェクトを立ち上げるのは非常に有益なことです。

プレミア付きNFTを転売すると億単位の利益が手に入る可能性がある

プレミア付きNFTを転売すると億単位の利益が手に入る可能性があることも、BESトークンの注目度が高まっている要因の1つだと考えられます。
BESトークンを使うと、プレイヤーはNFTを作成して販売できるようになります。
NFTを販売すると販売益をプレイヤーは手に入れるのです。
しかしNFTによる恩恵を受けられるのは、プレイヤーのみではありません。
ユーザーは、転売することによって利益を手に入れられます。
NFTは、Libes内にあるNFTマーケットで販売されているのですが、それを転売もできる仕組みになっています。
NFTが発行されたタイミングでお金が間に合わなかった人や販売されていることに気付かなかった人などは、後から転売されているものを高額で購入する可能性も高いと考えられます。
さらにNFTに将来的にプレミアがついて、億単位のお金が一気に手に入ることも絶対にないとは言い切れません。
デビューしたばかりの選手のNFTであれば、特にその可能性は高いと予想できます。

BESトークンが使えるLibesの取り組みは革命的!?

BESトークンのネイティブプラットフォームであるLibesは、eスポーツ業界に革新をもたらす存在になると言われています。
日本国内におけるeスポーツの知名度はまだそこまで高くないため、プロの選手が活躍している様子を見たことがない人もたくさんいるでしょう。
ゲームの大会なので興味がないとそこまで注目しないといった理由も、日本国内における知名度が高くない要因の1つだと考察できます。
eスポーツの選手が活躍できる場もまだまだ少ないです。
こうした状況を変えるため、Libesの存在が考えられているのです。
Libesを利用することによって、選手が活躍の場を手にできます。
また、インターネットを通じて多くの人にその存在を知ってもらうきっかけにもなります。
つまり、Libesの存在が多くの人に知られるようになっていくと、私たちにとってeスポーツがより身近な存在にもなる可能性も高まるでしょう。

Libesは、スポーツベッティングにおける還元率の高さやブロックチェーンのよる公正な試合結果などが期待できることも世界的な注目を集める要因だと考えられます。
Libesの還元率は、ゲームプレイヤーの賞金が15%、運営費が5%、ベットするユーザーが80%となっています。
掛け金の80%がユーザーに支払われるのはかなり高い還元率です。
日本国内で販売されている宝くじは、還元率が40%です。
宝くじと比べてみると、その還元率の高さは一目瞭然だと言えるでしょう。
またLibesでは、ブロックチェーンのよる公正な試合結果を出しているため、不正の心配もありません。
オンラインカジノやオンラインギャンブルだと不正に対する不安を感じる人も多く見られますが、Libesでは心配する必要がないので安心して楽しめます。
それは、透明性が高いブロックチェーンを活用しているからです。
不正が起こらない環境の中で、高い還元率を誇る報酬を受け取れるのは、ユーザーにとってかなり魅力的です。

BESトークンのプレセールの日程・詳細

BESトークンに興味がある人なら、プレセールの日程や詳細も気になるでしょう。
ここでは、プレセールの日程・詳細についてご紹介します。

プレセールの日程・詳細

・期間
2021年12月6日18時~2021年12月20日23時59分まで

・価格
1BES=0.2円

・ハードキャップ枠
10億円

・最低購入金額
500ドル

・上場日時
2022年1月10日

・上場取引所
ヨーロッパの人気取引所、モンゴルの取引所
ユニスワップに同時上場

BESトークンには、ハードキャップ枠が設けられています。
ハードキャップというのは、トークンを発行できる上限です。
つまり、BESトークンは10億円が発行上限ということになります。
申し込みの状況によりますが、すぐにプレセールの枠が埋まってしまう可能性もないとは言い切れません。

ロードマップ

BESトークンのロードマップも確認しておきましょう

BESトークンは、2021年10月11日に荒野プロ契約チームXeNoとスポンサー契約を結びました。
11月1日には、XeNo公式のeSports大会が開催されています。
12月6日からプレセールが行われ、12月中にLibesではβ版の大会が開催される予定となっています。
サーバーの負荷テストを行うことにより、正式にサービスがスタートしてからトラブルが発生しないようにするためです。
そして、2022年3月にはプラットフォームがオープンとなります。
2021年12月にプレセールを行ってからたった3ヶ月で正式に稼働し始めるため、それ以降にトークンの価値が急上昇する可能性も考えられます。

IEOの日程

BESトークンのIEOは、12月中旬に行われる予定となっています。
取引所はIDCMです。

上場の予定

ヨーロッパの人気取引所とモンゴルの取引所に上場することが現段階で決定しています。
ユニスワップにも、同時上場となります。
上場価格は、0.3円です。
上場日は2022年1月10日となっているので、それ以降に現金化が可能となります。
上場する取引所が正式に発表されるとかなり大きなニュースになる可能性も高いでしょう。

運営会社

BESトークンを発酵しているのは、株式会社Liberal Mindです。
代表者は、甲斐義和氏が務めています。
株式会社Liberal Mindでは、第2回 ブロックチェーンEXPO秋 in 幕張メッセへの出展やドバイで開催されたブロックチェーンエコノミーEXPOへの出展など、今後を見据えた取り組みを既にスタートしているのです。
甲斐義和氏は、株式会社Liberal MindだけではなくRAKUICHI株式会社の代表でもあります。
RAKUICHI株式会社は、住所や連絡先などが公表されているため、確かに存在する会社だと言えるでしょう。
NFTマーケット・楽座(RAKUZA)の運営元がRAKUICHI株式会社です。
このような事業を行っていることから、ビジネスセンスの高さやブロックチェーンに対する理解度の高さが伺えます。
BESトークンのプレセールに参加しようか迷っている人にとって、この情報は安心材料の1つになるでしょう。

まとめ

Libesで使える通貨・BESトークンは、2021年12月6日からプレセールがスタートしています。
スポーツやNFT、オンラインギャンブルを組み合わせた世界初のプラットフォームであるLibesは世界的な注目度が非常に高いことから、BESトークンの注目度も必然的に高くなります。
BESトークンを保有しているだけで不労所得が得られたり、億単位の利益が手に入る可能性があったりするため、購入するメリットは大きいと言えるでしょう。
プレセールの日程や詳細をチェックし、気になっている人は今のうちに購入することをおすすめします。
今のうちに買っておいた方が、将来的に大きな収益につなげやすくなるからです。

※この記事は「BES(ベストークン/Libes)日本語版サイト」を参考に解説しています。

1位 Binance|世界取引量No.1の取引所

2位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

3位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

その情報で本当に稼げますか?

当サイト『ビットムーンゴールド』限定のインサイダー情報を以下のLINEからお届け!

\友だち登録で有料級クリプト情報をゲット/

Bitmoon Gold公式LINEの追加はこちら

※2022年に爆上げする仮想通貨インサイダー情報をお届け

\無料でオープンチャットに参加/

【最速情報!!】Bitmoon Gold公式オープンチャット

※メンバー数200人以上!匿名で参加できます

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録