Aptos(アプトス)の稼ぎ方は?特徴や将来性を解説!【イーサリアムキラー】

仮想通貨

Aptos(アプトス)の稼ぎ方は?特徴や将来性、買い方を解説!【イーサリアムキラー】

Aptos(アプトス)は、Meta(元Facebook)の技術者が開発した最先端のブロックチェーンです。

多額の資金調達に成功し、さまざまな企業がプロジェクトに協力しているため、注目が集まっています。

Aptosに注目している方は

  • どんなプロジェクトなの?
  • 稼ぎ方は?
  • 将来性は本当にあるの?

と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

よって本記事では、Aptosの

  • 3つの特徴
  • 3つの将来性
  • 稼ぎ方
  • 今後のロードマップ

について解説します。

仮想通貨初心者でもわかりやすく解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

 

新規トークンを購入する、または日本円に戻すなどの際は、起点となる国内取引所の開設が必須。

口座開設をするなら国内ナンバー1の取引所であるコインチェックがおすすめです。

下記のバナーから本人確認と入金を完了をすると、今なら1500円分のビットコインがもらえます!

コインチェック

引用:Coincheck公式

ブログで言えないおトクな最新情報をLINEにて配信中‼サポートも受け付けてます。

Aptos(アプトス)とは?10億人以上が利用できるブロックチェーン

Aptos(アプトス)とは?10億人以上が利用できるブロックチェーン

出典:Mediam

Aptos(アプトス)とは「最速かつ最もスケーラブルなL1ブロックチェーンの構築」をビジョンとしたプロジェクトです。

世界中の何十億人というインターネットユーザーがアクセスできるブロックチェーンをコンセプトに開発しています。

Aptosは、Metaが進めていたプロジェクトDiem(ディエム)の元開発者が創設したブロックチェーンであることで、注目度が高まっています。

現在、イーサリアムやソラナなどの人気ブロックチェーンは、手数料が高かったりバグが発生したりする点が課題です。

Diemの技術を採用した安全かつ高速処理が可能なシステムはブロックチェーンが抱える問題を解決できると期待されています。

L1チェーンとは?

L1チェーンとは、イーサリアムと同じプラットフォーム型のブロックチェーンです。

イーサリアムは、DApps(分散型アプリケーション)やスマートコントラクトを動かすためのプラットフォームになるブロックチェーンです。

Aptosは、イーサリアムやソラナなどのL1チェーンと特徴が類似しており、競合に分類されています。

そのためAptosは、イーサリアムキラーとも呼ばれています。

8月下旬からテストネットを実施予定

Aptos(アプトス)は、8月下旬からテストネット「AIT3」を実施予定です。

AIT3の参加登録は2022年8月19日から開始し、8月30日〜9月9日までにAIT3が実施される予定となっています。

テストネットでは、未発行・未上場のAptosトークンがインセンティブとして付与されます。(Aptosの稼ぎ方で後述。)

今年中にメインネットローンチ予定で次に実施されるテストネット「AIT4」は今年の冬に行われる予定です。

メインネットローンチが近づいているため、注目がさらに高まっています。

Aptos(アプトス)の3つの特徴

Aptos(アプトス)の3つの特徴

出典:Mediam

Aptos(アプトス)には他のブロックチェーンにはない3つの特徴があります。

Aptorsの特徴は、

  • 元Diemの開発者が運営している
  • 高速処理が可能で取引手数料が安い
  • Move というプログラミング言語で開発している

上記の3つが挙げられます。

元Diemの開発者が運営している

Aptos(アプトス)は元Diemの開発者によって設立されました。

DiemとはMetaが独自開発していたブロックチェーンとステーブルコインのプロジェクトの名称です。

Meta社はDiemを開発して、世界中の誰もが利用できる通貨ネットワークの構築と複数の法定通貨に裏付けされたステーブルコインを発行することを計画していました。

しかし、国からの規制によりプロジェクト自体が頓挫し、Diem関連の資産などは売却され、MetaとしてのDiem事業は解体。

Aptosは、解体されたMetaのメンバーであるMo Shaikh(CEO)とAvery Ching(CTO)が運営しています。

Mo Shaikhは、Metaを退社後にDiemの技術を引き継ぐ形でAptosを立ち上げました。

そのため、世界的な大企業であるMeta社の優秀な技術者が手がけるプロジェクトとしてAptosに大きな期待が高まっています。

高速処理が可能で取引手数料が安い

Aptosは高速処理が可能で取引手数料が安いのが特徴です。

なぜなら、Aptosはユーザーファーストを念頭に開発され処理速度を上げたからです。

まだテストネットの段階ですが、1秒間に処理できるトランザクション数(Transactions per Second)は、すでに約1000回といわれています。

トランザクション数が平均して7のビットコインや、12〜15のイーサリアムと比較しても圧倒的に大きい数値です。

Aptosの運営は「今後トランザクション数を最大で16万まで達する可能性もある」と発表しました。

また、処理速度の速さは手数料の低下につながります。

そのため、ーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題を解決できる可能性がある」と期待されています。

スケーラビリティ問題とは、仮想通貨を取引する件数が増えることでデータ処理が追いつかずに取引手数料が高くなることです。

Aptosは他のブロックチェーンよりも高速処理と取引手数料が安くなるので、今後大きな需要が生まれる可能性があります。

Move というプログラミング言語で開発している

Aptos(アプトス)では、Diemで開発したMove というプログラミング言語を利用しています

Moveはスマートコントラクトやトークンの情報をリソースとして保存し、コピーや紛失が起こらないような仕組みです。

具体的にいうと、Moveを使うことで同じトークンを二度送信してしまうことや、所有権の重複などのバグをを防ぐことが可能です。

Moveは、他のブロックチェーンのプログラミング言語よりも高い安全性が保てます。

そのため、Aptos自体も他のブロックチェーンよりも高いセキュリティ水準となります。

Aptos(アプトス)の3つの将来性

Aptos(アプトス)の3つの将来性

出典:Mediam

結論からいうと、Aptos(アプトス)の将来性はとても高いです。

その理由は、

  • 大規模な資金調達に成功
  • すでに多くのプロジェクトが関わっている
  • FTXから支援を受けたSolana(ソラナ)が過去に高騰している

上記3つがあります。

1つずつ解説していきます。

大規模な資金調達に成功

Aptos(アプトス)は大規模な資金調達に成功しています。

資金があるプロジェクトは開発の進展が早くなるため、トークンの価格が上昇しやすくなります。

2022年3月にアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)主導で2億ドル(約230億円)の資金を獲得。

また、2022年7月にもFTXベンチャーズから1.5億ドル(約204億円)の資金援助を受けています。

Aptosは、他のブロックチェーンと比べても群を抜いた資金を獲得しています。

ここまでの大規模な資金調達に成功したことは、Aptosの将来性が高いことのたしかな裏付けです。

また出資者には

  • Coinbase Ventures(コインベース・ベンチャーズ)
  • FTX Ventures(FTXベンチャーズ)
  • Katie Haun(ケイティ・ホーン)
  • 3 Arrows Capita(lスリーアローズキャピタル)
  • ParaFi Capital(パラフィ・キャピタル)
  • Circle Ventures(サークルベンチャーズ)

など有名VCが数多くいます。

資金が多いことから、Aptosはトークンの価値が高騰する可能性の高い、将来性のあるプロジェクトであるといえます。

すでに多くのプロジェクトが関わっている

Aptos(アプトス)には、テストネット段階にもかかわらず、約80個のプロジェクトが関わっています。

プロジェクト数が多いとAptosのトークンが使われる数も増えるため、トークンの価値が高値で維持されやすくなります。

参加している企業やプロジェクトには

  • Anchorage
  • Binance
  • Blockorus
  • Coinbase
  • Livepeer
  • Moonclave

と数多くあります。

Aptosで実現できるアプリケーションには、

  • NFTやWeb3ゲーム
  • 次世代ソーシャルメディアプラットフォーム
  • 決済基盤
  • メディアやエンターテイメントビジネス
  • DeFi(分散型金融)

があり、幅広い分野に活用が期待できるでしょう。

また、2022年4月にはGoogle Cloudと提携を発表しています。

Google Cloudとパートナー契約をし、世界中の誰もが15分以内にAptosネットワークのノードを立ち上げることが可能です。

プロジェクトの数の多さは買い圧力につながるため、Aptosの将来性は高いといえます。

FTXから支援を受けたSolana(ソラナ)が過去に高騰している

Aptos(アプトス)は、FTXベンチャーズから支援を受けています。

FTXの支援は強力な後押しとなるため、トークン価格が高騰しやすくなります。

具体例を挙げると、Solana(ソラナ)も過去にFTXベンチャーズから支援を受け価格が高騰し、2022年8月現在時価総額ランキング9位にまで成長しています。

FTXベンチャーズは、世界最大のベンチャーキャピタルであり、数々の出資を成功させてきた実績のある大企業です。

そのため、Aptosも同じように大きな価格上昇の可能性が高いため期待されています。

Aptos(アプトス)の稼ぎ方は?現在できるエアドロップの準備

Aptos(アプトス)の稼ぎ方は?現在できるエアドロップの準備

出典:Mediam

現在わかっているAptos(アプトス)での稼ぎ方

  • テストネットに参加する
  • Aptos上にリリース予定のDeFiを触る

上記の2つの方法です。

テストネットに参加する

Aptos(アプトス)のテストネットに参加すると、エアドロップとしてトークンが付与されます。

参加方法は、Aptos公式HPからアクセスすることです。

テストネット参加者は、さまざまなタスクをクリアし、報酬を受け取ります。

Aptosは、メインネットローンチ前に重要なバグを発見できるメリットがあるため、ユーザーにインセンティブを付与しています。

価値が高騰する可能性が高いトークンを受け取れるチャンスのため、ぜひテストネットに参加してみてください。

Aptos上にリリース予定のDeFiを触る

Aptos(アプトス)に関連したDeFiなどを触っておくとエアドロップが受けられます。

どのくらいエアドロップが受け取れるかは未定ですが、トークンを獲得するチャンスのため、ぜひ参入してみてください。

いくつかおすすめのアプリケーションをご紹介します。

アプリ 詳細
Martian Aptosの専用ウォレット。
AptosName Aptosのドメイン作成が可能。
VIAL Aptosで資金を貸したり借りたりできるプール金利プロトコル。

Martianは、Metamask同様、資産管理やDappsの接続に使用するツールです。

Martianを作成するとエアドロップとして5000Aptosトークンを獲得できます。

また、AptosNameで人気のドメインを獲得しておくと、今後価値が上がる可能性もあります。

「何からは始めればいいかわからない...」という方は、最初に手間の少ないMartian(ウォレット)を接続するのがおすすめです。

Aptos(アプトス)の運営会社・運営メンバー

Aptos(アプトス)の運営会社・運営メンバー

出典:Mediam

Aptos(アプトス)の運営会社は、AptosLabs(アプトスラボ)社です。

CEOのMo ShaikhとCTOのAvery Chingは、Meta社のDiemプロジェクトの開発者です。

世界トップクラスの企業であるMetaの優秀な開発者が先導するプロジェクトのため、その技術力に期待が高まっています

Aptos(アプトス)の各種SNS一覧

Aptos(アプトス)の各種SNS一覧

出典:Mediam

Aptos(アプトス)の各種SNSは、

です。

Aptosの情報を知りたい方は、チェックしておきましょう。

Aptos (アプトス)の今後のロードマップ

Aptos (アプトス)の今後のロードマップ

出典:Mediam

Aptos (アプトス)の今後のロードマップ

  • 2022年第2四半期:テストネットローンチ
  • 2022年第3四半期:メインネットローンチ
  • 2023年第4四半期以降:サービス拡充

と発表しています。

現在までのテストネットは成功し、順調にプロジェクトが進んでいます。

またメインネットローンチ後にさらなるサービスが拡充される予定です。

今後も情報がわかり次第、追記します。

Aptos(アプトス)の購入方法・買い方

Aptos(アプトス)の購入方法・買い方

出典:Mediam

Aptos(アプトス)は、2022年8月時点ではまだトークンをローンチしていません。

そのため、現在はAptosのトークンを購入できません。

しかし大手仮想通貨取引所のバイナンスは、Aptosに出資しているためバイナンスに上場する可能性が高いです。

大きな価格上昇が期待できるAptosのトークンを購入するために、Binance(バイナンス)の口座開設を済ませておきましょう。

先行者利益を狙える大きなチャンスです。

以下の記事でバイナンスの口座開設をわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【最新】Binance(バイナンス)の口座開設方法を画像付きで徹底解説!
【最新】Binance(バイナンス)の口座開設方法を画像付きで徹底解説!

Binance(バイナンス)を使う際、注意することはある? Binance(バイナンス)は海外取引所だから、口座開設方法がわからない。 Binance(バイナンス)への入金方法を教えてほしい。 Bin ...

続きを見る

Aptos(アプトス)の稼ぎ方のまとめ

Aptos(アプトス)は他のブロックチェーンにはない特徴があり、今後需要が高まる可能性があります。

Aptosの稼ぎ方のまとめとして

  • Meta社のメンバーが手がけた技術を使った最先端のブロックチェーン
  • 高速処理が可能で取引手数料が安い
  • 多くの大企業が投資していることで注目度がさらに高まっている
  • テストネットに参加でトークンが貰える
  • リリース予定のDeFiを触るだけでトークン獲得のチャンス

上記5つをおさえましょう。

多くの信頼できる企業や開発者が投資しているため、すでに注目している方も多くいます。

まだ先行者利益も狙えるため、ぜひAptosに参入してみてください。

各種サポート&お得な情報を配信中!

口座開設必須の仮想通貨取引所ランキング

1位 コインチェック|国内最大手の取引所

コインチェック

2位 Bybit|日本人サポート充実の海外取引所

3位 Binance|世界取引量No.1の取引所

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

-仮想通貨
-

© 2022 Bitmoon Gold

※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信中!
Bitmoon Gold公式LINEを友だち登録
Bitmoon Gold公式LINE※ブログで書けない極秘仮想通貨情報を配信!
今すぐ友だち登録